• TOP
  • Prtimes
  • マリッジブルー要因に男女で顕著な違い。女性の要因1位は「住む場所や仕事上の変化」。男性の要因1位は?
Prtimes調査レポート

マリッジブルー要因に男女で顕著な違い。女性の要因1位は「住む場所や仕事上の変化」。男性の要因1位は?

株式会社Hakali

マリッジブルーの男女差

デジタル認知行動療法アプリ「Awarefy」を提供する株式会社Hakali(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長 小川 晋一郎、以下 Hakali)は、「マリッジブルー」についての調査(※1)を実施しました。

ジューンブライド(June Bride)という言葉があるように、6月は結婚の季節とも言われています。

結婚は幸せなものだというイメージが一般的ですが、結婚を控えて不安や気分の落ち込みを感じる「マリッジブルー」も、少なくない人が経験すると言われています。

今回は「マリッジブルーの男女差」というテーマで、直近5年以内に結婚した方を対象にアンケート調査を行いました。

■ サマリー

調査結果1:マリッジブルーを感じたことがある人は、男性:34.0% 女性:42.3%
マリッジブルーは一般的に女性に多いイメージの中で、男性でも意外と多い結果に。

調査結果2:男女別マリッジブルーの要因1位は、男性では「ひとりの時間が無くなること」女性では「結婚に伴う住む場所や仕事上の変化」

まとめ:

マリッジブルーを経験するかどうかでは、男女ともに経験しうる結果であった一方で、その要因では、男性は「ひとりの時間が無くなること」女性は「結婚に伴う住む場所や仕事上の変化」が1位と、傾向の違いが見られました。
また、併せて聞いた対処法では「結婚相手と話し合う時間を作る」「結婚相手に気になることや不満を伝える」等が挙げられました。結婚に伴う環境変化で自分や相手がストレスを感じすぎていないか、気遣い話し合うことが、マリッジブルーの予防として大切だと言えそうです。

■ 調査結果1の詳細:マリッジブルーを感じたことがある人は、男性:34.0% 女性:42.3%

図1:「Q. マリッジブルー(結婚に際して不安や気分の落ち込みを感じること)を経験しましたか?」に対する回答結果。回答者数は209名。
「マリッジブルー(結婚に際して不安や気分の落ち込みを感じること)を経験しましたか?」の設問では、男性では34.0%、女性では42.3%の人が「ある」と回答しました。

男性、女性に限らず、一定数の方がマリッジブルーを経験していることが覗えました。

■ 調査結果2の詳細:マリッジブルーの要因1位は、男性では「ひとりの時間が無くなること」女性では「結婚に伴う住む場所や仕事上の変化」

図2:「Q. マリッジブルーの要因について、最も当てはまるものをひとつ選択してください。」に対する回答結果。集計対象は「マリッジブルーを感じたことがある」と回答した84名。
「マリッジブルーの要因について、最も当てはまるものをひとつ選択してください。」の設問では、男性では「ひとりの時間が無くなること」女性では「結婚に伴う住む場所や仕事上の変化」が1位という結果になりました。

結婚には住まいや仕事、名字、家計の共有などさまざまな変化が伴いますが、その多くは女性側がストレスを感じやすいものであることが覗えました。

<「ひとりの時間が無くなること」を選択した人の具体的なエピソード>

同棲をして、1人になれる時間が少なくなり、このまま一生結婚生活が続くのかと考えると、不安になった。(30代・男性)
今まで全て時間が自由だったので、これから好きな事ばかり出来ないという思いです。(50代・男性)

<「結婚に伴う住む場所や仕事上の変化」を選択した人の具体的なエピソード>

結婚に際し、仕事を辞めて新しい土地に住むこととなり、いままで実家から離れたことがなかったのでやっていけるか不安でしたし、かなり田舎に行くことになったのでなかなか帰れない寂しさを感じました。(20代・女性)
夫には仕事はしてもいいけれど家庭優先にしてほしいと言われたこともあり、一度退職して家庭の環境を整えることになりました。いざ仕事をしなくなると考えると、なんだか社会に取り残されたような、このまま夫に頼りきりでいいのかなど不安がしばらくあり、心が不安定でイライラする時期がありました。(30代・女性)

また、併せて聞いたマリッジブルーの「対処法」では、「結婚相手と話し合う時間を作る」「結婚相手に気になることや不満は伝える」といったコメントが多く挙げられていました。

結婚に伴う環境変化で自分や相手がストレスを感じすぎていないか、気遣い話し合うことが、マリッジブルーの予防として大切だと言えそうです。

<「結婚相手と話し合う時間を作る」を行った人の具体的なエピソード>

不定期で家族会議と称した話し合いを行なっています。しっかり話し合いたい内容を吟味して、お互いに自分の意見を出すようにしてます。相手の話を聞いて否定から入らない事が大事。(30代・女性)
毎日キッチンに一緒に立って料理した。(30代・女性)

<「結婚相手に気になることや不満を伝える」を行った人の具体的なエピソード>

思っていることを自分の中で溜め込んで消化不良を起こしてモヤモヤせず、思っていることを相手に吐き出す。(20代・女性)
結婚準備では、夫がなにを聞いても「なんでもいいよ」としか言わないことに腹が立った時もありましたが、それも我慢しないで少しでもいいから意見を言って欲しい、とはっきり伝えることにしました。(30代・女性)

まとめ

マリッジブルーを経験するかどうかでは、男女ともに経験しうる結果であった一方で、その要因では、男性は「ひとりの時間が無くなること」女性は「結婚に伴う住む場所や仕事上の変化」が1位と、傾向の違いが見られました。

また、併せて聞いた対処法では「結婚相手と話し合える時間を作る」「結婚相手に気になることや不満を伝える」等が挙げられました。結婚に伴う環境変化で自分や相手がストレスを感じすぎていないか、気遣い話し合うことが、マリッジブルーの予防として大切だと言えそうです。

■ Hakali 所属の公認心理師・臨床心理士によるコメント

結婚のような、人生での大きなイベントは「ライフイベント」と呼ばれます。代表的なライフイベントとそのストレス度を点数化した研究では、結婚のような一見ポジティブな環境変化であっても、新しい環境に馴染むために、心身に大きな負荷がかかることが言われています(※2,3)。結婚に伴って、引っ越しや退職、転職を行った場合はなおさらのこと。1年間で経験したライフイベントの合計点が、翌年以降の不調に関連するとも言われています(※2,3)。まずは、「どんな人であっても、環境変化によって気づかないうちに心や体にストレスがかかる」ということを理解しておくことが大切です。

また、今回の調査では、結婚に伴うストレスへの対処法として、「話し合う時間を作る」「気になることや不満を伝える」など、コミュニケーションに関する対処法が多く挙げられました。コミュニケーションにおいては、自分と相手の気持ちの両方をバランス良く大切にする、アサーティブな伝え方を意識してみましょう。相手に思い切って不満を伝えるときには、以下の3つのポイントを意識して、自分にも相手にもストレスがかかりすぎないような言い方を、ぜひ探してみてくださいね。

1. 事実(実際に起きている問題や状況)を伝える
2. 「私」を主語にして、自分の意見や気持ちを伝える
3. 相手に提案したいことやお願いしたいことを伝える

■ デジタル認知行動療法アプリ「Awarefy(アウェアファイ)」とは

Awarefy は、感情や考えを見える化したり、ストレス対処に取り組める「デジタル認知行動療法」アプリです。

「認知行動療法」は心理療法のひとつで、自分の考えや行動の客観的な理解を通じて、より良く生きるための考え方と行動習慣を身に付けていくものです。

Awarefy は、スマホで手軽に記録や振り返りができ、アプリで「デジタル認知行動療法」に取り組むことをサポートします。

ストアURL

App Store:https://apps.apple.com/app/apple-store/id1513802951
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=app.awarefy.awarefyapp

Awarefy Webサイト

https://awarefy.app/?utm_campaign=survey_release_2206

< Awarefy の具体的な機能の例>
・日々の感情やコンディションを記録し、自分の感情や状態を見える化
・自分にあったストレス対処法やセルフケアを見つけられる
・毎週届く週間レポートを元に、自分でも知らなかった思考や感情の傾向に気づく
・マインドフルネスインストラクターや公認心理師が執筆・監修したオーディオガイド
・「人生で大切にしたいこと」の発見と、それに沿った日々の行動をサポート
・「自分自身と良好な関係を築けているか」を測る、セルフ・リレーションシップ測定機能

■ 株式会社Hakaliについて

Hakali は、「心の健康を支えるデジタル・メンタル・プラットフォームを実現する」をミッションに、Awarefy の企画・開発・運営を行っています。今後、Awarefy を通じてユーザーに価値を提供するべく、アプリの機能拡充にとどまらず、さまざまな事業展開を行ってまいります。

*運営するWebメディア「ニューロマインド」では、臨床心理士や医学博士といった専門家による、学術的なインタビュー記事も多数掲載しています。(テーマ例:社交不安症、不眠、PTSD、HSP、ASD、依存症 など)

脳と心のメンタルウェルネス・マガジン「ニューロマインド」:https://neuromind.jp/

※1「マリッジブルーに関するアンケート」調査概要
調査期間:2022年5月14日~2022年5月16日
調査機関:自社調査
調査対象:クラウドワークス会員 直近5年以内に結婚した、男性53名 女性156名
有効回答数:209
調査方法:インターネット調査

※2:Holmes, T. H., & Rahe, R. H (1967). The social readjustment rating scale. Journal of psychosomatic research.

※3:八尋 華那雄・井上 眞人・野沢 由美佳 (1993). ホームズらの社会的再適応評価尺度 (SRRS) の日本人における検討. 健康心理学研究, 6 18-32.

■ 本件に対するお問い合わせ先
株式会社Hakali 田中
Email:support@awarefy.app
URL:https://awarefy.app/
企業URL :https://hakali.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Jul
1
今日の40代おしゃれコーデ

22年下半期のスタートは潔い【白ワントーン】で再び自分にスイッチを

22年下半期のスタートは潔い【白ワントーン】で再び自分にスイッチを

会員限定PRESENT

会員プレゼント

より速く、深く、脳が眠る。――快眠枕「ブレインスリープピロー」を1名様にプレゼント

会員プレゼント

星野リゾートの「界 伊東」の 宿泊券を1組2名様にプレゼント

会員プレゼント

ドリンクメイトSeries620 ¥18,568を1名様にプレゼント

会員プレゼント

KINUJO Hair Dryer ¥26,400を1名様にプレゼント

会員プレゼント

KINUJO Lip Iron ¥10,098を1名様にプレゼント

会員プレゼント

エクサガン ハイパー REG-04 ¥11,800を1名様にプレゼント

雑誌購入限定プレゼント

夏コーデをリッチに味付けする「大人の洗練かごバッグ」を計6名様にプレゼント!

PICK UP