• TOP
  • Prtimes
  • 【イベント開催レポート】谷まりあさん就任、ECOthical Maskブランドアンバサダーの座を狙ってジャングルポケットが勝負!“サブブランドアンバサダー候補”の座を勝ち取ったのは…
Prtimes商品サービス

【イベント開催レポート】谷まりあさん就任、ECOthical Maskブランドアンバサダーの座を狙ってジャングルポケットが勝負!“サブブランドアンバサダー候補”の座を勝ち取ったのは…

サムライワークス株式会社

8月17日ブランドアンバサダー就任発表会/記者会見を開催

サムライワークス株式会社(代表取締役社長:新島 実 本社所在地:東京都渋谷区)は、谷まりあECOthical Maskブランドアンバサダー就任発表会を2022年8月17日(水)に開催しました。 人にやさしく、地球にやさしいマスク「ECOthical Mask(エコシカルマスク)」のブランドアンバサダーに就任した谷まりあさんと、ゲストとしてジャングルポケットの斉藤さん、太田さん、おたけさんの3名が登場。“サブブランドアンバサダー候補”を狙って、3本勝負を披露しました。


■【人にやさしく、地球にやさしいマスク「ECOthical Mask(エコシカルマスク)」について】

(中央)サムライワークス株式会社 マーケティング本部 取締役兼事業本部長 新島 諒
新型コロナ禍により使用頻度が増加したマスクが大量に廃棄されており、マスク・プラスチックごみ増加は地球環境に大きな影響を及ぼしています。地球環境に配慮した素材を可能な限り使用し、廃棄量を軽減し、環境への負荷を減らすべく「ECOthical Mask」は誕生しました。環境負荷が低く、短期間で土に還ることができるマスクを通じて、地球環境の保全に取り組んでいく意気込みについて語りました。

【谷まりあさんブランドアンバサダー就任】


どんなファッションにでも合う、白色マスクを着用して登壇した谷まりあさん。新島氏から就任記念として巨大名刺をお渡ししました。ブランドアンバサダー就任について「嬉しいです。今やマスクは老若男女問わず手放せない必須アイテムになってきたので幅広い人に広めていけるようにアンバサダー頑張ろうと思います。」と意気込みを語りました。
環境問題について、「日頃から、マイボトルを持ち歩いたり、サステナブルなファッションアイテムを取り入れたりしています。最近はおしゃれなものでも環境に配慮したものが多いので嬉しいですね。」と普段の生活での取り組みを語りました。

【ジャングルポケットさんが“サブブランドアンバサダー候補”を狙って勝負を挑む!】


ブランドアンバサダー就任の喜びを語っている谷さんのところへ、ジャングルポケットの斉藤さん、太田さん、おたけさんが登壇!斉藤さんはラベンダーグレー、太田さんはヌーディーベージュ、おたけさんはライトグレーを着用し、「それぞれのカラーがとても似合っていますね。」と谷まりあさんからコメント。“サブブランドアンバサダー候補”の座をかけて、3本勝負を行うことになりました。
3本勝負1.エコ知識クイズ
1問目のリデュース、リユースに続く3つ目のRについては、様々なボケ回答を出しつつも最後に斉藤さんが「リサイクル」と正解を回答。2問目の「地球温暖化の原因として挙げられる私たちの生活で身近なものとは?」という問題に対して、太田さんは「おたけの口臭」と回答。谷まりあさんも「マスクが必要になりますね。」と答えていました。
3本勝負2.マスククイズ
「今世界のマスク消費量は月に何枚?」という問題では、斉藤さんが1300億枚と回答。1290億枚/月が正解だったため、谷まりあさんもまさかの惜しい回答に驚いていました。斉藤さんは、裏でスタッフ用台本を見たのではないかと疑われ、慌てて否定していました。
3本勝負3.アフレコCM対決
斉藤さんがダンディーな声、太田さんが明るい少ししゃがれたような声でアフレコしているなか、商品紹介動画の部分でふわっとした声で「はぁ~」と声を上げるおたけさん。
気が抜ける声に突っ込む斉藤さんと太田さんを傍らにリテイクでも、「お腹空いたなぁ~まぶしぃ~や」と再び気の抜ける声でアフレコしていました。

【“サブブランドアンバサダー候補”の座を勝ち取ったのは…】
3本勝負の結果、“サブブランドアンバサダー候補”の座を勝ち取ったのは、おたけさん!クイズの正解率が高かった斉藤さんからは「まさかのおたけですか!正解も多く出しましたよ!ちゃんとやっているんですよ!」と抗議のツッコミの声が上がりました。
最後に、アンバサダーの谷まりあさんからは「マスクが原因の環境問題がすごく深刻になっていることは、私も今回すごく勉強になった。一人でも多くの人に環境にも人にもやさしいエコシカルマスクを届け、使ってもらう為にも宣伝隊長として頑張りたい。強力なサブアンバサダーを発掘できたので、おたけさんをはじめとしたお三方にご協力いただいて、優しいお兄さんたちと共にエコシカルマスクを広めていきたいです。」とコメント。三本勝負の勝者となったおたけさんですが、大人の事情により“サブアンバサダー候補”に就任。候補ということに「冗談じゃねーよ」とストレートなツッコミも。「環境問題を考えさせていただく時間だった。候補という形なので、サムライワークスさんと共に三人四脚で頑張りたい。」と意気込みました。

■私たちが取り組む、地球を守るプロジェクト「PROTECT THE BLUE OCEAN AND BLUE SKIES」


私たちは、青い海と青い空を守るために、「PROTECT THE BLUE OCEAN AND BLUE SKIES」プロジェクトを通じて、「二酸化炭素排出量の削減」や「海洋プラスチック問題の改善」など、地球環境に関する取り組む活動を積極的に行います。
現在、新型コロナ禍により使用頻度が増加したマスクが大量に生産され、その後廃棄されたマスク=プラスチックごみの増加は地球環境に大きな影響を及ぼしています。感染拡大を抑え、ごみを流出させないため、私たちはこの問題と向き合っています。地球環境に配慮した素材を可能な限り使用することで、環境への負荷を減らすこと。
「人にやさしく、地球にやさしいマスク」を通じて、私たちの取り組みが世界的な環境問題解決への第一歩となることを願っています。

PROJECT01.「ECOthicalMask(エコシカルマスク)」


地球環境にやさしいエコマスク「ECOthical Mask(エコシカルマスク)」は不織布の素材に、すばやく生分解し、自然に還りやすいPLA樹脂(ポリ乳酸)を99%使用しています。
PLA樹脂(ポリ乳酸)でできた不織布は、製造・破棄する際に二酸化炭素の排出を軽減し、地球の温暖化へのリスクを減らします。生分解されたマスクが再び大地に還り、新しい自然を生み出すサイクルを構築することで、環境への負担を抑えることを目指します。「感染を予防しながら、ごみを流出させない。」環境負荷が低く、短期間で土に還ることができるマスクを通じて、私たちは地球環境の保全に取り組みます。
▼詳細はこちら
▽ECOthicalMask公式WEBサイト
https://ecothicalmask.com/
▽ECOthicalMaskについて
https://ecothicalmask.com/pages/eco-mask


■現在、マスクの急激な需要の高まりにより、"マスクゴミ"に関する環境問題が深刻化しています。
新型コロナウイルスの蔓延に伴い、ほとんど毎日着用するようになったマスク。不織布マスクの主な素材として、”ポリエステル、ポリウレタン、ポリエチレン”などが挙げられますが、これらは全てプラスチックです。着用機会の増加と共に、マスクやプラスチックごみが急増しています。
世界では月に、1,290億枚のマスクが生産され、そのうちの約3%が海に流出するとされています。
数にすると38億7千万枚という膨大な数のマスクが、自然界の中で完全に分解されることなく途方もない年月をかけて海を漂うことで、自然環境や生態系に影響を与えています。
この深刻な環境問題に私たちは向き合っていきます。


■マスクは生態系に影響を及ぼす「海洋プラスチックごみ」
一般的な使い捨てマスクは自然分解されるまで約450年かかるとされ、膨大な数のマスクが自然界の中で完全に分解されることなく途方もない年月をかけて海を漂うことで、自然環境や生態系に影響を与えています。過去半世紀で世界中のプラスチック使用量は約20倍に増加しており、現状のペースでプラスチックの廃棄が増加すると、2050年までには、海洋のプラスチックごみは魚類よりも多くなると報告されています。プラスチックごみによる海洋汚染は、まさに危機的な状況です。
■日本は2050年までのカーボンニュートラルを掲げています。
日本は世界で5番目に多くのCO2を排出しており、環境省が2021年12月に発表した「2020年度の温室効果ガス排出量」によれば、日本の温室効果ガス総排出量は約1.1Gt(11 億 4,900 万トン)、石油系プラスチックは約1,030万トン使用されています。
そのうちの約24%が産業部門からの排出とされています。
そんな中、原料のほとんどがプラスチックであるマスクの使用により、CO2の排出は大幅に増え続けています。
ECOthical Maskは、製造・焼却の観点で、一般的な不織布と比較し、CO2の排出を大幅にカットすることで2050年までのカーボンニュートラルの実現を目指します。

■植物由来の原料。自然に分解される不織布を使用しています。
Co2の排出を抑えるエコ素材ECOthical Mask の主な原料となっている植物由来の素材は、微生物によって分解ができる【生分解性プラスチック】と再生可能な生物由来の有機資源【バイオマスプラスチック】の両方の性質を合わせ持つ、PLA 樹脂(ポリ乳酸)です。 通常のプラスチックと同程度の強度を持ち、使用後は適切な環境下で微生物により水と二酸化炭素に分解されます。

-コンポスト分解比較試験動画-

左)ECOthicalMaskの不織布 / 右)一般的な不織布

■素肌に近い、弱酸性。敏感肌の方にも安心なやさしさ
植物由来の不織布を使用したECOthical Maskは、肌にやさしいマスクです。 人の素肌のpHバランスは中性より少し酸性の「弱酸性」です。 肌に近い弱酸性の素材を使用することで、肌への刺激を軽減。 敏感肌の方も安心してお使いいただけます。

■菌の増殖を抑制する天然の制菌性と抗菌性
植物由来のPLA 樹脂(ポリ乳酸)には、天然の抗菌性がございます。 一般的な不織布との比較試験により、PLA 樹脂(ポリ乳酸 ) の非常に高い制菌性と抗菌性が証明されております。
「菌の増殖を抑制する」ことでマスク内環境を清潔に保ち、よりお肌にやさしい環境を作り出すことが可能となっております。

■商品特徴


〇カラー:ホワイト、ライトグレー・ラベンダーグレー・ヌーディベージュ【全4色】
〇サイズ:大人用サイズ(W175mm×H95mm) ※サイズは目安です。
〇ラインナップ:
・7枚入り 390円(税抜)
・30枚入り 1,190円(税抜)
〇特徴:
・肌にやさしい不織布-PLA樹脂(ポリ乳酸)使用
・非金属のノーズワイヤー
・やわらかく幅広い耳ひも
・99%カットフィルター
———————————————
▼詳細はこちら
▽ECOthicalMask公式WEBサイト
https://ecothicalmask.com/
▽ECOthicalMaskについて
https://ecothicalmask.com/pages/eco-mask

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Nov
29
今日の40代おしゃれコーデ

「ハイウエスト太パン」なら、どんなトップスでも着映えが叶う

「ハイウエスト太パン」なら、どんなトップスでも着映えが叶う

会員限定PRESENT

会員プレゼント

【一口分応募】STORY12月号20周年記念BIGプレゼント 〈FENDI, CHAUMET〉

会員プレゼント

【二口分応募】STORY12月号20周年記念BIGプレゼント 〈FENDI, CHAUMET〉

会員プレゼント

プーリア州発 「サン・マルツァーノワイン」3本セットを3名様にプレゼント!

会員プレゼント

【うねり髪に効果大】超微細泡「ナノバブル」を発生させるシャンプーを3名様にプレゼント!

会員プレゼント

QUOカード500円分を50名様にプレゼント【STORY experience「卒入」思い出アンケート】にご協力お願いします!

会員プレゼント

【オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ】TATAMIジュニアスイートの宿泊券(朝食付き1泊2名・1室、¥111,000相当)を1名様にプレゼント!

PICK UP