• TOP
  • Prtimes
  • ロイヤルエンフィールド、新型「Hunter 350」を発表
Prtimes商品サービス

ロイヤルエンフィールド、新型「Hunter 350」を発表

Royal Enfield

1901年に英国で誕生した、現存する世界最古のモーターサイクルブランド、Royal Enfield(以下、ロイヤルエンフィールド)は、爽快でスタイリッシュな新型「Hunter 350」を発表しました。2つのバリエーションと8つの印象的なカラーリングを展開します。

・爽快でスタイリッシュな新型「Hunter 350」を発表 – 伝統と新時代のかっこよさを独自に融合し、モーターサイクルのある日常を演出
・新型「Hunter 350」は、ピュアなモーターサイクルの強烈な味わいを、よりタイトな新しいジオメトリー、そして洗練されたJシリーズエンジンのトルクに集約したモデル
・「Hunter 350」は、市街地やおしゃれな近隣地域を走行するために短いホイールベース、17インチ合金、軽量化、コンパクトなフレームにより、優れた操縦性とシャープなハンドリングを実現
・2つのバリエーションと8つの印象的なカラーリングで登場|プレミアムでスタイリッシュな外観

2022年8月7日バンコク – タイ:中型(250cc-750cc)モーターサイクル市場の世界的リーダーであるRoyal Enfield(以下、ロイヤルエンフィールド)は、本日「二輪のダブルエスプレッソ」とも言うべき俊敏なライディングを実現した新型「Hunter 350」を発表しました。都会の喧騒の中を走行することを想定して設計された新型「Hunter 350」は、ロイヤルエンフィールドの特徴をスタイリッシュでコンパクトながらジオメトリーに再構築したロードスターとなっており、混雑した都会の通りや郊外の道を安心して走行することができます。

モーターサイクル業界が、精巧で複雑なものから、機能的でシンプルなもの、そしてデザインの工夫や自己表現にあふれたものへと移行する中、ロイヤルエンフィールドは、地球上で最もクールな、地域に完璧にフィットする大都市向けモーターサイクルを作ることを目指しました。斬新でありながら、古き良き時代のかっこよさを醸し出し、ロイヤルエンフィールドの本質的なDNAを受け継ぐモーターサイクルです。“レトロでメトロ”なスタイルを醸し出し、ピュア・モーターサイクリングの強烈なフレーバーをすべて詰め込み、スタイリッシュで都会的な爽快感を与えてくれる、非常に陽気でジオメトリーなモーターサイクルです。

ロイヤルエンフィールドの親会社であるアイシャー・モーターズのマネージングディレクターであるシッダールタ・ラル氏は、次のように述べています。

「ロイヤルエンフィールドでは、ユーザーやコミュニティと密接に関わりを持っています。私たちのモーターサイクルは、ユーザーの要望によって形が創られます。私たちの掲げる“ピュア・モーターサイクリング”の新しい体験と形式を私たちのユーザーコミュニティのために創造することを目指しています。これまでに、私たちのブランドを愛しながらも、ブランドに正しさを見出し切れていなかった情熱的なモーターサイクリストがいました。ハンター350はそのような方々のためのモデルです。ハンター350は、一見異なる種類のモーターサイクルの長所を組み合わせ、非常にスタイリッシュで楽しいパッケージにまとめられ、紛れもなくロイヤルエンフィールドらしさを備えた新しい純粋なモーターサイクルです。」

「Hunter 350」は、ロイヤルエンフィールドのラインナップの中でも、ひときわユニークなモデルです。数々の賞を受賞したJシリーズ350ccプラットフォームをベースに、ハリスパフォーマンスのシャシーを組み合わせることで、街で乗っても破綻のない俊敏性を発揮し、かつ郊外の道では軽快な楽しさを提供します。

ロイヤルエンフィールドのCEOであるB・ゴビンダラジャンは、「Hunter 350」の発表について次のように述べています。

「Hunter 350は、数年にわたる世界中のインサイト収集とユーザー調査の成果となります。経験豊富なライダーには刺激的で、初めて乗るライダーには簡単で親しみやすい、大都市にふさわしいモーターサイクルです。短いホイールベース、よりコンパクトなジオメトリー、そして軽量化により、都市部での軽快な走りと操作性を実現しています。この新しく生まれ変わったロードスターが、世界の新しいユーザーをピュア・モーターサイクリングの世界へと導いてくれると確信しています。」

サウンド、カラー、スタイリング、ハンドリング、パフォーマンスなど、「Hunter 350」のすべてが、他にはない体験でライダーを目覚めさせるようにデザインされています。「Hunter 350」には「Retro Hunter」と「Metro Hunter」の2つのエディションがあり、どちらもトレンドであるブラックアウトされたエンジンと部品で仕上げられています。

「Retro Hunter」は、17インチのスポークホイール、300mmのフロントディスクブレーキと6インチのリアドラムブレーキ、ショーワ製フロント/リアサスペンション、シングルチャンネルABS、必要な情報を適切に表示するレトロスタイルのデジタル・アナログ式インストルメントクラスター、2種類のクラシカルなシングルカラータンクを装備しています。

日本に導入が予定されている「Metro Hunter」は、2色のカラーリング、鋳造合金ホイール、ワイドなチューブレスタイヤ、丸みを帯びたリアライトなど、より現代的な外観を持っています。「Metro Hunter」は、2つのエディションに5つのカラーバリエーションがあります。シックな3種類のタンクカラーとグラフィックから選べるエディションと、ロイヤルエンフィールドを彩る最も個性的で破壊的なフューエルタンクのデザインから3種類を選んで仕上げるトップエディションです。 Metroエディションはどちらも優れたハンドリングとシンメトリーな外観を実現する合金ホイールとフロント110/70 x 17インチ、リア140/70 x 17インチのチューブレスタイヤを装備し、さらにフロント300mm、リア270mmのディスクブレーキ、デュアルチャンネルABS、エンデュランス製フロント/リアサスペンション、便利なセンタースタンドが特徴となっています。LEDテールランプとオドメーター、トリップメーター、ギアインジケーター、燃料計と残量警告、時計、サービスリマインダーを表示するプレミアムデジタルアナログメータークラスターは、このスタイリッシュなパッケージの完成度を高めます。また、すべてのモデルでロータリー式のメインスイッチをはじめとするシンプルで操作しやすいスイッチとUSB充電ポートをハンドルバーに装備しています。

ロイヤルエンフィールドのデザインチーフであるマーク・ウェルズは、次のように述べています。

「ロイヤルエンフィールドが、より楽しく、より軽く、より俊敏な350ロードスターを開発することは、至極当然のことだと感じました。新鮮でありながら、完全にロイヤルエンフィールドを体現しています。ハンターを見るたびに若い頃、バイクに飛び乗り、仲間と待ち合わせをしている時のような気楽な気分にさせてくれます。」

「Hunter 350」のシャシージオメトリーは、最適な車高重量比を実現するよう設計されている一方で、ワイドかつロングなワンピースシートにより、優れた快適性を提供します。見直されたレーキ角とトレール角、800mmの低いシート高、短いホイールベースが実現したHunter 350の優れた操縦性は、狭い道を曲がる際にもライダーに自信を与え、あらゆる場所や状況でしっかりとした安定感を感じさせます。

「Hunter 350」は、モダンで世界的に高い評価を得ており、最近MeteorやClassic 350に搭載された最新の349cc空油冷単気筒Jシリーズエンジンを搭載しています。フューエルインジェクションを採用し、最高出力20.2bhp/6100rpm、最大トルク27Nm/4000rpmを発生し、力強い低速トルクと非常にスムーズなパワーデリバリー、爽やかで洗練された乗り心地を実現します 。振動を抑えるプライマリーバランサーシャフトを採用し、レスポンスの良さと洗練された走行を両立するとともに、最適化された5速ギアボックスにより、キレのあるスムーズなギアシフトを実現しています。

「Hunter 350」は、純正モーターサイクル・アクセサリーのエコシステムによってサポートされています。これらのアクセサリーは、モーターサイクルの購入時もしくは後日、ロイヤルエンフィールドアプリとMIY(Make It Yours)パーソナライゼーションプラットフォームから追加注文できます(日本への導入は未定)。Suburbanシリーズには、エンジンガード、サンプガード、パニアマウント、ラゲージ、カスタムシート、ツーリングミラーなど、保護と機能性を兼ね備えたアタッチメントが用意されています。Urbanシリーズのオプションには、特徴的なベンチシート、ブラックLEDウインカー、ティンテッドフライスクリーン、ミニマルな「テールタイディリア」フェアンダーが含まれます。いずれも高級感のある仕上がりで、手間をかけずにモーターサイクルにそのまま装着できます。さらに自己表現のために、補色の豪華なヘルメット、Tシャツ、スマートなパーソナルアクセサリーなど、優れたライディングギアのセレクションも用意されています。

世界中のユーザーに向けられた「Hunter 350」の日本への導入は2023年を予定しています。

お客様は、ロイヤルエンフィールドアプリ、ウェブサイト(royalenfield.com)または最寄りのロイヤルエンフィールド販売店にて、「Hunter 350」の確認、試乗予約、予約、カスタマイズを行うことができます。

当日行われた発表の様子は、YouTubeより視聴いただけます。Royal Enfield Hunter 350 | Official Live Launch (リンク先:YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=TvxeHPdunqs

Metro Hunter(メトロ ハンター)

左からDapper Grey、Dapper Ash
左からRebel Black、Dapper White
左からRebel Red、Rebel Blue

Retro Hunter(レトロ ハンター)

左からFactory Black、Factory Silver

<ロイヤルエンフィールド社について>

ロイヤルエンフィールドは、1901年の創業以来、美しいオートバイを作り続けている最も古いモーターサイクルブランドです。イギリスにルーツを持ちますが、1955年にインド・マドラスに製造工場が設立され、これを足がかりにロイヤルエンフィールドはインドの中型二輪車セグメントの成長を先導してきました。ロイヤルエンフィールドでは、「Pure Motorcycling」のアプローチをとっており、魅力的で、シンプルで、親しみやすく、乗るのが楽しい、探検と自己表現のための乗り物です。

ロイヤルエンフィールドのプレミアムラインナップには、新型クルーザー「メテオ350」、インターセプター650、コンチネンタルGT650ツイン、アドベンチャーツアラー「ヒマラヤン」、アイコニックなシングル「ビュレット350」「クラシック350」などがあります。ライダーと情熱的なコミュニティは、地元、地域、国際レベルでの豊富なイベントによって育まれています。特に、毎年ゴアで開催される何千人ものロイヤルエンフィールドファンが集まるライダーマニアや、最も過酷な地形と最高峰の峠を越える巡礼の旅、ヒマラヤンオデッセイなどは有名です。

Eicher Motors Limitedの一部門であるロイヤルエンフィールド社は、インドの主要都市に2100以上の店舗、世界60カ国以上に約850の店舗を展開しています。また、ロイヤルエンフィールドは、イギリスのブランティングソープとインドのチェンナイに、2つの世界的なテクニカルセンターを有しています。また、チェンナイ近郊のオラガダムとヴァラムヴァダガルに2つの最新鋭の生産施設を有しています。世界では、ロイヤルエンフィールド社は、タイ、アルゼンチン、コロンビアの3ヶ所に最新のCKD組立施設を有しています。過去5年間のCAGRは37%以上、2021-22年の国際市場での売上は108%増と、ロイヤルエンフィールドは世界の中型モーターサイクル市場をリードしています。

ロイヤルエンフィールドのブランドやモーターサイクルに関する詳細は、下記公式ウェブサイトをご覧ください。
http://www.royalenfield-tokyoshowroom.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Nov
29
今日の40代おしゃれコーデ

「ハイウエスト太パン」なら、どんなトップスでも着映えが叶う

「ハイウエスト太パン」なら、どんなトップスでも着映えが叶う

会員限定PRESENT

会員プレゼント

【一口分応募】STORY12月号20周年記念BIGプレゼント 〈FENDI, CHAUMET〉

会員プレゼント

【二口分応募】STORY12月号20周年記念BIGプレゼント 〈FENDI, CHAUMET〉

会員プレゼント

プーリア州発 「サン・マルツァーノワイン」3本セットを3名様にプレゼント!

会員プレゼント

【うねり髪に効果大】超微細泡「ナノバブル」を発生させるシャンプーを3名様にプレゼント!

会員プレゼント

QUOカード500円分を50名様にプレゼント【STORY experience「卒入」思い出アンケート】にご協力お願いします!

会員プレゼント

【オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ】TATAMIジュニアスイートの宿泊券(朝食付き1泊2名・1室、¥111,000相当)を1名様にプレゼント!

PICK UP