• TOP
  • Prtimes
  • 9割以上の医師が不眠と更年期に関係があると回答!一般人が睡眠改善にやりがちなことは実は間違っていることが多い?
Prtimes調査レポート

9割以上の医師が不眠と更年期に関係があると回答!一般人が睡眠改善にやりがちなことは実は間違っていることが多い?

株式会社CCA

8割以上が腸内環境を整えることで睡眠の質が上がると回答

株式会社CCA(本社所在地:山梨県甲府市、代表取締役:佐野 信也)は、医師を対象に、「睡眠と脳腸相関」に関する調査を実施しました。

しっかりと眠ることは、私たち人間が健康に生活するために欠かすことができません。
しかし、現代人は慢性的に睡眠不足だとも言われています。
睡眠が大切だとわかっていても、ついつい夜更かしをしてしまう人も多いのではないでしょうか。

睡眠は十分な時間だけでなく質も重要です。
特に中高年になってくると、夜布団に入ってもなかなか眠れない、一度寝付いてもすぐに目が覚めてしまう、などという悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

また最近の研究では、睡眠の質と腸に関連があるということがわかってきました。
では、具体的にどのような関連があるのでしょうか。
また、質の良い睡眠をとるためにはどのようなことをしたらいいのでしょうか。

そこで今回、GOKUMIN Body Creamhttps://cca-onlineshop.com/pages/gokumin-bodycream)の開発を手掛ける株式会社CCAは、医師を対象に、「睡眠と脳腸相関」に関する調査を実施しました。

【一度目が覚めると眠れないことに悩む人が多数】医師が語る不眠と更年期の関係

はじめに、不眠と更年期の関係について伺っていきたいと思います。

「不眠と更年期は関係がありますか?」と質問したところ、9割以上の方が『とても関係がある(43.2%)』『やや関係がある(49.9%)』と回答しました。

ほとんどの医師が、不眠と更年期には関係があると考えていることが分かります。
では、更年期の不眠で多い症状とは何なのでしょうか?

そこで、不眠と更年期は関係があると回答した方に、「更年期の不眠に多い症状を教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『途中で目が覚めてしまい再び眠れない(58.6%)』と回答した方が最も多く、次いで『寝つきが悪い(49.6%)』『夜中に何度も目が覚める(48.9%)』と続きました。

一度目が覚めると眠れなくなるという症状が最も多いようです。
それ以外にも、寝つきの悪さや夜中に目が覚めるなど、更年期の影響で睡眠の質が悪くなると考えている医師が多いことが分かりました。

【ホルモンバランスの変化が第1位】医師が警告する不眠の原因

先程の調査の結果、9割以上の医師が不眠と更年期に関係があると回答しました。
では、更年期の不眠の原因とは一体何なのでしょうか?

先程の質問で、不眠と更年期は関係があると回答した方に聞いていきたいと思います。
「更年期の不眠の原因にはどのようなものがありますか?(複数回答可)」と質問したところ、『ホルモンバランスの変化(61.5%)』と回答した方が最も多く、次いで『生活リズムの乱れ(43.2%)』『腸内環境の悪化(32.8%)』と続きました。

更年期は女性ホルモンが減少することで起こると言われており、そのホルモンバランスの変化が不眠の原因にも繋がっているようです。
また、生活リズムの乱れや腸内環境の変化などにより、不眠の症状が出ていることが分かりました。
では、生活環境により不眠の症状が悪化することはあるのでしょうか?

そこで、「不眠症状が生活習慣などで悪化することはありますか?」と質問したところ、9割以上の方が『よくある(41.2%)』『たまにある(51.2%)』と回答しました。

ほとんどの医師が、生活習慣が不眠に影響していると考えているようです。
不眠に悩んでいる方は、自分の生活環境を見直してみる必要があるかもしれません。

【あなたのその対処法、間違ってます!】医師が教える不眠の対処法

9割の医師が、生活環境により不眠の症状が悪化することがあると考えていることが分かりました。
では、自宅で手軽にできるおすすめの不眠対処法はあるのでしょうか?

そこで、「自宅でできるおすすめの不眠の対処法について教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『専門医に相談する(50.6%)』と回答した方が最も多く、次いで『生活リズムを整える(43.5%)』『腸内環境を整えるものを摂る(31.9%)』と続きました。

最も多かったのは、専門医に相談するという結果となり、医師の立場からするともっと気軽に相談して欲しいと考えている方が多いのかもしれません。
また、生活リズムや腸内環境を整えることも有効だと考えているようです。

心当たりがある方は自身で見直してみる必要がありそうですが、睡眠改善のためにやりがちなことで、医師から見ると実は間違っていることなどはあるのでしょうか?

続いて、「一般の方が睡眠改善のためにやりがちなことの中で実は間違っていることはありますか?」と質問したところ、8割以上の方が『とても多い(29.2%)』『多少ある(58.0%)』と回答しました。

非常に多くの医師が、間違っていることがあると感じているようです。
では、具体的にどのような対処法が間違っているのでしょうか。
詳しく聞いてみました。

■どんな対処法が間違っている?
・寝る前のアルコール摂取(30代/男性/埼玉県)
・運動のやり過ぎ(40代/男性/静岡県)
・枕の高さが足りないものを使用している(40代/男性/愛知県)
・症状改善のために効能が明確でないサプリメントを摂取すること(50代/男性/東京都)

などの回答が得られました。
寝る前にアルコールを摂取したり、激しい運動をしたりすることで眠りやすくするという対処法が間違っていると感じているようです。
また、枕の高さやサプリメントなど、良かれと思って行っていることでも、実は間違っていることがあると判明しました。

【睡眠の質を高める鍵は腸?!】医師が勧める不眠に効く腸活

睡眠改善のためにやりがちなことの中で、間違っていることがあると感じている医師が8割以上いることが分かりました。
先程の質問で、おすすめの不眠の対処法として腸内環境を整えるものを摂ると回答した医師が3割程度いましたが、実際に腸内環境を整えることは睡眠の質に影響するのでしょうか?

そこで、「腸内環境を整えることで睡眠の質は変化しますか?」と質問したところ、8割以上の方が『とても変化する(28.7%)』『やや変化する(57.5%)』と回答しました。

多くの医師が変化すると考えているようで、やはり不眠には腸内環境が大きく関係していることが分かります。
では、その理由とは一体何なのでしょうか?
『とても変化する』『やや変化する』と回答した方に詳しく聞いてみました。

■腸内環境が睡眠の質に影響を与える理由とは
・腸内菌が関係ある(30代/女性/栃木県)
・脳腸相関(40代/男性/東京都)
・免疫力が上がるから(40代/男性/東京都)
・腸内細菌がリラックスを招く(50代/女性/鹿児島県)

などの回答が得られました。
脳腸相関というワードが挙げられ、脳と腸が密接に関わっていることが影響しているようです。

腸内細菌の影響を受け、免疫力を高めたり、リラックス効果を高めたりすることが影響し、睡眠の質を良くすると考えられていることが分かりました。
腸に影響を与えるものといえば食事が挙げられますが、食事以外で睡眠の質を高めたい時にできる腸活は何なのでしょうか?

『とても変化する』『やや変化する』と回答した方に、「睡眠の質を高めたいときに食事以外で取り組むべき腸活を教えてください(上位3つ迄)」と質問したところ、『早寝早起きなどの規則正しい生活(44.1%)』と回答した方が最も多く、次いで『軽いストレッチ(33.8%)』『目元・首元を温める(33.2%)』『腹部を温める(30.0%)』と続きました。

生活リズムを整えることが大切だと感じている方が4割以上もいることから、早寝早起きをして、身体にリズムを覚えさせることが大切だということが分かりました。
また、軽いストレッチや目元・首元・腹部を温めるといった、寝る前の少しの工夫でできるような腸活もあり、取り入れやすいものも多いようです。
まずは、自分で取り入れやすいものから始めてみるといいかもしれません。

【まとめ】更年期の不眠解消には腸内環境を整えることが大切!

更年期と睡眠の関係について調査を行ったところ、深い関わりがあることが分かりました。

9割以上の医師が関わりがあると回答しており、ホルモンバランスの変化や生活リズムの変化などが影響して、不眠の症状が起こっているようです。

医師の立場からすると、専門医に相談することが最も有効だと考えている方が多いようですが、なかなか時間が取れない方には生活リズムの改善や腸内環境の改善が大切だということが分かりました。

その中でも腸活は、規則正しい生活や軽いストレッチ、目元・首元・腹部を温めるなど取り入れやすいことも多いため、更年期による不眠に悩んでいる方は、続けやすいものから始めてみるのが良いかもしれませんね。

お腹に塗って極上の睡眠環境へ『GOKUMIN Body Cream』


今回、「睡眠と脳腸相関」に関する調査を実施した株式会社CCAhttps://co-cread.com/)は、『GOKUMIN Body Cream』https://cca-onlineshop.com/pages/gokumin-bodycream)を販売しております。

「寝れない」
「夜中に何度も起きてしまう」
「スッキリ起きられない」

そんな睡眠に悩む多くの方のために極眠プロジェクトが誕生しました!

■睡眠と腸の関係について

プラウシオン(R)
某乳酸菌飲料で話題になったように、睡眠には腸が深く関わっています。

腸を整えるにはサプリやジム等でのトレーニングが一般的ですが、一方で、体に取り入れたり生活習慣を変えることよりも「身に着けるだけで特に何もしない」というアプローチを好む人が増えてきています。

そこで、体をリラックス状態へ促す素材“プラウシオン(R)”!を使用したGOKUMIN Body Creamがおすすめです。

■GOKUMIN Body Cream3つの特徴

1:ナノサイズのプラウシオンを特殊配合
2:保湿成分とハリ成分
3:寝る前にお腹とお腹裏に塗ることで極上の睡眠

ぜひ一度ご体験ください。

■GOKUMIN Body Cream:https://cca-onlineshop.com/pages/gokumin-bodycream
■株式会社CCA:https://co-cread.com/
■お問合せ:https://co-cread.com/contact

調査概要:「睡眠と脳腸相関」に関する調査
【調査期間】2022年7月11日(月)~2022年7月12日(火)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,013人
【調査対象】医師
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Dec
9
今日の40代おしゃれコーデ

こ洒落見えを狙うなら、コートよりも抜け感の出る「MA-1」!

こ洒落見えを狙うなら、コートよりも抜け感の出る「MA-1」!

会員限定PRESENT

会員プレゼント

【うねり髪に効果大】超微細泡「ナノバブル」を発生させるシャンプーを3名様にプレゼント!

会員プレゼント

QUOカード500円分を50名様にプレゼント【STORY experience「卒入」思い出アンケート】にご協力お願いします!

会員プレゼント

【オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ】TATAMIジュニアスイートの宿泊券(朝食付き1泊2名・1室、¥111,000相当)を1名様にプレゼント!

会員プレゼント

パッと華やげる攻めニットを計8名様にプレゼント!

PICK UP