• TOP
  • Prtimes
  • 20代の2人に1人は習慣的にウォーキングを実施 若い世代でのウォーキングの盛り上がりが明らかに
Prtimes商品サービス

20代の2人に1人は習慣的にウォーキングを実施 若い世代でのウォーキングの盛り上がりが明らかに

株式会社ニューバランス ジャパン


 株式会社ニューバランスジャパン(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 久保田伸一)は、いつでもどこでも“自分らしくスタイリッシュに快適に”過ごせるウォーキングシューズ「UA900」の発売に合わせ、2022年7月29日から7月31日まで、全国の男女25歳~49歳を対象にウォーキングと若者の意識に関する調査を実施いたしました。
実施した調査では、約4割の人がコロナ禍以前よりもウォーキングが好きになったと回答。コロナ禍における時間の使い方としてウォーキングへの注目の高まりが垣間見えました。さらに年代別に見ると、20代の2人に1人が「習慣的にウォーキングを行っている」と回答。30代も含め、若い世代の人たちがカジュアルに日常生活の中でウォーキングを楽しんでいることがわかりました。

【調査概要】
実施期間:2022年7月29日~7月31日
調査対象:全国の男女25歳~49歳
サンプル数:600ss
調査方法:インターネット調査
調査主体:ニューバランスジャパン
※「ウォーキング」とは、健康増進や生活習慣病予防のためなど運動を狙って歩くことに加え、趣味としての散歩、意識しての徒歩移動の選択などを指します。

【調査サマリー】
1. コロナ禍を経て、以前よりもウォーキングが好きになったと42.7%が回答
2. ウォーキングは年配の方がやるイメージがあるかという問いに対して20代は「そう思わない」と63.3%が回答。さらに、20代の2人に1人が「月に一回以上習慣的にウォーキングを行っている」と回答
3. 20代の4人に1人(26.7%)は「ウォーキングは自分たちの世代がやるもの」と回答
4. 「ウォーキングシューズ」というカテゴリーを知っている人は78.0%
一方、「履いたことがある」と回答した人は26.8%、「持っている」と回答した人は18.8%

【調査詳細】
1. コロナ禍を経て、以前よりもウォーキングが好きになったと42.7%が回答

外出が制限されたコロナ禍を経て、徐々に緩和されつつある外出の中、「以前よりもウォーキングが好きになった」と4割以上の調査対象の全世代が回答。こうした状況下でも、日常行動である“歩く”という行為の延長としてウォーキングへの好意の高まりが見られます。

2. ウォーキングは年配の方がやるイメージがあるかという問いに対して20代は「そう思わない」と63.3%が回答。さらに、20代の2人に1人が「月に一回以上習慣的にウォーキングを行っている」と回答。



ウォーキングに対するイメージとして「年配の方がやるイメージがあるか」に対して20代は「そう思わない」と63.3%が回答。「20代がやるものだと思うか」に対しては他の年代が僅かに止まっていることに対し、20代は4人に1人が自分たちがやるものだと回答。ウォーキングを自分ごと化していることが明らかになりました。
また、ウォーキングに対する習慣を20代に尋ねたところ「月に一回以上習慣的にウォーキングを行っている」と回答。若い世代はウォーキングをする人のイメージとして年配向けと思う人は少ないこと、20代もウォーキングを日常に取り入れ、中高齢だけでなく、若年までが幅広く、カジュアルにウォーキングを楽しむ、という現状が明らかになりました。

3. 20代の4人に1人(26.7%)は「ウォーキングは自分たちの世代がやるもの」と回答

ウォーキングはどの世代がやるものだと思うか、という質問に対して、20代の4人に1人(26.7%)は「ウォーキングは20代(自分たちの世代)がやるもの」と回答。ウォーキングを積極的に自分事化し取り組む意識の存在が明らかになりました。
一方で、他の世代からは20代がウォーキングをするイメージがあると回答した人は10%にも満たない結果となり、世代間でのウォーキングイメージへのギャップが判明しました。

4. 調査対象の全年代で「ウォーキングシューズ」というカテゴリーを知っている人、聞いたことがある人は78.0%。一方、「履いたことがある」と回答した人は26.8%、「持っている」と回答した人は18.8%

調査対象の全年代で、多くの人がウォーキングをしているという選択肢を選ぶ中で、「ウォーキングシューズ」というカテゴリーを知っている人は78.0%いながらも、「履いたことがある」と回答した人は3割以下にとどまり、今後もより成長の余地があるシューズ領域であることがわかります。加えて重視する内容では履き心地(61.7%)や軽さ(38.3%)に加えてファッション性(18.3%)も重要視していることがわかりました。

■ニューバランスの新定番ウォーキングシューズ「UA900」
ニューバランスがこの秋の新作として発表するウォーキングシューズ「UA900」は、コロナ禍を経て増えた「ウォーキングを好きになった」という人々に向けて、ウォーキングシューズならではの充実の機能を備えつつ、20~30代という若い世代も日常に取り入れやすい、ニューバランスのライフスタイルシューズからインスパイアされたデザインです。ウォーキングを楽しむ人々のアクティブな毎日をサポートします。

カラー:CT1(ベージュ)、CN1(ネイビー)、CB1(ブラック)、CG1(グレー)、CS1(ホワイト)
ウイズ/サイズ:2E /22.0~29.0cm
価格:9,900円(税込)
※グレー、ホワイトはABC-MART限定カラーです
※店舗により取り扱いサイズが異なります





■ニューバランスのウォーキングシューズは「9年連続No.1」

ニューバランスは、機能性の追求はもちろん、時代の求めるデザインを融合しウォーキングシューズを開発しています。2013年から9年連続で日本国内ウォーキングシューズ販売足数・金額No.1(※)を達成しています。
※矢野経済研究所「YPSスポーツシューズデータ:2013年、2014年、2015年、2016年、2017年、2018年、2019年、2020年、2021年ウォーキングシューズ販売足数・金額ベース」(全国主要スポーツショップをはじめとした、2031店舗のスポーツブランドを対象とした定点観測調査。2022年1月現在)

■販売について
ニューバランス公式オンラインストア https://shop.newbalance.jp/shop/e/eEnb-walking-ua
一部のニューバランスオフィシャルストア
全国のABC-MART店舗
その他一部の取扱店にて販売いたします。

<重要>ニューバランスオフィシャルストアの感染症拡大防止の取り組みについて
https://company.newbalance.jp/store/shopmagazine/54334
お客様と従業員の健康と安全のため、ご理解・ご協力をお願いいたします。

▼ ニューバランスについて
マサチューセッツ州・ボストンに本社を置くニューバランスは、「責任あるリーダーシップを発揮し、アスリートが誇りを持って身に付け、社員が創造することを誇りに思い、コミュニティが誇りを持って受け入れることのできる、グローバルブランドの確立」を企業のミッションとして掲げています。 1906年にアーチサポートインソールや偏平足などを治す矯正靴のメーカーとして誕生し、アスレチックブランドのリーディングカンパニーとして現在ランニングをはじめ、ライフスタイル、テニス、ベースボール、フットボール、ゴルフのためのフットウェアとアパレルを展開しています。 75年以上にわたってアメリカ国内での製造を継続している「Made in U.S.A.」は、国産比率70%以上のプレミアムコレクションです。ニューバランスは、アメリカのニューイングランドに5つの工場、イギリスのフリンビーに1つの工場を所有しており、全世界で7,000人以上の従業員が働いています。2021年の世界の売上高は44億ドルと報告されています。
ニューバランスの詳細については、https://shop.newbalance.jpをご覧ください。
▼ ニューバランス ジャパン公式Facebook URL:https://www.facebook.com/NewBalanceJapan/
▼ ニューバランス ジャパン公式Twitter @newbalance_jp URL: https://twitter.com/newbalance_jp
▼ 会員サービス「myNB」 https://shop.newbalance.jp/shop/pages/guide_mynb.aspx

【一般のお客様】株式会社ニューバランスジャパンお客様相談室 0120-85-7120

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Sep
25
今日の40代おしゃれコーデ

トレンド「ツイード」もニットならデイリー仕様に|今日のおしゃれコーデ

トレンド「ツイード」もニットならデイリー仕様に|今日のおしゃれコーデ

会員限定PRESENT

会員プレゼント

小池徹平さん直筆サイン入りチェキを1名様にプレゼント!

会員プレゼント

【琉球ホテル&リゾート 名城ビーチ】プレミアクラブツイン の朝食付き宿泊券(1泊2名・1室)を1名様にプレゼント

PICK UP