• TOP
  • Prtimes
  • 「働く女性の社会貢献意識調査」結果発表:20~30代働く女性の社会課題への貢献意識調査 問題視している社会課題がある人は6割以上 子育て問題、雇用問題に関心がある人多数
Prtimes調査レポート

「働く女性の社会貢献意識調査」結果発表:20~30代働く女性の社会課題への貢献意識調査 問題視している社会課題がある人は6割以上 子育て問題、雇用問題に関心がある人多数

eBay Japan合同会社

【10月11日は国際ガールズデー】若年女性の問題に向き合う若草プロジェクトをeBay Japanが支援

 インターネット総合ショッピングモール「Qoo10」(https://www.qoo10.jp/)を運営するeBay Japan合同会社(本社:東京都港区、代表取締役:グ ジャヒョン)は、若年女性の問題に向き合い支援する一般社団法人 若草プロジェクト(所在地:東京都千代田区 https://www.wakakusa.jp.net/)と共同で、全国の20~30代の働く女性500名を対象に、「働く女性の社会貢献意識調査」を実施しました。

 現代社会において、貧困・虐待・育児ノイローゼ・いじめなどの社会課題に悩んでいる女性が多くいます。本調査では、現在問題意識を持っている社会課題があるかなど、女性たちの社会課題・社会貢献への意識について聞きました。6割以上が問題意識を持っている社会課題があること、買い物をするとき「販売元が社会課題に取り組んでいるか」を購入の基準としている人は約半数いることなど、社会貢献に前向きな女性は多いと判明。一方で、社会課題に面している人の話を直接見聞きした経験がある人のうち、約半数は「相手を支援できなかった」と回答し、貢献したい気持ちはあるものの「どう支援するべきか分からない」と感じている人も多い実情が明らかになりました。
 若草プロジェクトは、様々な社会課題に苦しむ若年女性に支援を届けている団体です。eBay Japanは、パートナー企業としてこの取り組みをサポートしています。
関心・問題意識を持っている社会課題はありますか
今どんなことに悩みを抱えていますか(複数回答可)

調査結果トピックス

6割以上が、現在問題意識を持っている社会課題がある
買い物をするとき「販売元が社会課題に取り組んでいるか」を約半数が意識している          約6割が、値段が高くても社会貢献している企業の商品を選ぶ
社会課題に面している人の話を直接見聞きした経験がある人は約3割                 相手を支援・協力できなかった人は約半数。理由「どう支援するべきか分からなかった」
悩みを抱えている女性は7割以上。悩みの内容「お金」「仕事」                   悩みの解消法「家族、友人に相談」「ネットで調べる」。「信頼できる相談相手がいない」という人も

<調査結果>
1.6割以上が、現在問題意識を持っている社会課題がある

関心・問題意識を持っている社会課題はありますか
関心がある社会課題(複数回答可)
 貧困・虐待・DV・性的搾取・育児ノイローゼ・いじめ・薬物依存など、現代社会には解決すべき様々な社会課題があります。関心や問題意識を持っている社会課題がある人は、6割以上いました。具体的には「子育て問題(児童虐待、ネグレスト、育児ノイローゼ、待機児童、補助金制度など)(31.6%)」「労働・雇用問題(男女平等、児童労働、ワーキングプア、若年層の失業など)(29.8%)」に関心を持っている人が多いことが分かりました。

2.買い物をするとき「販売元が社会課題に取り組んでいるか」を約半数が意識している
  約6割が、値段が高くても社会貢献している企業の商品を選ぶ

買い物で社会課題解決に貢献できると知っていますか
買い物をするときに意識している基準
 様々な社会課題が顕在化するにつれて、社会課題解決に取り組む団体や、協力企業も増えました。社会貢献している企業の商品を購入することで売上の一部が支援団体に寄付されるなど、日常生活の中で社会課題解決に貢献できる機会も増えています。このように、買い物で社会課題解決に貢献できると知っているか聞いたところ、「知っていた(12.2%)」または「貢献できると聞いたことはある(28.0%)」と回答した人は40.2%でした。一方で、物を買うときの基準として「販売元が社会課題に取り組んでいるか」を意識している人は47.0%。社会課題に取り組んでいる企業の商品を積極的に購入しながらも、その行動自体が社会課題解決の支援につながっていることまでは知らない人は、一定数いると考えられます。

同じ価格と品質で社会貢献している企業としていない企業の商品があった場合、どちらを選びますか
差別など、社会課題を増幅させるような行いが見られる企業があった場合、その企業の商品についてどう感じますか
 同じ価格と品質で、社会貢献している企業としていない企業の商品があった場合、「社会貢献している企業の商品を選ぶ(79.4%)」と回答した人は約8割。社会課題を増幅させるような行いが見られる企業の商品について「どちらかというと購入したくない(35.4%)」「購入したくない(28.2%)」と回答した人は約6割いました。買い物など、日常生活の中で社会課題解決に協力したいと思う女性は多いと考えられます。

同じ品質で社会貢献している企業としていない企業の商品があった場合、何円差までなら、高くても社会貢献している企業の商品を選びますか
 同じ品質で社会貢献している企業としていない企業の商品があった場合、何円差までなら高くても社会貢献している企業の商品を選ぶかも聞きました。その結果、約6割が、値段が高くても社会貢献している企業の商品を選ぶと分かりました。

3.社会課題に面している人の話を直接見聞きした経験がある人は約3割
  相手を支援・協力できなかった人は約半数。理由「どう支援するべきか分からなかった」

社会課題に面している人の話を直接見聞きしたことはありますか
社会課題に面している人に対して何か支援・協力することはできましたか
 買い物への考え方を調査する中で、社会貢献に対して前向きな意向の女性は多いことが分かりました。実際に社会課題に面している人の話を見聞きした経験がある人は、約3割。そのうち、相手に何か支援・協力できた人と、できなかった人は約半数ずつでした。貢献したい気持ちはありながら、行動には移せていないという人も多いことが分かります。

社会課題に面している人に対して行動を起こせなかった理由(複数回答可)
社会課題に面している人に対して次はどんな行動を起こしたいと思いますか(複数回答可)
 支援・協力することができなかったと回答した人に、行動を起こせなかった理由を聞いたところ「どう支援するべきか分からなかった(60.0%)」「自分では解決できないと思った(55.7%)」に多くの回答が集まり、社会課題に対してなんとかしたいという思いはありながらも、具体的にどうすればいいのか分からない、力不足だと思っている女性は多いことが分かります。今後社会課題に面している人と接したとき、どんな行動を起こしたいか聞いたところ「行動を起こしたいとは思わない(15.7%)」と回答した人を除いて8割以上が何か行動したいと考えていることが分かりました。

4.悩みを抱えている女性は7割以上。悩みの内容「お金」「仕事」
  悩みの解消法「家族、友人に相談」「ネットで調べる」。「信頼できる相談相手がいない」という人も

今どんなことに悩みを抱えていますか(複数回答可)
 続いて、回答者が今抱えている悩みについて聞きました。その結果、7割以上が何かしら悩みを抱えていることが判明。特に「お金(49.0%)」「仕事(42.4%)」に悩んでいる女性は多いことが分かりました。

悩みがあるときにどのように解消していますか(複数回答可)
悩みがあるときに何もしない理由(複数回答可)
 悩みがあるときの解消法は「家族に相談(46.8%)」「友人に相談(28.4%)」「ネットで調べる(28.2%)」という人が多い中、「何もしない(27.8%)」という人も約3割いました。何もしない理由としては「時間が解決してくれるから(43.2%)」と回答した人が多数。「身近に信頼できる相談相手がいない(24.5%)」「身近な人に相談するのが恥ずかしい・抵抗がある(13.7%)」と考えている人もいることが分かりました。

———————————————————————————————————
【調査概要】
調査期間:2022年8月31日(水)~9月1日(木)
調査対象:全国の20~30代の働く女性500名
調査方法:インターネット調査
調査会社:株式会社ネオマーケティング
———————————————————————————————————

【総括】
 今回の調査を通して、20~30代の働く女性には社会課題に関心がある人が多く、悩んでいる人を助けたいという気持ちがある人も多いことが分かりました。また、「買い物で社会課題解決に貢献できる」と知っていた人は1割程度でしたが、価格・品質が同じであれば社会貢献している企業の商品を選ぶ人は約8割、値段が高くても社会貢献している企業の商品を選ぶ人は約6割いました。このように、買い物など日常生活の中で社会課題解決に協力できるのであればしたい、と思う女性は多いと考えられます。
 一方で社会課題に面している人の話を直接見聞きしたとき、どう支援するべきか分からない、自分では解決できないという思いから支援ができなかった、という声も見られました。自身の悩みを相談する、信頼できる相手が身近にいないという人も。様々な社会課題に多くの女性が苦しんでいる今、人と人とのつながりを通して、支え合える環境づくりが必要です。

■一般社団法人若草プロジェクトについて


昨今の不安定な社会情勢の中、貧困・虐待・DV・性的搾取・育児ノイローゼ・いじめ・薬物依存などに、多くの女性が苦しんでいます。中でも若年女性については、これまで法律・制度の狭間で置き去りにされがちでした。彼女たちの生きづらさや抱える問題に対しては、多くの偏見・誤解があります。また彼女たちの姿は表に見えづらいことから、十分な支援が届いていません。「誰一人取り残さない」ためにも、今こそ、若年女性の問題に向き合うことが必要です。若草プロジェクトは、彼女たちに支援を届けるために、「つなぐ」「まなぶ」「ひろめる」活動を行っています。

■「つなぐ」
生きづらさを抱えた少女・若い女性たちと支援者、支援者と支援者、支援の現場と企業・社会をつなぎます。
<活動の状況>LINE相談の実施、若草ハウスの運営、まちなか保健室、企業や専門機関・行政と支援の現場をつなぐ活動(TsunAが~る)、若草メディカルサポート基金

■「まなぶ」
生きづらさを抱えた少女や若い女性たちの現状を理解し、複雑かつ複合的でデリケートな問題についての支援の方法を学ぶため、連続研修会を実施しています。また、支援者のためのマニュアルを発行しています。
<活動の状況>「女の子たちの今」を知り「信頼される大人」になるための連続講座開催、少女 若年女性を支援する人のためのハンドブック-若草プロジェクト支援マニュアル-発行

■「ひろめる」
少女や若い女性たちの問題の深刻さは、あまり社会で認知されていません。家出や援助交際、JKビジネスなどでは「自己責任」「モラルの低さが問題」と言われるばかりで、その背後にある貧困や虐待、性暴力、性搾取の罠などが見過ごされがちです。このため、シンポジウムや広報活動により、社会に広くこの問題を訴えます。
<活動の状況>シンポジウムの開催(毎年秋)、広報活動

所在地:東京都千代田区
活動の状況:シンポジウムの開催(毎年秋)、広報活動
URL:https://www.wakakusa.jp.net/ 

■eBay Japan合同会社の取り組み


多くの女性にご愛好いただいているeBay Japan合同会社は、若い女性への支援活動「MOVE by eBay Japan」を行っています、2022年5月から本格的に開始し、第1弾として、同社が運営する新ファッションサービス「MOVE」で発生する返品衣料品を新品同様の状態に再生し、若草プロジェクトが運営する支援プラットフォーム「TsunAが~る」にて、女性支援団体に寄贈する取り組みを実施しています。「MOVE by eBay Japan」の名称には、新たな1歩を踏み出す(MOVE)、映像で見るような楽しみ(MOVIE)、心を情熱的に動かす(MOVEMENT)、感動のある日々(MOVED)という4つの思いが込められています。

本社所在地:東京都港区港南 1-6-41 芝浦クリスタル 品川
事業内容:インターネット総合ショッピングモール「Qoo10」の運営
URL:http://www.qoo10.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Nov
28
今日の40代おしゃれコーデ

「今日の40代おしゃれコーデ」人気ランキングトップ5![11/01~11/15]

「今日の40代おしゃれコーデ」人気ランキングトップ5![11/01~11/15]

会員限定PRESENT

会員プレゼント

【一口分応募】STORY12月号20周年記念BIGプレゼント 〈FENDI, CHAUMET〉

会員プレゼント

【二口分応募】STORY12月号20周年記念BIGプレゼント 〈FENDI, CHAUMET〉

会員プレゼント

プーリア州発 「サン・マルツァーノワイン」3本セットを3名様にプレゼント!

会員プレゼント

【うねり髪に効果大】超微細泡「ナノバブル」を発生させるシャンプーを3名様にプレゼント!

会員プレゼント

QUOカード500円分を50名様にプレゼント【STORY experience「卒入」思い出アンケート】にご協力お願いします!

会員プレゼント

【オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ】TATAMIジュニアスイートの宿泊券(朝食付き1泊2名・1室、¥111,000相当)を1名様にプレゼント!

PICK UP