• TOP
  • Prtimes
  • 【日本は海外よりも浮気・不倫に対して手厳しい!?】社会心理学者に聞いてみた、浮気・不倫に対する日本人の捉え方の傾向とは
Prtimes調査レポート

【日本は海外よりも浮気・不倫に対して手厳しい!?】社会心理学者に聞いてみた、浮気・不倫に対する日本人の捉え方の傾向とは

株式会社RCL

約9割の社会心理学者が、日本人は海外よりも浮気・不倫報道に対して敏感に反応していると回答

RCL探偵事務所を運営する株式会社RCLは、社会心理学者を対象に、「浮気・不倫に対する日本人の捉え方の傾向」に関する調査を実施しました。

政治家や芸能人など有名人の浮気・不倫がスクープされると、たちまちインターネットに拡散されたり、ワイドショーで取り上げられたりして、炎上するケースが増えています。
もちろん、浮気・不倫は倫理的に許されることではなく、発覚すれば非難は免れないでしょう。
一方で、「空気を読む」という表現があるように、集団主義的心理や同調圧力が働きやすい日本社会では、浮気・不倫に対して過敏になりやすいのかもしれません。

近年、浮気・不倫報道が加熱している背景には、このような社会心理が関係しているのでしょうか?
社会心理学の観点から検証するには、専門家に聞いてみるのが最も確実な手段ですよね。

そこで今回、RCL探偵事務所を運営する株式会社RCLは、社会心理学者を対象に、「浮気・不倫に対する日本人の捉え方の傾向」に関する調査を実施しました。

浮気・不倫に対する日本人の捉え方が自分の見解とどれほど一致しているのか、確かめてみてください。

浮気・不倫報道が炎上するのは日本特有?

はじめに、日本人の浮気・不倫に対する反応に関して伺っていきたいと思います。

「日本人は有名人の浮気・不倫報道に対して海外よりも敏感に反応していると思いますか?」と質問したところ、9割近くの社会心理学者が『とてもそう思う(46.6%)』『ややそう思う(39.6%)』と回答しました。

日本人は海外と比べて有名人の浮気・不倫報道に対して敏感だ、と捉えている社会心理学者が非常に多いようです。
日本人は、海外よりも浮気・不倫という行為に寛容ではないのかもしれません。
このように、日本人が浮気・不倫報道に反応しやすい背景には、何か特有の社会心理が関わっているのでしょうか?

そこで、「敏感に反応するのは日本人の社会心理と関係していると思いますか?」と質問したところ、9割近くの社会心理学者が『大きく関係していると思う(42.0%)』『ある程度関係していると思う(45.5%)』と回答しました。

浮気・不倫報道に対して敏感に反応する要因として、日本人の社会心理の影響が大きいと考えられているようです。

では、浮気・不倫報道への過敏な反応はどのような社会心理によってもたらされているのでしょうか?

続いて、「日本人が浮気・不倫報道に対して敏感に反応する理由として近しいものはどれですか?(複数回答可)」と質問したところ、『集団主義的傾向が強いため(47.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『倫理観が高いため(37.0%)』『公正世界信念が強いため(34.6%)』と続きました。

集団主義的傾向が強いことから、日本人が浮気・不倫報道に対して敏感だと考える社会心理学者が多いようです。
また、倫理観の高さや公正な世界信念の強さも、浮気・不倫報道に敏感な理由として挙げられています。
一個人の考え方に留まらず、日本の社会全体において、浮気・不倫を厳しく糾弾する心理が働きやすいといえるでしょう。

ここで、浮気・不倫に対する日本人特有の捉え方について、具体的に聞いてみました。

集団主義や倫理観の高さから、浮気・不倫が批判されやすい!
・浮気・不倫が許容されにくい(40代/男性/愛媛県)
・日本人は外国人と比べて貞操観念が強く、浮気や不倫等のゴシップネタはとても関心が高い(40代/男性/埼玉県)
・倫理観が高く、他人の浮気や不倫を強く意識している(40代/男性/東京都)
・マスコミの過剰な報道や集団主義の国民性により、世論としてまとまってしまう(40代/男性/大阪府)

日本人は倫理観が高く、浮気・不倫に批判的になりやすいと考える社会心理学者が多いようです。
また、マスコミの報道や集団主義に影響され、浮気・不倫報道への非難が世論としてまとまってしまう一面もあります。
日本特有の社会心理が、浮気・不倫を許容しないという考え方をさらに強固にしているのかもしれません。

社会心理学から見る、浮気・不倫報道が注目される人・されない人の違い

日本人は、海外より浮気・不倫報道に対して敏感であり、その理由として日本の社会心理が大きく関係していると考える社会心理学者が多いことがわかりました。

一方で、全ての浮気・不倫報道が炎上するとは限らず、中にはあまり注目されないケースもあるでしょう。
では、浮気・不倫報道が注目される人とされない人には、どのような違いがあるのでしょうか?

そこで、「浮気・不倫報道が大きく注目される人とされない人の違いは、日本人の社会心理と関係していると思いますか?」と質問したところ、8割以上の社会心理学者が『大きく関係していると思う(40.6%)』『ある程度関係していると思う(45.6%)』と回答しました。

人によって浮気・不倫報道の注目度に差が出るのは、日本人の社会心理に関係していると考える社会心理学者が多いようです。
浮気・不倫報道の当事者が、日本人の社会心理的に非難されるタイプに当てはまると、浮気・不倫報道にも注目が集まりやすいのかもしれません。

ここで、浮気・不倫報道で注目される人とされない人の違いについて、社会心理学的観点から詳しく聞いてみました。

知名度や好感度が浮気・不倫報道への注目度を左右する!?
・有名人や政治家は注目される(40代/男性/東京都)
・知名度の違いに左右されると思う(50代/男性/千葉県)
・好感度が高いか低いかによる(50代/男性/大阪府)
・社会的に有名な人であるかどうかと、元々のイメージに左右される場合が多いと思う(50代/男性/東京都)

浮気・不倫をした当事者の知名度が高いほど、報道も大きく注目されると考える社会心理学者が多いようです。
また、好感度や世間から見たイメージも、浮気・不倫報道の注目度に影響を及ぼすと考えられます。
特に好感度の高い有名人だと、イメージとのギャップから浮気・不倫報道が大きく取り上げられるといえるでしょう。

社会心理学的観点で見ると、浮気・不倫の当事者の行動も海外とは違う?

ここまでの調査で、浮気・不倫報道が注目されるかどうかについても、日本人の社会心理と関係していると考える社会心理学者が多いことがわかりました。

有名人の浮気・不倫は、発覚後も当事者やされた側の行動について、よく話題になりますよね。
先述の通り、日本では海外よりも浮気・不倫報道に敏感だと捉えられていますが、浮気・不倫が発覚した後の当事者の行動も、海外とは違っているのでしょうか?

そこで、「浮気・不倫が発覚した後の当事者(浮気・不倫をした側)の行動について、海外と比べて違いはありますか?」と質問したところ、8割の社会心理学者が『大きな違いがある(33.2%)』『若干の違いがある(47.7%)』と回答しました。

浮気・不倫の発覚後に当事者が取る行動は、日本と海外で異なると考える社会心理学者が多いようです。
浮気・不倫をした側が謝罪会見を開いたり、活動を自粛したりするのは、日本人特有の行動といえるかもしれません。

では、浮気・不倫をされた側の行動については、日本と海外で違いがあるのでしょうか?

続いて、「浮気・不倫をされた側の行動について、海外と比べて違いはありますか?」と質問したところ、8割以上の社会心理学者が『大きな違いがある(35.7%)』『若干の違いがある(48.1%)』と回答しました。

日本と海外では、浮気・不倫をされた側の行動にも違いがあるようです。
浮気・不倫をされた側がどのように対応していくのかといった点に、日本社会ならではの傾向が見えてくるのではないでしょうか。

そこで、浮気・不倫が発覚した後の当事者とされた側には、それぞれ海外と比べてどのような違いがあるのか、具体的に聞いてみました。

日本の浮気・不倫の当事者たちは周囲に影響されて行動しがち!?
・日本の当事者は謝って復縁しようとするが、海外は開き直り堂々としている。また、日本では許してしまう人が海外と比べて多い(20代/男性/東京都)
・日本は感情的だが、海外は金銭で解決している(50代/男性/岐阜県)
・日本では、他人からどう思われるかを気にする(50代/男性/東京都)
・海外は個人主義なので、あくまで個人のこととして捉えるが、日本は外野が騒ぎたてて、謝罪させる(60代/女性/東京都)

日本では、浮気・不倫の当事者とされた側のどちらも周囲の目を気にして行動すると考えられているようです。
また、浮気・不倫に関して海外では割り切って対応しているのに比べ、日本人の行動は感情的になりやすいといえます。
さらに、マスコミの報道や日本の社会心理によって、浮気・不倫の当事者たちの行動が決定づけられるのかもしれません。

浮気・不倫への批判は今後さらに高まる!?

浮気・不倫が発覚した後、日本と海外では、当事者とされた側それぞれが取る行動に違いがあると考えている社会心理学者が多いことがわかりました。

日本では、海外と比較して浮気・不倫に対する行動が他者の目や感情論といった社会心理に左右されやすいといえます。
では、社会心理学的観点に立つと、今後さらに浮気・不倫に対する反応は厳しくなっていくのでしょうか?

そこで、「社会心理学的観点で見ると、日本は浮気・不倫に対して今後さらに厳しい目が向けられていくと思いますか?」と質問したところ、8割以上の社会心理学者が『とてもそう思う(34.6%)』『ややそう思う(47.3%)』と回答しました。

日本では、今後さらに浮気・不倫に対する批判が強まると考える社会心理学者が非常に多いようです。
浮気・不倫を許容しない日本社会の風潮が抑止力となれば、浮気・不倫報道も次第に減っていくかもしれません。

【まとめ】浮気・不倫報道の過熱は日本人特有の傾向!しかしそれが日本人の社会心理

今回の調査で、浮気・不倫報道が過熱する背景には、日本人の集団主義的傾向が関与している様子が明らかになりました。

そもそも、浮気・不倫はいかなる理由があっても決して許される行為ではありません。
しかし、実際には浮気・不倫報道が注目される人とそうでない人が存在し、日本人の社会心理が大きく影響しているようです。

また、浮気・不倫の発覚後に当事者同士がどのような行動を取るのかという面でも、日本と海外で違いがあります。
社会心理学的に見ると、日本では浮気・不倫の当事者同士が周りの目を気にして行動する傾向が強いようです。

海外と比較すると、日本の社会全体が浮気・不倫に対して敏感だといえます。
このような日本特有の社会心理を踏まえて、万が一浮気心が芽生えたとしても、しっかりと立ち止まって考え直し、自制する意識が大切です。

浮気の調査をするなら「RCL法律事務所」

今回、「浮気・不倫に対する日本人の捉え方の傾向」に関する調査を実施した株式会社RCLは、RCL探偵事務所https://rcl-tantei.com/)を運営しています。

東京都内で探偵として長年多くの浮気調査、家族問題に携わった探偵調査員、離婚カウンセラーが弁護士事務所とタッグを組んで様々な問題を解決しています。
探偵ならではの夫婦間・親族間の浮気・不倫、家出、人探しを中心に、婚前調査や信用調査などもお任せください。

【RCL探偵事務所が選ばれる6つのポイント】
1:実績のある顧問が多数在籍

テレビ出演もされていた丸山和也弁護士やリポーターの東海林のり子をはじめとした、名実ともに備えた顧問が多数在籍!

2:経験豊富なカウンセラー
調査中・調査後もカウンセリングは無料です。
全員がNPO法人 日本家族問題相談連盟認定の「離婚カウンセラー」の資格を持っているので、安心して悩みを相談していただけます!

外国人の方で日本語が流暢でないなどの理由でご相談をためらっている方のためにRCLでは英語が堪能な相談員を配置しています。
英語のほうが話しやすいという方はこちらの英語専用お問い合わせフォームからご相談ください。なお契約に際しては日本語のわかる方の同席が必要の場合がございます。

■英語専用お問い合わせ:https://rcl-tantei.com/info2/english.html

3:成功報酬を可能にした調査能力
社員雇用した10年以上のベテランを中心に女性探偵や警察OBなど優秀な探偵調査員が在籍!
さらに最新ハイテク機材を駆使した高い調査能力を誇ります。

4:全国13か所の相談室
東京6か所、神奈川・千葉・埼玉・大阪・仙台・福岡・札幌など全国各地に相談室を配置。

相談室一覧:https://rcl-tantei.com/area/
東京本部(港区):https://rcl-tantei.com/area/tokyo/minato-ku/
東京三田分室:https://rcl-tantei.com/area/tokyo/minato-ku/mita/
東京駅相談室(日本橋):https://rcl-tantei.com/area/tokyo/cyuo-ku/
池袋相談室:https://rcl-tantei.com/area/tokyo/toshima-ku/
新宿相談室:https://rcl-tantei.com/area/tokyo/shinjyuku-ku/
立川相談室:https://rcl-tantei.com/area/tokyo/tachikawa/
横浜相談室:https://rcl-tantei.com/area/kanagawa/
大宮相談室:https://rcl-tantei.com/area/saitama/
千葉相談室:https://rcl-tantei.com/area/chiba/
仙台相談室:https://rcl-tantei.com/area/miyagi/
大阪相談室:https://rcl-tantei.com/area/osaka/
福岡相談室:https://rcl-tantei.com/area/fukuoka/
札幌相談室:https://rcl-tantei.com/area/hokkaido/sapporo/

5:メディア実績
テレビ、雑誌など多数のメディアで取り上げられています。

メディア掲載情報一覧:https://rcl-tantei.com/info2/media.html

「新・大人の時間」
TVでおなじみのリポーター東海林のり子とRCL顧問の岡野あつこがMCで毎回、芸能人や著名人をゲストに迎えてのトーク番組です。
出演ゲストがRCL探偵事務所のサイトに掲載OKと信用をいただいています。

ゲスト一覧・動画はこちら:https://rcl-tantei.com/tv-otona/

■取材依頼はこちらまで:https://rcl-tantei.com/form/
■TEL:03-5730-2525

6:お客様のニーズに合わせたプラン

■時間の払い戻しが可能な「時間制」安心プラン
お客様に調査時間を決めて頂く定額プラン!
調査で余った時間は払い戻しが可能です。

■証拠が撮れなければ0円の「完全成功報酬」プラン
不貞の証拠が撮れなければ、費用は一切かかりません!

ひとりで悩まず、RCL探偵事務所(https://rcl-tantei.com/)にご相談ください。

■RCL探偵事務所:https://rcl-tantei.com/
■TEL:03-5730-2525(代表)
■お問い合わせTEL:0120-060-783(365日24時間相談無料)
■お問い合わせURL:https://rcl-tantei.com/form/
■英語専用お問い合わせ:https://rcl-tantei.com/info2/english.html

調査概要:「浮気・不倫に対する日本人の捉え方の傾向」に関する調査
【調査期間】2022年9月21日(水)~2022年9月22日(木)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】社会心理学者
【調査対象】298人
【モニター提供】ゼネラルリサーチ

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Nov
30
今日の40代おしゃれコーデ

ピンクとパープルのキュートカラーは、40代の“大人映え”に◎

ピンクとパープルのキュートカラーは、40代の“大人映え”に◎

会員限定PRESENT

会員プレゼント

【一口分応募】STORY12月号20周年記念BIGプレゼント 〈FENDI, CHAUMET〉

会員プレゼント

【二口分応募】STORY12月号20周年記念BIGプレゼント 〈FENDI, CHAUMET〉

会員プレゼント

プーリア州発 「サン・マルツァーノワイン」3本セットを3名様にプレゼント!

会員プレゼント

【うねり髪に効果大】超微細泡「ナノバブル」を発生させるシャンプーを3名様にプレゼント!

会員プレゼント

QUOカード500円分を50名様にプレゼント【STORY experience「卒入」思い出アンケート】にご協力お願いします!

会員プレゼント

【オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ】TATAMIジュニアスイートの宿泊券(朝食付き1泊2名・1室、¥111,000相当)を1名様にプレゼント!

PICK UP