• TOP
  • Prtimes
  • 薄毛の印象に関する実態調査 77.4%の人が薄毛でいるのを1年も我慢できない!という結果に
Prtimes調査レポート

薄毛の印象に関する実態調査 77.4%の人が薄毛でいるのを1年も我慢できない!という結果に

株式会社薄毛の窓口

~約4人に1人は髪の毛に1本1万円以上の価値を感じているという驚きの結果に!~

株式会社薄毛の窓口(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長 山本祐司、以下薄毛の窓口社)は10月20日の頭髪の日に合わせて薄毛に関する実態調査のため、10代~70代の男女600名を対象に、インターネット調査にてアンケート調査を実施致しましたのでお知らせ致します。

調査サマリ

調査概要

※本リリースの調査結果・グラフをご利用頂く際は、必ず「薄毛の窓口調べ」とご明記ください。

調査背景について

 高齢化がすすむ日本において、薄毛に悩む人は年々増加を続けており、薄毛に悩む人は男性だけでも1800万人、国内のヘアケア市場は4500億円にものぼると言われています。しかし薄毛に関する悩みの度合いは人それぞれであり、誰にも相談ができず悩んでいるという声も多数あります。今回10月20日の頭髪の日に合わせて薄毛に関する印象の実態を明らかにするために10代~70代の全国の男女 600名を対象にインターネット調査を実施致しました。

調査結果について

 

 10代~70代の全国の男女 600名を対象としたアンケート調査の結果、もし薄毛になったとしたら我慢できる期間について「まったく我慢できない」と答えた人は37.2% 薄毛でいるのを我慢できる期間が1年未満の人の合計は77.4%にとなり多くの人が薄毛の期間が続くことに抵抗感をもっている実態が明らかとなりました。また、今後髪の毛が生えてこないとすると、「自分の髪の毛を1本1万円以上で売る」と答えた人の割合は約4人に1人の24.1%にのぼるという結果となり、自分の髪の毛に大きな価値を感じていることがわかりました。

 薄毛と同じく多くの人が悩みを抱えている肥満については食生活や、生活習慣といった生活様式に責任があると考えている人の比率が8割近くあるのに対して、薄毛に関しては遺伝が原因と答えた人の割合が9割近くにあがるなど、肥満と異なり薄毛については、遺伝のような外部の要因に責任があるととらえている人が多いことがわかりました。

 髪が薄くなってきたことを誰に指摘されると傷つくと思うかという質問に対しては、「恋人・配偶者」に薄毛になっていることを指摘されると傷つくと回答した人が30.2%で最多という結果となり、身の回りの親しいパートナーからのふとした指摘や発言が核心をついて傷ついてしまうという声がよせられました。また、理容師や美容師に薄毛を指摘されると傷つくと答えた人は4.2%という結果となり、頭髪に関して専門性のある職業の方に指摘をされたことで薄毛の改善に向けてアクションがしやすくなったというエピソードが多数見られました。
また坊主のオジサン男性を見たらどう思いますか?という質問については、「清潔感がある」(28.2%)、「オシャレ」(23.2%)、と好感触を持つ人がいる一方で、「薄毛をごまかしている」(19.5%)という印象を持つ人が約5人に1人いるかたちとなり、坊主姿の中年男性から無意識のうちに薄毛を連想してしまっている実態が明らかとなりました。

寄せられた 薄毛に気がついたときのエピソード

アンケートで寄せられた自身の薄毛について気がついたエピソードでは下記のような声が寄せられました。

株式会社薄毛の窓口  代表取締役社長山本祐司のコメント

 

 今回、頭髪の日に合わせて実施した薄毛に関する実態調査の結果、薄毛に関する様々な実態が明らかとなりました。一般的に人間の毛髪量は平均10万本と言われており、今回の調査結果である「髪の毛がもう生えてこないとしたら1本1万円以上なら自分の髪の毛を売る」というデータに基づくと、多くの人々が自らの毛髪には10億円近くの価値を感じているということになります。髪は女の命という言葉がありますが、まさに髪は性別関係なく誰しもにとってかけがいのない大切な命や人生そのものともいえるのではないでしょうか。また自分の薄毛のことを指摘される際に、「恋人・配偶者」や「友人」からの指摘で傷つくと考える人が多く、「理容師・美容師」から指摘されることの方が精神的ダメージが少ないという結果は意外な結果でした。普段から髪の毛に触れることの多い専門家の方から指摘された方が自分の薄毛について適切に現状を捉えて考え始めるきっかけになるということなのだと思います。美容師や理容師側からは薄毛についてお客様にはなかなか伝えにくいと感じてる側面もあるかもしれませんが、積極的に薄毛である事実を伝えて対策方法やアドバイスのコミュニケーションを取ることがお客様にとっても改善に踏み出す一歩となる大切なことかもしれません。10月20日の頭髪の日に今回の調査結果を通じて今一度自分の髪の毛のことを大切に考えるきっかけとしていただけたら幸いです。

自毛植毛について

 自毛植毛は自分の後頭部の髪を生え際や頭頂部などの「薄毛の気になる部位」に移植させる言わば「髪のお引越し」です。老化に伴い、私達の頭髪はだんだん薄くなっていきます。特にM字ハゲと呼ばれるような生え際の後退や薄毛は「実は気にしていた」と思っている方も身の回りに少なからずいらっしゃるのではないでしょうか? M字ハゲなどの代表的な薄毛の症状としてAGA(男性型脱毛症)と呼ばれるものがあります。実は生え際や頭頂部の毛根はAGAの影響によって将来薄毛になってしまう毛根ですが、逆に側頭部や後頭部の毛根はAGAの影響を受けません。自毛植毛はその性質に注目し生まれた施術です。後頭部から採取した毛根を生え際にお引越しさせることで、元々の後頭部の毛根の性質を保ったまま生えてくるので、移植した箇所はAGAによって薄くならないという特徴があります。

株式会社薄毛の窓口について

株式会社薄毛の窓口とは 代表山本が昔、若ハゲに悩んでいた際に中国に行き自毛植毛によって1年で薄毛を克服して感動したことをきっかけに「たった1年でハゲを卒業できる世の中にする」というビジョンのもと生まれた会社です。技術レベルが高く、日本よりも2~3倍治療費が安い海外のクリニック(中国・マレーシア・トルコ)と提携し、海外で自毛植毛する方のサポート業務を行なっています。また、トルコで植毛した「いしだ壱成」をはじめ、海外で植毛した方の経過の様子などをYouTube(ハゲリーマンちゃんねる)にて情報発信をしています。

会社概要

会社名 株式会社薄毛の窓口
代表者 代表取締役社長 山本祐司
設立 2021年9月1日
本社所在地 神奈川県横浜市港南区笹下1丁目-9-4 503
事業内容 薄毛対策の相談業務、海外植毛のサポート業務
会社URL https://usugenomadoguchi.com/
YouTube URL https://www.youtube.com/channel/UCw15b1TMghHCXBdKOe05Xcw
LINE公式アカウント http://nav.cx/T3Q2H4

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Nov
28
今日の40代おしゃれコーデ

「ハイウエスト太パン」なら、どんなトップスでも着映えが叶う

「ハイウエスト太パン」なら、どんなトップスでも着映えが叶う

会員限定PRESENT

会員プレゼント

【一口分応募】STORY12月号20周年記念BIGプレゼント 〈FENDI, CHAUMET〉

会員プレゼント

【二口分応募】STORY12月号20周年記念BIGプレゼント 〈FENDI, CHAUMET〉

会員プレゼント

プーリア州発 「サン・マルツァーノワイン」3本セットを3名様にプレゼント!

会員プレゼント

【うねり髪に効果大】超微細泡「ナノバブル」を発生させるシャンプーを3名様にプレゼント!

会員プレゼント

QUOカード500円分を50名様にプレゼント【STORY experience「卒入」思い出アンケート】にご協力お願いします!

会員プレゼント

【オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ】TATAMIジュニアスイートの宿泊券(朝食付き1泊2名・1室、¥111,000相当)を1名様にプレゼント!

PICK UP