• TOP
  • Prtimes
  • NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」「どうする家康」をより深く楽しめるようになる新刊『武士とは何か』(呉座勇一/新潮選書)を10月27日に発売します!
Prtimes商品サービス

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」「どうする家康」をより深く楽しめるようになる新刊『武士とは何か』(呉座勇一/新潮選書)を10月27日に発売します!

株式会社新潮社

源頼朝・北条義時から、織田信長・徳川家康まで、中世武士ら33人の名言・暴言・失言から「アナーキーな本質」を描く瞠目の一冊!

 48万部を突破するベストセラー『応仁の乱』を著した人気歴史学者、呉座勇一さんの新刊『武士とは何か』(新潮選書)を、10月27日(木)に新潮社より発売します。
 平安後期から戦国時代にかけて、政治・社会の中心にいた中世武士。しかし、彼らがいったいどのような行動原理を持ち、どのような思考様式を持った存在なのかは、実のところあまり知られていません。武士と言えば、『葉隠』や『武士道』で描かれた忠義第一の侍たちを思い浮かべる人も多いでしょう。ところが、日常的に戦闘や殺生を繰り返していた中世武士のメンタリティーは、そのような江戸時代のサラリーマン的な武士のものとはまったく異なっていました。

 そこで本書では、史料に残された名言、暴言、失言を手がかりに、知られざる中世武士の本質を読みといていきます。そこからは、想像以上にアナーキーで、ワイルドで、イキイキとした、魅力的な侍たちの姿が浮かび上がります。


●33人の名言・暴言・失言を、人気歴史学者が分かりやすく読み解きます。
1 源義家「降人というは戦の場を逃れて、人の手にかからずして、後に咎を悔いて首をのべて参るなり」
2 平時忠「この一門にあらざらん人は、みな人非人なるべし」
3 藤原定家「紅旗征戎、吾が事にあらず」
4 平清盛「頼朝が首を切りて、我が墓の上に懸けよ」
5 源義経「関東において怨みを成すの輩は義経に属すべし」
6 源頼朝「日本国第一の大天狗は更に他の者に非ず候か」
7 畠山重忠「謀反を企てんと欲するのよし風聞せば、かえって眉目というべし」
8 源実朝「源氏の正統、この時に縮まりおわんぬ」
9 北条政子「その恩、既に山岳より高く溟渤より深し」
10 北条義時「君の御輿に向いて弓を引くことはいかがあらん」
11 後鳥羽上皇「およそ天下の事、今においては御口入に及ばず」
12 北条泰時「兄の思う所、建暦・承久の大敵に違うべからず」
13 竹崎季長「虚誕を申し上げ候わば、勲功を捨てられ候て首を召さるべく候」
14 金沢貞将「我が百年の命を棄て、公の一日の恩に報いる」
15 後醍醐天皇「朕が新儀は未来の先例たるべし」
16 足利尊氏「この世は夢のごとくに候」
17 北畠親房「一命を以て先皇に報い奉る」
18 一条経嗣「愚身ひとえに諂諛をもって先となす」
19 山名宗全「例という文字をば、向後は時という文字にかえて御心得あるべし」
20 細川政元「正体無き者は王とも存ぜざる事なり」
21 斎藤道三「山城が子共、たわけが門外に馬を繫ぐべき事、案の内にて候」
22 今川義元「自分の力量を以て国の法度を申付く」
23 毛利元就「ただただ三人御滅亡と思し召さるべく候」
24 上杉謙信「信玄ははかりごとある人にて、法師武者を大勢仕立ておかれ候」
25 織田信長「日向守(明智光秀)働き、天下の面目をほどこし候」
26 明智光秀「仏のうそをば方便と云い、武士のうそをば武略と云う」
27 森蘭丸「父が討死の跡にて候えば坂本を賜れ」
28 豊臣秀吉「秀吉若輩之時、孤と成て、信長公の幕下に属す」
29 黒田長政「今になりて、我等が分別、鑓先にあり」
30 徳川家康「万一負け候わば、弔い合戦すべしと人数を揃え上って能く候わん」
31 石田三成「大将をする者は命を全うして、後日の合戦を心に懸る也」
32 真田信繁「忠義に軽重なし、禄の多少によるべきや」
33 伊達政宗「奪うべき時節だに身に授からぬ天下なれば望みなし」


●著者コメント
私もNHK大河ドラマは大好きで、『鎌倉殿の13人』は毎回観ていますし、来年の『どうする家康』も楽しみにしています。ドラマに登場するエピソードや名言の中には、歴史的事実ではなく後世に創作されたものも多いですが、エンタメとして面白がる際には何の障害にもなりません。むしろ、歴史ロマン(歴史ファンタジー)と歴史学の研究成果との差異を意識しながら鑑賞すると、ますます深くドラマを楽しめるようになると考えています。だからこそ、大河ドラマを楽しむ人たちに歴史学の魅力を知ってもらいたい。本書をきっかけに、歴史の新しい楽しみ方を発見していただければ、これに勝る喜びはないと思っています。

呉座勇一氏近影
●著者紹介
1980年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業。同大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。専攻は日本中世史。現在、信州大学特任助教。主な著書に『戦争の日本中世史』(新潮選書、角川財団学芸賞受賞)、『応仁の乱』(中公新書、48万部突破のベストセラー)、『陰謀の日本中世史』『戦国武将、虚像と実像』(いずれも角川新書)、『頼朝と義時』(講談社現代新書)、『日本中世への招待』(朝日新書)、『一揆の原理』(ちくま学芸文庫)、『日本中世の領主一揆』(思文閣出版)など。

●書籍データ
【タイトル】武士とは何か
【著者名】呉座勇一
【発売日】2022年10月27日(木)
【造本】新潮選書(四六判変型ソフトカバー)
【本体定価】1,650円(税込)
【ISBN】978-4-10-603890-7
【URL】https://www.shinchosha.co.jp/book/603890/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Dec
1
今日の40代おしゃれコーデ

暗めコートの間からのぞく、パステルイエローのバッグが垢抜けのポイント

暗めコートの間からのぞく、パステルイエローのバッグが垢抜けのポイント

会員限定PRESENT

会員プレゼント

【うねり髪に効果大】超微細泡「ナノバブル」を発生させるシャンプーを3名様にプレゼント!

会員プレゼント

QUOカード500円分を50名様にプレゼント【STORY experience「卒入」思い出アンケート】にご協力お願いします!

会員プレゼント

【オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ】TATAMIジュニアスイートの宿泊券(朝食付き1泊2名・1室、¥111,000相当)を1名様にプレゼント!

会員プレゼント

パッと華やげる攻めニットを計8名様にプレゼント!

PICK UP