• TOP
  • Prtimes
  • 70%以上の女性が「ウェディングブーケを残したい」と回答『ウェディングブーケの長期保存』に関するアンケート結果
Prtimes調査レポート

70%以上の女性が「ウェディングブーケを残したい」と回答『ウェディングブーケの長期保存』に関するアンケート結果

シンフラワー 株式会社

結婚式のブーケやプロポーズの花束をドライフラワーや押し花で保存加工サービスを行う「シンフラワー」調べ

ウェディングブーケやプロポーズの花束をドライフラワーや押し花で保存加工するシンフラワー株式会社(本社:岡山県岡山市、東京オフィス:東京都港区虎ノ門、以下 シンフラワー)は、独身女性300名に「ウェディングブーケの長期保存」に関するアンケート調査を実施しました。


本調査の結果の詳細は、下記ページにてご確認いただけます。

■アンケート調査概要
調査対象    : Webアンケートに回答いただいた独身女性
調査人数    : 300名
調査時期    : 2022年10月
URL       : https://www.xing-flower.com/blog/14141.html
公式ホームページ: https://www.xing-flower.com/

幸せあふれる結婚式を華やかに彩るウェディングブーケは、決して“その場限り”のアイテムではありません。押し花やドライフラワーなどに保存加工することで、その美しさを長期的に維持したままで保管できます。

どのような仕上がりとなり、どのくらいの期間保存できるのか?そして女性はウェディングブーケのその後について、どのように考えているのか?など、ウェディングブーケの保存に関するアンケート調査を交え、考察していきます。

【結婚式のブーケを長期保存する方法】

結婚式に欠かせない演出のひとつであるウェディングブーケ。輝かしい未来への門出を象徴するようなメモリアルなアイテムですが、その美しさを保ったままで大切に長期保存できることはご存知でしょうか?

押し花に加工して額に飾ったり、特殊な加工を施してガラスボトルにレイアウトしたりと、ウェディングブーケは「アフターブーケ」と呼ばれることもあるように、長期的な保存が可能です。

結婚後の新居を彩るインテリアとして、ウェディングブーケを美しく飾るのも素敵ですよね。

70%以上の女性が「結婚式のブーケを残したい」と考えている

ウェディングブーケの保存について検討するうえで、まずは女性の考えについて知っておきましょう。

▼メモリアルなウェディングブーケ、長期保存できることを知っていますか?
・知っている :38.7%
・知らなかった:61.3%

ウェディングブーケを長期保存できることを「知っている」という女性は、意外にも女性全体の4割未満にとどまります。まったく認知されていないという水準ではありませんが、「保存」の選択肢は女性にそれほど浸透しているわけではありません

その一方で、「結婚式のブーケを残したいか?」という質問では、その割合は逆転します。


▼結婚式のブーケを残したいと思いますか?
・思う:71.3%
・思わない:28.7%

70%以上の女性が結婚式のブーケを「残したい」と回答しています。

つまり、ブーケを長期保存できることや、その手法を認知していなかっただけであり、その選択肢を知ると多くの女性は前向きに捉える傾向を見て取れます。

「思い出として、ウェディングブーケを大切に残さないか?」と提案すれば、多くの女性は嬉しく思うことでしょう。

では、女性がブーケを「残したい」と考える理由には、どのような心理がはたらいているのでしょうか? 目立ったのは、思い出のアイテムを「形として」残したいという意見です。

人生の中で最も幸せな瞬間であるだろう時のブーケをいつまでも保存しておけることが魅力的に感じました。何年経っても「あの時こんな気持ちだったな」と思い返すことができるのではと思い、残してみたいと思いました。 /32歳

第1は、結婚式の思い出になるから。こんなお花があったね。式会場の雰囲気はこんなだったね。と思い出す時間になるかもしれないから。また、お花はわざわざでないと買わないため、せっかく可愛く残せるものなら残しておきたい。 /24歳

ブーケを写真や動画に残すことも今の時代は簡単にできるからこそ、形として手元に残しておきたいと思うから。 /33歳

人生一度きりの結婚式で、ドレスは残せないが、ブーケは形で残すことができ、インテリアにもなるから。 /26歳

一方、ブーケを「残したくない」と考える女性の意見にも目を向けてみましょう。

結婚式当日の気持ちや空間が大事なのであって、花そのものをとっておく必要は必ずしもないと思う /32歳

その場限りだからこそ大切に扱うことができると思っているため。 /34歳

ブーケを保存することに前向きになれない女性からは、「結婚式というその日を大切にしたい」「その場かぎりで奇麗に咲いているからこそ素敵」という意見が聞かれます。

また、「ブーケ制作にかかる費用はいくらなのか?」「インテリアとして機能するのか?」など、疑問を抱く女性もいます。

前述のように、ブーケの保存に前向きな気持ちや憧れを抱く女性は7割以上と多くを占めますが、当然ながら結婚式の主役は新郎・新婦のふたりです。彼女の意見や考えを尊重することは不可欠でしょう。

ブーケ保存の特性や意味、実際の事例などを理解したうえで、2人で判断することが大切です。

ブーケを残すなら「インテリア性」と「保存期間」が重要

実際にウェディングブーケを保存するにあたり、女性が重視しているポイントを確認していきましょう。


▼結婚式のブーケを残すにあたり、重視したいポイントは?
・デザイン性・インテリア性の高さ:58.0%
・保存期間の長さ:53.0%
・値段の安さ:32.3%
・サービス事業者の評判や口コミ:9.7%

女性がもっとも優先して考えているポイントは、「デザイン性・インテリア性の高さ」と「保存期間の長さ」です。この2つの選択肢はともに過半数以上を占めています。

その一方で「値段の安さ」についてはそれほど重要視されていません。

つまり、「多少費用がかかっても構わないので、素敵なものを長く残したい」というニーズが見て取れます。大切な結婚式の思い出と考えると、当然の結果ともいえるかもしれません。

押し花にして額に飾ったり、ガラスボトルに入れて立体的に残したりと、女性が希望するデザイン性・インテリア性を叶える保存方法にはさまざまな手段が考えられます。ブーケ保存の事例や、保存期間について深掘りしていきましょう。

永遠の美しさをレイアウトできる人気No.1「押し花」


まず検討したいのは、花束を平面上に乾燥させて保存する押し花です。

乾燥技術や保存方法の進歩によって、押し花は従来よりも高品質に花の持つ美しさを保存できるようになっています。完成した後のメンテナンスも不要で、半永久的に花束の全体像を残せるとわかれば、女性も安心できるでしょう。

長ければ30年以上もの間、色落ちのない奇麗な状態を保てるほか、流れる時のなかでその表情が変わっていく風情を楽しめることから、花束の保存方法としてもっとも人気があります。

壁に掛けたり、棚に立てかけてディスプレイしたりと、飾る場所に困らないこともメリットです。

「Grande」→https://www.xing-flower.com/shopping/grande

ガラスフレームに立体的なブーケの姿を再現する「ボトルブーケ」

ガラスのボトル内に、水分だけを取り除いた花を立体的に保存するボトルブーケ。

30年以上もの長期間にわたり、花そのままの形や色を楽しめる加工方法で、結婚式当日に新郎・新婦が持つブーケをアレンジする方法としても定着しています。

ボトルブーケの魅力は、花が本来持つ色の鮮やかさや咲いている姿をそのままの形で残せること。華やかさはもちろんのこと、そのボリューム感も変わらずパッケージできます。

「Harmony」→ https://www.xing-flower.com/shopping/harmony

額縁のレイアウト性能と立体保存を両立する「3Dブーケ」

押し花とボトルブーケ、両者のメリットを併せ持つ保存方法が「3Dブーケ」です。ボトルブーケと同様に乾燥剤による花への加工を施すことで、花本来が持つ色や形状を30年以上楽しめます。

花束の形を額縁に残すことができるため、ブーケの圧倒的な華やかさをそのままインテリアに反映できます。

「Venti」→ https://www.xing-flower.com/shopping/venti

東京で持ち込みも可能!シンフラワーのブーケ保存サービス


ウエディングブーケやプロポーズの花束などの保存は、オーダーメイドの花束保存加工専門店・シンフラワーにおまかせください。

・結婚式場、ホテルからの持ち込みも可能

プロポーズで使われることの多い高級ホテルや、人気の結婚式場が立地する、港区虎ノ門サロンへのブーケ持ち込みを承っています。ぜひ挙式の翌日に、お花の鮮度を保ったままお持ちください。

・来店予約に対応

来店予約に対応し、確実な受付を承ります。実際の制作サンプルを確認しながらの事前お打ち合わせにも対応します。

住所:東京都港区虎ノ門五丁目11番1号 オランダヒルズ森タワーRoP 12F
アクセス:東京メトロ日比谷線「神谷町」駅 2番出口より徒歩約1分

来店ご予約ページ:https://www.xing-flower.com/blog/notice/7709.html

大切な思い出を永遠のものにするブーケ保存


独身女性を対象にした意識調査アンケートなど、ブーケの長期保存にまつわる情報をあらゆる角度から紹介しました。

ブーケの保存自体の認知度は、まだまだ浸透しているとはいえないかもしれません。しかし一度その選択肢を知れば、多くの女性が前向きな意思を抱くことを示したアンケート結果は、印象的なものであったかと思います。

裏を返せば、結婚式の思い出を残せるブーケ保存の魅力を知らないままに、結婚式を迎えているカップルは非常に多いということです。

結婚式の素敵な思い出は、できるだけ美しい形で残しておきたいもの。
大切なウェディングの思い出を形として残すことを検討してみてください!

本調査の結果の詳細は、下記ページにてご確認いただけます。
URL: https://www.xing-flower.com/blog/14141.html

【シンフラワー株式会社について】
シンフラワーはブーケやプロポーズの花束の保存加工専門店です。

花嫁様が結婚式で使った生花の花やプロポーズの花束を、特殊なドライフラワーの加工や押し花加工で半永久的に保存します。保存方法はガラスや3D(立体)額、押し花など、40種類以上の中から制作が可能で、種類の豊富さが特徴です。最近はプロポーズの花束で108本のバラを残す特注額での制作依頼も増えております。

会社名 : シンフラワー株式会社(xing-flower)
事業内容: ・ボトルブーケ・3Dブーケ・押し花ブーケの制作・ブライダルブーケやプロポーズの花束(生花)を半永久的に保存するフラワー加工
公式HP: https://www.xing-flower.com/

<保存加工商品一覧>
https://www.xing-flower.com/shopping

<立体ドライフラワー>
・ボトルブーケ
https://www.xing-flower.com/shopping?series=bottle

・3Dブーケ
https://www.xing-flower.com/shopping?series=3d

・クリスタルフラワー
https://www.xing-flower.com/shopping?series=crystalflower

<押し花>
https://www.xing-flower.com/shopping?series=pressed

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Jan
31
今日の40代おしゃれコーデ

カラーカーディガンで春っぽさを取り入れて

カラーカーディガンで春っぽさを取り入れて

会員限定PRESENT

会員プレゼント

Zuvi Halo ヘアドライヤーを1名様にプレゼント!

会員プレゼント

【The Tsubaki Tower】の宿泊券(カメリアルーム・朝食付き1泊2名・約¥100,000相当)をプレゼントします!

PICK UP