Prtimes商品サービス

SNSを活用したインフルエンサー達による全く新しいアパレルブランド『Sylph』「InstagramとEC間のシームレスな送客システムの開発について」

株式会社 Sylphid

InstagramとEC間のシームレスな送客システムの開発について

株式会社シルフィード(東京都渋谷区神宮前4-21-7エスパス表参道302、代表取締役社長:竹内裕美子)はファッションブランド『Sylph(シルフ)』の新機能「InstagramとECサイトの送客システム」の運用を開始いたしました。

sylph(シルフ):ECサイト総合トップページ
https://sylph-ec.com/
服飾業界のあり方が日々変化しつつある昨今において、Sylphでは自社ブランドの訴求方法にInstagramを活用した新しい運用方法を提案いたします。

【企画背景】
SylphはこれまでSNSを活用する考えのもと、様々なインスタグラマーと共同し服のデザイン・制作・販売などを進めて参りました。その中でInstagramを流入源とした顧客の購買率が徐々に高まり、最近では集客の過半数がInstagramになるまで成長いたしました。そこで今後、消費者であるInstagramユーザーとSylphが、どうすればより強くエンゲージメントを築けるのかが課題となりました。

【As is – これまでの仕組み】
現行のInstagramの仕様は、基本的に投稿に#(ハッシュ)が付与されるのみで、URL情報は貼れないものとなっています。URLから遷移してもらうためには、公式アカウントからリンクをクリックしてもらう他ありません。また、インスタグラマーがSylphの服と一緒に撮影した写真を投稿した際も、結果として「なんの服を着ているのか、詳細はどういうものなのか」「どこで手に入るのか」「幾らなのか」といった情報を提供することは非常に困難です。また折角Instagramに投稿された写真も、SNSのフィードにどんどん流されてしまうため、アーカイブとしてのアセット化も望めない現状です。結果として『ECのサイト内にはInstagramのURLが貼られているだけ』で、一方『Instagramにはアカウントのプロフィール内にECサイトのURLが掲載されているのみ』という状況の改善はなされてきませんでした。

【To be – Sylphの提案する新たなシステム】
Sylphは上記のInstagramとECサイトの間にある問題を本質的に解消するため、これまでにはなかった「シームレス (継ぎ目のない、スムーズな) 」な仕組みを構築しました。これからはInstagramに投稿された情報はECサイトの中に保存され、消費者はその写真がどの商品を紹介しているものなのかを簡単に知り、購買の決定に活かしていくことが可能になります。

「SylphのInstagram活用の仕組み」
1. Instagramに投稿された写真をECサイト内にまとめて掲載
インスタグラマーやユーザーが「#bonnsylph」とハッシュタグをつけて投稿した写真が、ECサイト内のインスタボード (特設エリア) の中に表示される仕組みです。Instagramに投稿された写真は、まず弊社の管理画面の中にデータとして蓄積されます。そこで写真を検閲をした上で承認すると、当ボードに自動的に掲載される仕組みです。

2. 各投稿写真と服の詳細を紐付ける

投稿された写真を単にECサイト内のボードに掲載するだけでは、結果として消費者の購買には繋がりませんでした。そこで各投稿写真に「どの服を着用した写真なのか」という商品詳細を掲載する機能を追加しました。また、当詳細エリアより、商品下層ページに直接遷移することが可能になります。これにより消費者は、Instagramで投稿された「本質的なコーディネート写真」を見ながら、どの商品を買おうかカタログ的に閲覧することができるようになります。

3. 各投稿写真を、商品下層ページへと紐付け

例えば人気のワンピースがあったとして、そのワンピースを着用した写真がInstagramに複数枚投稿されていたとします。その際、このワンピースに関連した投稿写真がすべて「自動的に整理され、一括で表示」される仕組みがあれば、消費者にとっての検索性がより増すのではないかと考えました。そこで、上記2で写真と商品を紐付けると、自動的に商品の下層ページにも同様に写真が紐付けられるシステムを構築しました。下記の参考画像には、「着こなし紹介」のエリアに5枚のコーディネート写真が掲載されています。これは当ワンピースに対し、Instagramの投稿写真が5枚紐付けられた状態であることを意味しており、着こなし紹介からInstagramのページへと遷移することも可能です。

これら3つの新機能を用いて、InstagramとECサイト間のシームレスな連携を行うとともに、裏側のシステムを自動化することで可能な限り運用コストを下げていく考えです。

【最後に】
昨今のSNSの隆盛によって、情報発信の方法は様々な場面で見直されつつあります。服飾業界も然りで、例えば「誰が紹介してたから買う、誰がオススメしてたから良い」と言うように、受信者と発信者のリレーションシップがより密接になってきたものと実感します。
中でも当業界におけるInstagramの存在は顕著で、いかにInstagramからの集客を最大化するかが、事業収益の期待値に正比例している現状です。
Instagramをうまく活用する上で最大の課題は「シームレス (継ぎ目のない・スムーズな) 」な仕組み作りの難しさにあると感じました。
SNSで投稿された様々な写真を、自社サイトのアセットとしていかにアピールしていくかが重要なポイントであると考えています。

今後益々Instagramやインスタグラマー発信の人気商品が出てくるであろう中で、受信者(消費者・お客様)と発信者(Sylph・インスタグラマー)の距離がより近くなり、受信者である皆様のお声を、商品の企画や改善に繋げていきやすい土壌が作られることを願っています。

【Sylphからのお願い】
1) メディア関係者様へ
Sylphは今後も歩みを緩めることなく、服飾産業における時代との付き合い方を探求し
て参ります。服飾・時事・ITやキュレーションメディアなど、様々なジャンルにおける各メディア事業者様に記事取材としてご助力いただけますと幸甚です。

2) 服飾関係者様へ
事業販路の拡張のお手伝いをさせていただきます。「1.製造支援」「2.Instagramに強いブランド作り」「3.ソーシャルと連動したITの仕組み化支援」「4.Sylphでの御社の商品の取扱い」など、幅広い視野でご支援させていただきます。どうぞお気軽にご連絡いただけますと幸いです。

3) 各モデル様・モデル事業者様へ
モデル様一人一人の強み(フォロワー層・コミュニティ層)に合わせた、確度の高いブランド展開を共に行っていただける方をSylphでは募集しております。

各種お気軽にお問い合わせの程、お待ちしております。
今後とも、どうぞお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。

株式会社シルフィード
Address: 東京都渋谷区神宮前4-21-7 302
担当窓口: 松本・横井
Mail: info@sylphid-corp.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

RELATED TOPICS

FEATURE

Sep
18
今日の40代おしゃれコーデ

朝晩は涼しくなってきたから【CPOジャケット】で温度調節[9/18 Wed.]

朝晩は涼しくなってきたから【CPOジャケット】で温度調節[9/18 Wed.]

日めくり7daysコーデ

「お仕事するって、やっぱり楽しい!」セカンドOLさんの1週間

Wed
【日めくり7days②Wed】社内でサクッとランチ。一日中オフィスワークの日はきれい色ニットでテンションUP

【日めくり7days②Wed】社内でサクッとランチ。一日中オフィスワークの日はきれい色ニットでテンションUP

PROMOTION

PICK UP

PRESENT

PLST (プラステ)の「サテンプリーツスカート」を 計8名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。