Prtimes調査レポート

恋活・婚活で特に印象が悪いのは「髪がボサボサでフケが目立つ」人(84.4%)!

株式会社パートナーエージェント

~58.9%が「3回以上」会わないと相手のことは分からない~

Vol.128 QOM総研 「初対面の相手の外見」に関するアンケート調査

 婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(証券コード:東証マザーズ6181、本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、https://www.p-a.jp/、以下パートナーエージェント)は、『恋活や婚活をしたことがある』と回答した20~49歳の独身男女765人に対して、「初対面の相手の外見」に関するアンケート調査を実施いたしました。

<調査背景>
 恋活や婚活の場で、初対面のお相手のどんなところを見ますか?どんなところを気にしますか?これからお付き合いを重ね、結婚して人生を共にするかもしれないお相手ですから、もちろん外見だけでなく内面を重視したいと考える人は多いと思います。
 しかし、恋活や婚活の場においては第一印象が悪いと、本来は相性がよいお相手だったとしても、次の機会が作れないということも。第一印象は身なりなどの見た目、会話の内容によって左右されてしまうこともあります。
 今回の調査では、初対面から関係性を作っていくプロセスにおいて、やってはいけないことやどのくらいの期間(回数)が必要かについて調べてみました。20~40代の独身男女が、恋活や婚活の場でお相手のどんなところを見るか聞いてみた結果をご紹介していきます。

<調査結果サマリ>

初対面、顔以外でチェックするところは「スタイル」(31.4%)「服装」(26.9%)
特に印象が悪いのは「髪がボサボサでフケが目立つ」人、8割超え。髪の毛は清潔に!
約8割の人がNG!会話中に「スマホを見ている」
40.2%が「3回目」くらいで相手の人柄が分かる
「引っかかる所があっても、3回は会った方がいい。嫌だなと感じたところが変わるかもしれないから」

■初対面、顔以外でチェックするところは「スタイル」(31.4%)「服装」(26.9%)

Q.初対面で、顔以外には相手のどこを見ますか?(n=765)※必須回答

 合コンや婚活パーティーなどの恋活や婚活の場で、お相手を探すときに顔以外ではどんなところをチェックしているのでしょうか。20~40代の独身男女に聞いてみました。
 「スタイル」が31.4%と最も多く、次いで「服装」が26.9%でした。さらに「しぐさ(姿勢)」が22.0%、「髪型」は7.1%となっています。

■特に印象が悪いのは「髪がボサボサでフケが目立つ」人、8割超え。髪の毛は清潔に!

Q.特に印象が悪いのはどれですか?(n=765)※必須回答・3つまでを選択

 恋活や婚活の場で出会ったお相手に対して、特に印象悪く感じてしまうのはどんなところでしょうか。
 「髪がボサボサでフケが目立つ」は84.4%で、他の項目と大きく差をつけトップとなりました。清潔感はとても重要ですが、中でも頭髪のお手入れには特に気を使った方が良さそうです。

■約8割の人がNG!会話中に「スマホを見ている」

Q.話している時にされたら嫌なことはありますか?(n=765)※必須回答・複数回答可

 会話中にされたら嫌なことはどんなことでしょう。
 「スマホを見ている」(78.8%)が1位でした。これは恋活や婚活の場に限らずNGとなる行動ではないでしょうか。そんなつもりはなくても、ついメッセージ受信の通知が鳴ると手に取ってしまうことも。お相手と会話を楽しむ場面では、スマートフォンはカバンなどにしまっておいた方がよさそうです。

■40.2%が「3回目」くらいで相手の人柄が分かる

Q.何回くらい会えば相手の人柄が大体分かりますか?(n=590)※必須回答

 初対面でどんな人かなんとなく分かる人と、何度か会わないとなかなか人柄をつかめない人がいます。何回くらい会えば、相手の人柄が分かるかどうか聞いてみました。
 「3回目」と答えた人が最も多く40.2%でした。「1回目」(9.7%)、「2回目」(17.8%)と答えた人と合わせて、67.7%の人が「3回目」までに相手の人柄が大体分かると考えているようです。

■「引っかかる所があっても、3回は会った方がいい。嫌だなと感じたところが変わるかもしれないから」

Q.そう答えた理由はなんですか?(n=590)

 「何回くらい会えば、相手の人柄が大体分かりますか?」という設問に対し、回答した理由を尋ねてみました。
 「1回目」で大体分かると答えた人はお相手の第一印象や、自分自身の直感を大切にしているという意見が多く見られました。「2回目」「3回目」と答えた人は、回数を重ねるごとに出てくるその人の“素”の部分を見てみたいと考えているようです。また、「10回以上」「分からない」と答えた人からは、お相手を完全に理解することは実際には難しい、といった回答が複数ありました。

【1回目】
・第一印象が大事(26歳・女性)
・直感で気が合うかどうか分かる(29歳・男性)
・第一印象で人の性格を見抜くのが昔から得意だから。見た目がだらしなくても性格や約束にルーズじゃない人もいるし、表面だけ紳士の人もいる(31歳・女性)
・相手の言動、行動、目の動きやしぐさから大体分かる(33歳・男性)
・話が合うか合わないか、歩く速度を合わせてくれるか、食べ物の好みが合うか、座る席など配慮してくれるかを見る。第一印象がダメなら、その後も希望は無いと思いました(44歳・女性)
・いろいろな人を見てきたから(48歳・男性)

【2回目】
・1回目で話が楽しくても2回目でつまらなくなったり、楽しい人だと話が弾んだりするから(20歳・女性)
・1回目では誰もが良い人を演じる。2回目でいろんなとこが見えてくる(25歳・男性)
・1回目でも大体分かるけど2回目の方が素に近く、会話の運び方などが普段通りだと思うから(34歳・女性)
・初対面は、お互いに緊張しているので。私の場合は、2回目から良い意味で気を配れるようになると思うから(41歳・男性)
・最初は緊張したり猫をかぶったりするが、2回目はお互いに会いたくて会うので、自分が少し出せるようになる(44歳・男性)
・ 2回目くらいからリラックスして話ができ、どういう人柄か見えてくるんじゃないかと思います(46歳・女性)

【3回目】
・慣れてきたころに素が出るので(22歳・男性)
・3回目ぐらいで深い話をすることができ、その中で本当に考えていることが分かると思うから。1回目は外見などで、それが気に入れば2回目。2回目で表面上の会話をするイメージ(23歳・女性)
・踏み込んだ質問は最初は避けがち。少し気が緩んでくるのは3回くらい(31歳・男性)
・慣れてきて取り繕えるような会話の話題が減るから(31歳・女性)
・引っかかる所があっても、3回は会った方がいいと、よく勧められます。自分でもそう思うし、そうすれば嫌だなと感じたところが変わるかもしれないから(40歳・女性)
・一度や二度で相手の事を理解できるとは思えません。例え長年ずっと一緒にいるパートナーでさえ、合う、合わないは個人差があると思います。3回というのも最低限度という意味で答えました。打ち解けて次のステップに進むのに、最低3回は必要だと思いました(41歳・男性)

【4~9回目】
・3回ぐらいでは、まだ自分を出せていないと思う。5回目ぐらいからは、慣れが出てきて分かるようになるのではないかと思う(24歳・男性)
・短期間では嘘をつかれることがある(29歳・女性)
・いろんな場面でその人の姿を見ることができるので(36歳・女性)
・色々なことをしないと相手の性格は分からないと思うから(40歳・男性)
・3回ではまだ演技できるデートプランが多いので(43歳・女性)
・婚活目的だと、最初のうちは猫をかぶったり、あわせてきたりする。回数多く会ってみないと、本性は判らない気がする。逆に10回以上会っても掴めない人は、最初から合わないと思う(45歳・男性)

【10回以上】
・何回も会って騙された経験があるから。私も10回以上会っても、自分を出さないことが多いから(25歳・女性)
・回数よりも、どれだけ長い時間相手と会ったかの方が、相手のことが分かるような気がします(32歳・男性)
・何度会っても、一緒に暮らしても、最終的には結婚したとしても、他者のことを完全に理解することは不可能だと思う(43歳・男性)
・隠すのが上手い人がいるから、そういう人を見落とすと怖いから(46歳・女性)

【分からない】
・人と接するのが苦手だから(20歳・女性)
・何度会ってもよくわからない。分かったつもりになっても、自分もそうだが相手も変わっていくので余り固定観念を持ちたくない。その時々の状況で対応したい(36歳・男性)
・答えが決まったものではない。合わないと思ったら会わなくなる、それだけ(41歳・男性)
・ 10年夫婦であっても分からないこともあるので、回数では分からないと思った。人によって違う(43歳・女性)

 恋活や婚活の場では、初対面ですぐにお相手を判断してしまうよりも、2~3回程度会って、いろいろな会話や場面から少しずつお相手のことを知っていった方がいいのかもしれません。
 それでも、初対面のイメージはとても大切です。内面を磨くことももちろん大切ですが、外見はほんの少し手をかけるだけですぐに直すことができます。デートの前には、まず髪のお手入れを忘れずに!

調査方法:インターネット調査
調査対象:「恋活や婚活をしたことがある」と回答した20~49歳の独身男女 765名
集計期間:2019年5月13~14日
調査対象:「恋活や婚活をしたことがある」と回答した20~49歳の独身男女 590名
集計期間:2019年5月16~23日
※各項目の数値は四捨五入しているため、各項目の合計が100%を超えているケースもございます。

<株式会社パートナーエージェント 会社概要>
商 号:株式会社パートナーエージェント
証券コード:東証マザーズ6181
代 表 者:代表取締役社長 佐藤 茂
創 業:2006 年 9 月
所 在 地:東京都品川区大崎1丁目20-3 イマス大崎ビル4階

U R L :
パートナーエージェント https://www.p-a.jp/

事業内容 :
1.婚活サービス
・専任コンシェルジュによる高い成婚率を実現する婚活支援サービス「パートナーエージェント」
・婚活パーティーサービス「OTOCON」
・婚活支援事業者向け会員相互紹介プラットフォームサービス「CONNECT-ship」
・アライアンス型婚活支援サービス
・地方自治体向け婚活支援サービス
・企業向け婚活支援サービス、他
2.ブライダルサービス等
・適正価格を追求したスマートな結婚式「スマ婚」サービス
・結婚式二次会の幹事業務を行う「2次会くん」サービス、他
3.その他QOL(Quality of Life)サービス
・結婚式場紹介サービス「アニバーサリークラブ」
・ブライダルリング「LITO DIAMOND」
・保険代理店サービス
・パーティー会場運営(株式会社 IROGAMI)、他

~代表メッセージ~
現代は、結婚しにくい時代と言われています。
仲人やお見合いなどの社会的な出会いの場が減少し、結婚をしたくても
機会に恵まれない多くの独身者がいます。
当社は、もっと信頼できる結婚情報サービスを目指して設立されました。
従来の結婚相談のサービスを見直し、結婚を望む顧客へ高い成果を提供することで
多くのお客様の支持を頂いてきました。
これからも、1年以内の結婚を支援するエージェントとして
未婚・晩婚を解決する社会の実現へ貢献してまいります。

【転載・引用に関する注意事項】
本アンケートの著作権は、株式会社パートナーエージェントが保有します。調査レポートの内容についてはご自由に転載・引用いただいて構いませんが、引用・転載時には、必ず「婚活支援サービス パートナーエージェント」を明記いただけますようお願い申し上げます。また、パートナーエージェントのWebサイト(https://www.p-a.jp)へのリンクも貼っていただけますと幸いです。
※ 記事などで取り上げていただけた際は、お時間ございましたらpublic@p-a.jp宛てにご一報いただけると幸甚に存じます。

<本件に関する報道関係者からのお問合せ先>
株式会社パートナーエージェント 広報担当:平田・小林
TEL:03-6388-9831(部署直通) FAX:03-5759-2701
Mobile:080-4575-7766(担当者直通)
Mail:public@p-a.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

RELATED TOPICS

FEATURE

Jun
27
今日の40代おしゃれコーデ

2019っぽい帽子のかぶり方って?[6/27 Thu.]

PICK UP

PRESENT

「かごバッグ」「PVCバッグ」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。