Beauty特集

メークは順番を変えればうまくいく!<目ヂカラUP編>

今どきメークにチャレンジしてもイマイチあか抜けない…それはルーティン化したメークの手順のせいかもしれません。どこにポイントを置くかによってメークの順番を変えれば、簡単に今っぽい旬顔に変身です!

女性の永遠の憧れ、パッチリアイ。目囲みや行きすぎたつけまつ毛は今の気分ではないけれど、やっぱりお出かけのときはここに力を入れたくなります。

目ヂカラUPメークの順番は?

  • 1ハイライト 顔の立体感は目ヂカラにも影響します。まずはツヤで立体感を出すハイライトで顔にメリハリを仕込んでいきます。
  • 2眉 ややストレート気味に描いた眉は40代のたるみ目をフォローして、キリッとした表情に。アイメークを濃くせずにすむ。
  • 3ビューラー&アイシャドウ まずビューラーでまつ毛を上向きにカールアップ。シャドウやラインの前にすることでメークが落ちるのを防げます。
  • 4アイライン&マスカラ マスカラより前にアイラインを引くことで、マスカラをつけすぎてまつ毛が重たくなるのを阻止します。
  • 5シェーディング 目ヂカラを強調した顔に赤みの強いチークは厳禁。温かみのあるベージュトーンのシェーディングで十分です。
  • 6リップ 強い目元にマットなリップは隙のない印象に。ツヤ感でふっくら見せると今っぽい抜け感が出ます。

詳細メークを解説!

1ハイライト

目元を引き立てるパーツにハイライトでつやを盛る

  • 眉間から目まわりに、肌なじみのよいシャンパンベージュのハイライトをなじませます。骨格を際立たせてメリハリが生まれます。
  • 目の外側のCゾーンから頰骨の上あたりまで広範囲にハイライトを仕込むと、視線が目元にフォーカスされます。

2眉

目ヂカラを決める眉をまず仕上げます

  • 明るめの色のアイブロウパウダーを、眉の中央から左右にぼかしていきます。短めに仕上げたほうが目ヂカラがアップ。
  • 眉の下のみにストレート気味のラインを描き足していきます。まぶたと眉の間隔が狭い印象を与え、目元のホリが深く見えます。

3ビューラー&アイシャドウ

ぐいっと上向きまつ毛にブラウンシャドウで陰影を

  • 目尻のまつ毛も残さず拾うビューラーで扇形に広がるようにしっかり上げると、目元に華やかさが出ます。
  • チップタイプのクリームアイシャドウをチョンチョンと3カ所に放射線状にのせ、上まぶた全体にグラデーションを作ります。

4アイライン&マスカラ

ラインとマスカラの合わせ技でまつ毛を濃く長く見せる

  • まつ毛の下側から、リキッドアイライナーで根元を埋めていくように描いていくと、まつ毛そのものが濃くなった印象に。
  • カールアップしたまつ毛が落ちないようマスカラは根元につけず、毛の真ん中から毛先に向かって長さを出します。下まつ毛にもON。

5シェーディング

チーク代わりのシェーディングで立体感をMAXに

  • 通常チークを入れる顔の側面に明るめのシェーディングをON。陰影がプラスされていっそう目元がフォーカスされます。
  • 額の生え際からあごの下に向かって、フェイスラインにもなじませます。顔の中心がぐっと前に出るとともに、きゅっと小顔に。

6リップ

主張しすぎないツヤリップでやわらかく仕上げる

  • 上唇は両端から内側に向かって山を描きます。角度がつきすぎず、やわらかいカーブのラインが引けます。
  • 下唇もふっくら直塗りで。目ヂカラメークに合わせるリップは、肌をきれいに見せて主張しすぎないベージュピンクがおすすめ。
チームSTORY
FROMチームSTORY 雑誌「STORY(ストーリィ)」の製作に携わる編集部員たち。日夜雑誌作りに勤しむなかで得た知見、タメになる情報、愉快な話などなどファッションからライフスタイルまで、STORYらしさ溢れるトピックを、webでも存分に披露していきます。
記事一覧を見る >
-Keywords
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

RELATED TOPICS

FEATURE

Aug
21
今日の40代おしゃれコーデ

8/20 Mon.旦那さんとの仕事帰りデートなら、ほんのり色っぽい【ドットブラウス】

PICK UP

PRESENT

クロージング イセタンミツコシの【ブラウス】を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。