Beauty特集

メークは順番を変えればうまくいく!<赤リップ編>

今どきメークにチャレンジしてもイマイチあか抜けない…それはルーティン化したメークの手順のせいかもしれません。今回はなかなかチャレンジできない人が多い赤リップの順番を考えてみました。

リップなのに他のパーツもばっちりフルメークしてしまうと、どことなく古い感じに。リップを先に塗ってから目元を仕上げると、引き算メークの加減がわかり、バランスが取れます。

赤リップメークの順番は?

  • 1ハイライト 赤リップが似合うクリアな肌を作るのが第一関門。ハイライトのパール感とミストでツヤを重ねます。
  • 2ビューラー&マスカラ 目元とリップのバランスを見るためにマスカラだけ先に。ぱっちりビューラーで上げすぎないように気をつけて。
  • 3リップ ここで他のメークをする前にまず赤リップを。強い色なので最後につけるとトゥーマッチな顔になりがちです。
  • 4チーク リップで十分赤みが足されているので、チークは透明感を出せるパープルがかったピンクがおすすめ。
  • 5眉 太眉+赤リップはひと昔前の雰囲気に。眉が赤リップとケンカしないよう、ふんわりした色と形に仕上げます。
  • 6アイシャドウ&アイライン 目のフレームでバランスを取りつつ、色のインパクトは赤リップだけに集中させます。

詳細メークを解説!

1ハイライト

  • リップ主役のメークは、ハイライトで肌に均一感を出すことが重要。目の下ぎりぎりから▽ゾーンに広めに入れるとつるんときれいに。
  • メークの崩れを防ぐミストにはツヤ出し効果も。ハイライトの上から吹きかけると、ファンデとなじんで程よいツヤが生まれます。

2ビューラー&マスカラ

  • まつ毛のカールは控えめに。毛先が上を向かず、床と平行になるくらいの角度で止めると大人っぽいまなざしになります。
  • マスカラは根元にしっかりめにつけて毛先まですっと引き抜き、ハンサムなまつ毛に仕上げます。下まつ毛は控えめに。

3リップ

  • 赤リップは下唇の中央におちょぼ口のように塗り、「ンパッ!」と上下をすり合わせて色を上唇に移すと、程よく色づきます。
  • さらに、唇の中央から色がついていない両端に向かって指でなじませると、高発色の赤リップも透明感のある仕上がりに。

4チーク

  • 大きめブラシにチークをたっぷり取って、頰骨の高い位置からふんわりくるくる入れます。赤みは出ないから広めに入れてもOK。
  • 目の下にもほんのり隠しチークをプラス。クマが出やすい部分のくすみをとばして、肌の均一感が高まります。

5眉

  • ナチュラルな眉の形はソフトアーチ。カーブをつけたい眉尻から描き始めます。アーチが強いとちぐはぐな印象になるので注意。
  • ひと通り全体に色をのせたら、眉の上ラインだけをふわっと描き足してアーチのカーブを整えます。

6アイシャドウ&アイライン

  • アイシャドウはアイホール全体になじませて、ツヤと立体感を出します。下まぶたの中央、瞳の下にも少し入れて明るさアップ。
  • アイラインは目の際ぎりぎりのところに入れて、目のフレームをくっきりさせます。全体を囲むと古めかしくなるので、上ラインのみ。
撮影/向山裕信(Vale.)〈人物〉、松本拓也〈静物〉 モデル/笹川寿里 ヘア・メーク/川村友子 スタイリスト/栗尾美月 取材/稲益智恵子
チームSTORY
FROMチームSTORY 雑誌「STORY(ストーリィ)」の製作に携わる編集部員たち。日夜雑誌作りに勤しむなかで得た知見、タメになる情報、愉快な話などなどファッションからライフスタイルまで、STORYらしさ溢れるトピックを、webでも存分に披露していきます。
記事一覧を見る >
-Keywords
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

RELATED TOPICS

FEATURE

Nov
21
今日の40代おしゃれコーデ

【ビッグジャケット+マキシタイトスカート】で最旬のロング&リーンスタイルに![11/21 Wed.]

PICK UP

PRESENT

大人気の「2018年クリスマス限定コフレ」を計12名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。