Fashion特集

[2020春]卒業式・入学式のスーツも着回し!いつもの「ネイビー」を素敵に着る方法

「学校行事用として」「無難だから」そんな消極的な理由で着ている40代が多いせいか、堅い印象が拭えない〝ネイビー〟。でも、モード感やドラマチックさ、着回し度など日々のコーデの課題をクリアする時、アシストをしてくれるのもまたネイビー。「何となく」ではなく、「好きだから着る!」というネイビーがあれば、40代はどんなに助かることか! それを証明するページです。

目次 ★デザイナー・柴田陽子さん、スタイリスト・竹村はま子さんに 聞いた「ネイビー」
★華やかで、自分が「好き」だから着るネイビー
★これまで40代の発想になかった「新しいネイビーの顔」
★ステディブランドから厳選した、「ドラマチックネイビーの名品」
★「卒入ネイビー」スーツはここまで素敵に着回せる


★デザイナー・柴田陽子さん、スタイリスト・竹村はま子さんに 聞いた「ネイビー」

◯「ネイビーの魅力」(「BORDERS at BALCONY」デザイナー・柴田陽子さん)

「子供を持つ40代にとってネイビーは切っても切り離せない存在。私自身、学校へ行く日に必ず手に取るのネイビーの服です。幼少期からずっと着続けてきたけれど、近頃は爽やかさや知的さだけでなく、エレガントだったりヘルシーだったりと、いろんな側面を楽しめるように。ボーダーズのネイビーは色出しにもこだわっていて、華やかに着こなせるトーンに仕上げています」

<デザイナー・柴田陽子さん>

自分が納得できる服を、と立ち上げた「BORDERS at BALCONY」が大人気。ブランドコンセプター、男子2人のママなどの顔も持つ。

◯「ネイビーの楽しみ方」(スタイリスト・竹村はま子さん)

「私のワードローブのネイビーはどれも気分を上げてくれる、まさに〝好きだから着る服〟。あのシーンに使えそう、誰かにこう見られたい……そんな他者目線の服ではなく、自分が楽しむネイビーにしか惹かれません。〝学校ネイビー〟とは違うワクワクする着こなしをモノにできるのもいろんなオシャレを知る40代だからこそだと思います」

<スタイリスト・竹村はま子さん>

押しも押されもせぬ、本誌の看板スタイリスト。時代の空気を敏感にキャッチしたスタイリングは、リアルに着られてドラマティック。


★華やかで、自分が「好き」だから着るネイビー

>BORDERS at BALCONYの世代的人気に、華やかネイビーの魅力を再認識!

きれいめママにとって、もはや制服といっても過言ではない、通称「ボーダーズ」のネイビーアイテム。コレさえ着ていれば、という安心感を裏付ける、程よい〝華〟とシンプルさのバランスが40代を魅了します。

生真面目トレンチにならない、裾のラッフル使いにこだわりを実感。コート¥125,000(BORDERS at BALCONY)ワンピース¥52,000(ルームエイト/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店)バッグ¥123,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)スカーフ¥14,000(AENEIS/TOMORROWLAND)パンプス¥89,000(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス)

>この色に再注目したのは、「甘モードなネイビー」がトレンドに浮上中だから

フリルやリボン、透け素材など、かつての甘くてフェミニンな流行が戻ってきた今季、「モード」に見せるにはネイビーの力を借りるのが得策です。〝辛さ〟をミックスすればエッジの利いた着こなしが叶います。

ネイビー極甘ブラウス ×レザーパンツのモードな組合わせ

前立て部分をフリルで仕上げた甘ブラウスは40代が親しみやすいアイテム。シアーな素材とネイビーのコンビで鮮度が高まります。ボトムはレザーを選んでスパイシーに転ばせて。ブラウス¥35,000(ストラスブルゴ)パンツ¥110,000(エキップモン/サザビーリーグ)バッグ¥148,000(ヘイワード/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア)イヤリング¥12,000〈JENNY BIRD〉リング¥27,000〈PALA〉(ともにTOMORROWLAND)

大人の艶を感じさせる、 シースルー素材のネイビーセットアップ

流行のセットアップは、ゆったりフォルムと透ける素材感で程よい〝抜け〟を楽しめます。シャツ¥21,000パンツ¥20,000(ともにユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア)バッグ¥198,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)靴¥47,000(サロンデジュ/オデット エ オディール 新宿店)ピアス¥28,000(ヒロタカ/デミルクス ビームス 新宿)リング¥95,000ブレスレット¥245,000(ともにSpinelli Kilcollin/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)

二の腕もカバーできる、 カットワークレース素材の七分袖ワンピースを発見!

甘ワンピで人気の〝ツル〟で見つけた新作は、清潔感のあるカットワークレースをドラマティックなフォルムと知的なネイビーで仕上げた、大人向きの一着。ワンピース¥66,000(ツル バイ マリコ オイカワ)バッグ¥137,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)サンダル¥46,000(ネブローニ/ビームス ハウス 丸の内)ピアス¥11,000(ベベ/デミルクス ビームス 新宿)


★これまで40代の発想になかった「新しいネイビーの顔」

>洗練! 洗いがかかったネイビーのグラデーションコーデ

こなれたカジュアル感がステキなグレイッシュなネイビーや、洗いをかけたような褪せたネイビーは、手持ちのベーシックネイビーとも好相性。今までのネイビーのイメージを覆して

グレーのような褪せたネイビーのチュニックに、ダークネイビーのパンツを合わせて。リラックス感漂う、大人のネイビーコーデに。ニット¥39,000(エイトン/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店)Tシャツ¥7,000(イエナ/メゾン イエナ)パンツ¥26,000(アドーア)バッグ¥46,000(アエタ/アルファ PR)サンダル¥17,000(DES PRÉS)サングラス¥33,000(ブラン/デミルクス ビームス 新宿)

>金ボタンやスポサンが利いた、スポーティネイビーコーデ

オールネイビーのスポーティコーデは辛口になりすぎず、好感度をキープ。足元のスポサンでカジュアルさを、金ボタンやロゴトートでデイリー感を、それぞれ意識して盛り込むのがコツ。

アウターのナイロン素材と質感の異なるニットタイトでバランスよく。ジャケット¥52,000(ウールリッチ/ウールリッチ 青山店)プルオーバー¥9,800(アダム エ ロペ)スカート¥19,000(TOMORROWLAND)バッグ¥56,000(CORTO MOLTEDO/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)スニーカー¥12,000(ナイキ スポーツウェア/NIKE カスタマーサービス)ピアス¥19,000(アンセム フォー ザ センセズ/アマン)

>リッチ見え! 軽やかだから老けない、ゴールド系ネイビーコーデ

ネイビーを華やかリッチに仕上げるなら、ゴールドを利かせるのがポイント。小物でジャラジャラ盛るよりも、ボタンや織り込まれたラメなど、控えめなさじ加減がフレッシュです。
撮影/清水将之(mili) モデル/SONOMI ヘア・メーク/陶山恵実(ROI) スタイリスト/竹村はま子 取材/西道倫子

アイテムそれぞれが旬のフォルムなら、ネイビー×ゴールドも、ゴージャスになりすぎず今どきのムードに。ジャケット¥59,000(トラディショナル ウェザーウエア/トラディショナル ウェザーウエア GINZA SIX店)ニット¥18,000(ロンハーマン)スカート¥60,000(チノ/モールド)パンプス¥84,000(ジミー チュウ)バッグ¥24,000(ジャンニ ノターロ/デミルクス ビームス 新宿)


★ステディブランドから厳選した、「ドラマチックネイビーの名品」

>MUSE de Deuxième Classeの金ボタンニットセットアップ

ブランドの定番、リピーターも多いコットン素材のアンサンブル。ネイビーに映えるゴールドボタン効果で脇役でなく、主役を張れる存在感

カーディガン¥25,000ニット¥19,000(ともにドゥーズィエム クラス/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店)

>ASPESIのノーカラーコート

今年も流行っているスポーティアウター。黒だとモードすぎるけど、ネイビーならそこはかとなく漂う上品さが素敵。学校行事などでも活躍する頼もしい一着。

軽やかなパラシュート素材の春コート。コート¥71,000(アスペジ/トヨダトレーディング プレスルーム)

>DRESSTERIORのレザーパイピングノーカラーコート

トレンチほどかっちりしていない、ノーカラーのリネンコートは春先の様々なシーンで活躍してくれそう。ネイビー以外の色に羽織りたくなる独特な存在感に惹かれます。

レザーのパイピングが無難なネイビーと一線を画す。コート¥89,000(ドレステリア/ドレステリア 新宿店)

>JOURNAL STANDARDのサイドライン入りサテンパンツ

パジャマパンツのような、リラックス感のあるデザインが持ち味。いつものネイビーパンツと置き換えるととたんに気の利いたヘルシーさに!

パンツ¥16,000(ジャーナル スタンダード ニュウ/ジャーナル スタンダード 表参道)

>U by SPICK & SPANの五分袖ドット柄ワンピース

ネイビーに、ごくごく小粒の赤ドット、というところが粋なムード。コンサバ感や少女っぽさを抑えた変化球的な大人の甘さが好ましい。

ワンピース¥13,000(ユー バイ スピック&スパン/ユー バイ スピック&スパン 渋谷パルコ店)

>THIRD MAGAZINEのロングレーススカート

ありそうでなかったシックなネイビーのレーススカート。しっかりと長い着丈や、シャーリングのウエスト、広がりすぎないシルエットと、ディテールが秀逸です。
撮影/魚地武大(TENT)取材/西道倫子

しなやかな繊細レースを使用。切りっぱなしの裾もいい雰囲気。スカート¥78,000(THIRD MAGAZINE)


★「卒入ネイビー」スーツの〝明日から参考になる〟着回しコーデ集

>まずは、コスパ最強のこの2ブランドのネイビーを指名買い

<uncrave> アンクレイヴ

  • A.ジャケット¥19,000 B.パンツ¥13,000(ともにアンクレイヴ/オンワード樫山)ブラウス¥9,900(ノーク)バッグ¥47,000(CARBOTTI/TOMORROWLAND)パンプス¥40,000(ロランス/ザ・グランドインク)

セットアップブランドとして今季デビュー。自分好みのボトムでセットアップが完成するのが魅力。

A.ジャケット¥19,000 B.パンツ¥13,000(ともにアンクレイヴ/オンワード樫山)

<CELFORD> セルフォード

  • C.ジャケット¥27,000 D.スカート¥19,000(ともにセルフォード/セルフォード 新宿ルミネ1店)バッグ¥58,000(ジャンニ キアリーニ/ジャンニ キアリーニ 銀座店)パンプス¥48,000(ペリーコ/アマン)ネックレス¥18,000(BEN AMUN/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)

上質な光沢のある、ウールシルク素材。深みのあるリッチなネイビーとクラシカルなフォルムが特徴。

C.ジャケット¥27,000 D.スカート¥19,000(ともにセルフォード/セルフォード 新宿ルミネ1店)

>(右)ドット柄スカートを合わせてドラマティック見え / (左)レトロ調ブラウス× スキニーデニムの清楚なコーデ

(右)ふわりと広がるドット柄スカートを合わせて、今どきのジャケットスタイルを完成。〝好きだから着るネイビー〟を存分にアピール。A.ジャケット¥19,000(アンクレイヴ/オンワード樫山)プルオーバー¥26,000(ebure)バッグ¥43,000(カパフ/メゾン イエナ)スカート¥38,000(ルール ロジェ/ブランドニュース)シューズ¥27,000(ツル バイ マリコ オイカワ)

(左)ジャケットONでデニムカジュアルに大人のきちんと感を。ジャケットⒸ ブラウス¥30,000(ル コヨーテ ド パリ/ドレステリア 新宿店)パンツ¥16,000(ペペ ジーンズ ロンドン/エルティーエヌ ショウルーム)バッグ¥27,000(アエタ/アルファ PR)シューズ¥23,000(ツル バイ マリコ オイカワ)ピアス¥7,800(ジュール クチュール/デミルクス ビームス 新宿)

>(右)フォトT× キレイ色ニットで セットアップがカジュアルな味に / (左)CPOジャケットでリラックス感をプラス

(右)A.ジャケット¥19,000 B.パンツ¥13,000(ともにアンクレイヴ/オンワード樫山) Tシャツ¥5,800(グッド ロック スピード/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク)カーディガン¥37,000(デミリー/サザビーリーグ)バッグ¥20,000(アーロン/ジャーナル スタンダード 表参道)ピアス¥5,000(NINA&JULES/メゾン イエナ)

(左)インに差したネイビーベストをスカートに馴染ませてカジュアル感を。D.スカート¥19,000(セルフォード/セルフォード 新宿ルミネ1店)ベスト¥34,000(アンスクリア/アマン)Tシャツ¥3,800(ミラ オーウェン/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店)CPOシャツジャケット¥16,000(シークレット・トロフィー)バッグ¥35,000(VASIC/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)

>(右)ジャケットを肩で羽織るとハンサム度UP / (左)アクティブさが加わる ×くるぶし見えカラーパンツ

(右)王道コーデにはバンドカラーのロングシャツや異素材ネイビーなど、こだわりアイテムを合わせて。A.ジャケット¥19,000(アンクレイヴ/オンワード樫山)ブラウス¥24,000(Edition/Edition 表参道ヒルズ店)スカート¥34,000(クリーナ/ブランドニュース)メガネ¥32,000(オリバーピープルズ/ブリンク ベース)バッグ¥47,000(CARBOTTI/TOMORROWLAND)

(左)コンサバジャケットにはカラーパンツを差すだけでデイリー度が高まります。C.ジャケット¥27,000(セルフォード/セルフォード 新宿ルミネ1店)ブラウス¥11,000パンツ¥18,000(すべてセルフォード/セルフォード ルミネ新宿1店)ピアス¥24,000(リジーフォルトゥナート/デミルクス ビームス 新宿)バッグ¥58,000(ジャンニ キアリーニ/ジャンニ キアリーニ 銀座店)

>(右)付属のサスペンダーを 生かした、 新鮮なボーダーコーデ / (左)フーディ×トレンチコートを重ねて旬のレイヤードが完成

(右)ボーダートップスと付属のサスペンダーを活用してカジュアルネイビーを満喫。キャッチーなブランドバッグでクラス感をキープ。B.パンツ¥13,000(アンクレイヴ/オンワード樫山)カットソー¥14,000(アルモー リュクス/ドレステリア 新宿店)バッグ¥117,000(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)靴¥40,000(ロランス/ザ・グランドインク)

(左)ネイビースカートを引き立てる、白フーディとキャメルトレンチのカラーコーデ。トラッドマインドでカジュアルダウンするのが正解。D.スカート¥19,000(セルフォード/セルフォード 新宿ルミネ1店)コート¥90,000(ポステレガント)パーカ¥3,500(レプシィム/アダストリア)バッグ¥47,800(ラドロー/ロンハーマン)スニーカー¥36,000(マッキントッシュ/マッキントッシュ青山店)

撮影/清水将之(mili)〈人物〉、魚地武大(TENT)〈静物〉 モデル/SONOMI、畑野ひろ子 ヘア・メーク/陶山恵実(ROI) スタイリスト/竹村はま子 取材/西道倫子
※2020年4月号掲載記事
チームSTORY
FROMチームSTORY 雑誌「STORY(ストーリィ)」の製作に携わる編集部員たち。日夜雑誌作りに勤しむなかで得た知見、タメになる情報、愉快な話などなどファッションからライフスタイルまで、STORYらしさ溢れるトピックを、webでも存分に披露していきます。
記事一覧を見る >
-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Jul
12
今日の40代おしゃれコーデ

カジュアル度高い【ギンガムチェックワンピ】はモノトーンで[7/12 Sun.]

カジュアル度高い【ギンガムチェックワンピ】はモノトーンで[7/12 Sun.]

PICK UP

PRESENT

SNIDEL「ワンピース」を計6名様にプレゼント!

SNIDEL「ワンピース」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。