• TOP
  • Fashion
  • STORY4月号、スタイリストがいちばんお気に入り「渾身の1コーデ」!【濱口沙世子さん編】
FashionfromチームSTORY

STORY4月号、スタイリストがいちばんお気に入り「渾身の1コーデ」!【濱口沙世子さん編】

いつもたくさんの素敵なコーディネートを作ってくれるSTORYスタイリストたち、発売中4月号で果たしてご自身がいちばん気に入っていたのは?。濱口沙世子さんは、こちらでした!

トーンの違う色を重ねても派手すぎず、清潔感が出せるのがブルーの優秀さ。キレイ色初心者は、ブルーのトーンONトーンの着こなしがおすすめ!

ブルーロングカーディガン¥16,940(ハッシュニュアンス)ロゴTシャツ¥7,480(ルベーシック/エイチ ビューティ&ユース)ブルースカート¥56,100(マディソンブルー)シルバーバッグ¥107,800(ピエールアルディ/ピエール アルディ 東京)デニムパンプス¥67,100(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス)ブレスレット¥132,000(ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

濱口沙世子さん
濱口沙世子さん
この企画の中でブルーをベースにカラーonカラーでいくつかコーデしてますが、こちらはブルーの濃淡でコーデしロゴTのロゴもブルー、フラットパンプスもデニム素材のブルーを使い、ブルーを盛ったコーデになっています。カラーのコーデが難しいと思う方でも、「ブルーなら重ねても派手になりすぎず爽やかに着こなすことができる!」という渾身の1体です。このご時世でなかなかでかけられない今、せめて気分を上げられて華やかに見せられるブルーのコーデはおすすめです! 個人的にも一番好きなカラーがブルーなのでこの1体はお気に入り。 キレイめさんでも着こなせる、程よくカジュアルで女らしいスタイリングがポイント。 シルバーのバッグで遊んで華やかさをプラスしました。

こちらは4月号「Happy感が倍増! 待望のオープンテラス服にこそ色を!」からの1体!

STORY世代の社交場といえば、ランチ。このご時世はたまのオープンランチなら開放的気分を味わえそう。春気分で存分にキレイ色オシャレを楽しむための”全身映える”キレイ色術をご紹介しています!

撮影/西崎博哉(MOUSTACHE) モデル/高垣麗子 ヘア・メーク/森野友香子(Perle Management) スタイリスト/濱口沙世子 取材/小仲志帆 ※情報は2021年4月号掲載時のものです。

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Jun
20
今日の40代おしゃれコーデ

学校行事にも◎ 足元に大人な甘さを足せる【ネイビーリボンサンダル】

学校行事にも◎ 足元に大人な甘さを足せる【ネイビーリボンサンダル】

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

ムダ買い先生に教わる最高の1着を計6名様にプレゼント

会員プレゼント

STORY experience会員「推し活」アンケート&プレゼント

PICK UP