• TOP
  • Fashion
  • 化石にならない【ボーダートップスコーデ】の選びとコツは?
Fashion特集

化石にならない【ボーダートップスコーデ】の選びとコツは?

ちまたでは、若かりし頃に着ていた流行服が再熱中! 「JJ」を読んでいた頃の思い出のままに着てみたけど……。なんか違う? いや、全然違う!? 昔2度めの流行服をオシャレに着こなすにはどうしたらいい? 今回は【ボーダートップス】編です。

▼あわせて読みたい
再流行服【ニットアンサンブル】をおばさんっぽくならずに着こなす!

目次 ★ 化石にならないアイテム選びのコツ
★ レースやレザーなど逆ベクトルな組合わせで

化石にならないアイテム選びのコツ

◯ スタイリスト石毛のりえさんが指南!

首もとはボートネックから、クルーネックに変化。主張しない程度のひとクセデザインのものならば、普段着感を封印できます。

<Ishige’s comment>
人と被らないさりげないデザインが大人らしさを援護。クローゼットのスタメンこそ、こだわった新しいデザインが新戦力に。

プルオーバー¥36,300(マディソンブルー)

参考:1 度めの流行はこんな感じでした ボーダーといえば、マリンコーデが鉄板。細身の白パンツを合わせて、トリコロールカラーでまとめるのがお決まりでした。

レースやレザーなど逆ベクトルな組合わせで

合わせ方が要。定番の底力を見直して

組み合わせでボーダーのほっこりを回避。

Tシャツ¥13,200(ダブルスタンダードクロージング/フィルム)スカート¥262,900パンツ¥51,700(ともにマディソンブルー)バッグ¥18,700(ジャンニ キアリーニ/ジャンニ キアリーニ 銀座店)靴¥50,600(ネブローニ/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス ロッポンギ)ピアス¥13,200(ローラ ロンバルディ/room3138)ネックレス¥58,300リング¥77,000(ともにマリハ)バングル¥19,800(アンセム フォー ザ センセズ/アマン)

撮影/須藤敬一(人物)、五十嵐 洋(静物) モデル/畑野ひろ子[身長:167cm] ヘア・メーク/川村友子 スタイリスト/石毛のりえ 取材/片山あゆみ ※情報は2022年9月号掲載時のものです。

おすすめ記事はこちら
-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

May
19
今日の40代おしゃれコーデ

【ボウタイブラウス×オールインワン】甘×ハンサムコーデは爽やかブルーで統一感を

【ボウタイブラウス×オールインワン】甘×ハンサムコーデは爽やかブルーで統一感を

会員限定PRESENT

会員プレゼント

花王ブローネ「STORY共同開発カラートリートメント」を50名様にプレゼント!

雑誌購入限定プレゼント

甘ニッシュを作る辛口な服を計6名様にプレゼント

PICK UP