• TOP
  • Fashion
  • オシャレな「ピンク使い」はダイアナ元妃がお手本に!【コーデ3選】
Fashion特集

オシャレな「ピンク使い」はダイアナ元妃がお手本に!【コーデ3選】

亡くなってから今年で25年。今もなお愛され続けているダイアナ元妃。 30年以上の時を経て今もお手本にされる彼女の自由なファッションには、おしゃれがマンネリ化したSTORY世代こそ、取り入れたい要素が実は沢山ありました。今回は「ピンクコーデ」編です。

▼あわせて読みたい
「家族とのリラックス時間のオシャレ」はダイアナ元妃が参考になる!

目次 ★ 華やかシーンから緊迫シーンまで、ピンクが 持つ女性らしい効果を多用
★ バッグから足元まで「同じ色に統一」して、完璧なスタイリング
★ 「軍服にピンコンバース」を合わせる公務スタイル
★ 動きやすさ、女性らしさ、きちんと感の「バランスが完璧」なスタイル

華やかシーンから緊迫シーンまで、ピンクが 持つ女性らしい効果を多用

◯ 私たちがダイアナファッションを解説します!

英王室ファッション研究家 にしぐち瑞穂さん:英王室ウォッチャーとしてまた雑誌、アナウンサーのスタイリストとして長年活躍。著書『幸せを引き寄せる キャサリン妃着こなしルール』も。
ライター/皇室ウォッチャー 味澤彩子さん
「ダイアナ元妃が好んだきれい色と言えば、ピンクとブルー。特にピンクはダイアナ元妃が持ち続けたピュアな部分を象徴するようにパステル系を愛用していました」(にしぐちさん)

驚くのは、バレエ鑑賞から地雷撲滅運動への参加、軍への訪問時などタフな場面まで幅広いシーンで取り入れていたこと。大人が挑戦しやすいきれい色であることを証明しています。

バッグから足元まで「同じ色に統一」して、完璧なスタイリング

Ⓒ Press Association/アフロ

実際はドッキングワンピースで、ダイアナ元妃が懇意にしていたキャサリン・ウォーカーのもの。

今着るなら……淡いピンクなら小物までピンクでも、大人の甘さ

お手本はドッキングワンピースですが白ブラウス×ピンクパンツで再現。淡いピンクは大人も挑戦しやすい。

パンツ¥50,600(ebure/ebure GINZA SIX店)バッグ¥16,500靴¥30,800(ともにツル バイ マリコ オイカワ)ブラウス※衿取り外し可能¥24,200(styling/)

「軍服にピンコンバース」を合わせる公務スタイル

Ⓒ Shutterstock/アフロ

常に新しいものに挑戦したダイアナ元妃を象徴。

今着るなら……ハードなスタイルも瞬時に和らぐひとさじのピンク

アースカラーのMA-1、オールインワンでタフなミリタリー感を再現し、ピンクコンバースを引き立てます。

スニーカー¥8,250(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)ブルゾン¥63,800(ザ シンゾーン/Shinzone LUMINE YURAKUCHO)オールインワン¥73,700(カオス/カオス表参道)バッグ¥19,800(メゾン ヴァンサン/フラッパーズ)サングラス¥40,700(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)

動きやすさ、女性らしさ、きちんと感の「バランスが完璧」なスタイル

Ⓒ ロイター/アフロ

地雷撲滅運動時、緊迫したシーンで。

今着るなら ……タートルINのレイヤードでベーシックにひと手間を

かなりベーシックなコーデなのでシャツの素材をコーデュロイに、タートルINのレイヤードで今季らしく。

シャツ¥26,400カットソー¥17,600(ともにGALELIE VIE/GALELIE VIE MARUNOUCHI)デニムパンツ¥22,880(SERGE de bleu/ショールーム セッション)バッグ※新宿店、銀座店限定¥44,000(ヴァジック/ヴァジックジャパン)靴¥75,900(ペリーコ/アマン)チョーカー¥14,850(イン ムード/フォーティーン ショールーム)

撮影/佐藤 彩〈静物〉 監修/にしぐち瑞穂 スタイリスト/MaiKo yoshida 画像提供/AFLO 取材/味澤彩子、石澤扶美子 ※情報は2022年11月号掲載時のものです。

おすすめ記事はこちら
-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Apr
12
今日の40代おしゃれコーデ

週末マルシェは【キレイめデニム】を軸にした清潔感ある“ほの甘”カジュアルで

週末マルシェは【キレイめデニム】を軸にした清潔感ある“ほの甘”カジュアルで

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

春に役立つ万能な服を計6名様にプレゼント

PICK UP