• TOP
  • Fashion
  • 【ネイビーコーデ7選】デニムから学校行事まで和田明日香さんと考えた大人のオシャレ
Fashion特集

【ネイビーコーデ7選】デニムから学校行事まで和田明日香さんと考えた大人のオシャレ

この秋、リアルな学校行事・PTA・おシゴトのシーンが復活。子どもが成長したからこそ感じられる余裕とともに、肩ひじ張らない華やかで自分らしいオシャレなネイビーの新しい可能性を、和田明日香さんと考えます。

▼あわせて読みたい
モノトーンもネイビーも!40代の学校行事服コーデ3選

目次 ★ 和田明日香さんProfile
★ マスクを外し2度目の「はじめまして」
★ 仲を深めたい「ママ達とのディナー」
★ 動きやすさ重視の「運動会」
★ 演者に敬意を示したい「音楽会」
★ 親としての意見を共有する「面談」
★ 大切な「打ち合わせ」は
★ PTA終わりの「会食」には
★ ネイビーの力を借りて「自分らしさの意思表示」を


和田明日香さんProfile

料理家。STORY誌面でも、飾らないカジュアルスタイルが人気。ご自身は幼少期より私立女子校に通い、3人のお子さんは私立小学校と公立中学校に在学中。様々な学校の雰囲気や行事を体験しているからこそ「自分らしいカジュアル」を貫く和田さん。この秋は普段よりもエレガントなネイビーにも挑戦してみたいそう。

マスクを外し2度目の「はじめまして」

新鮮なTシャツスタイルで久しぶりのクラス懇談

学校シーンでも妥協のネイビーは着たくないから自分らしくいるためのキーアイテム「白Tシャツ」と「ブルーデニム」を更新したスタイルで。ジャケットの丈感やスウェットの素材で流行感を取り入れれば「はじめまして」に自信が持てます。

「ネイビーの持つパワーを一番に実感できるのがジャケット。短か丈を選んで更新感をさりげなくアピール。高めの衿と丸みを帯びたラペルのカッティングで自分らしいハンサムスタイルが完成」。

ジャケット¥57,200パンツ¥30,800(ともにロエフ/ユナイテッドアローズ 原宿本店)Tシャツ¥14,300(エイトン/エイトン青山)バッグ¥159,500(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン カスタマーセンター)靴¥38,500(ヒューン/アルアバイル)ピアス¥28,600(ブランイリス/ブランイリス トーキョー)ネックレス¥46,200リング[人差し指]¥99,000リング[小指]¥38,500(すべてマリハ)

仲を深めたい「ママ達とのディナー」

女っぽいデニムスタイルで

「36歳になって体型も気になるようになってきたので、体型が気にならない、女っぽいデニムスタイルを探していたんです。このトップスはベースがカットソー素材なので着心地がめっちゃ楽! いつものスウェット+デニム感覚で着られて、さらにチュール素材で女っぽさもプラスで一石二鳥」。

トップス¥41,800(チカ キサダ フォー ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店)パンツ¥44,000(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ)バッグ¥34,100(アンテプリマ/ワイヤーバッグ/アンテプリマジャパン)靴¥35,200(ツル バイ マリコ オイカワ)ピアス¥68,200(ブランイリス/ブランイリス トーキョー)

動きやすさ重視の「運動会」

一味ちがう着こなしをしたい

開会式やお手伝いタイムは、前ボタンをラフにあけてワンピース感覚の着こなし。応援に力が入る午後にはトップス部分を腰巻きにしてカジュアル度アップ。

「ついつい応援に熱が入る運動会では動きやすさと同じくらい着崩れしないことも大切。作業着っぽく見えちゃうかも?って心配があったオールインワンもネイビーの力を借りれば私らしくきちんと感があるスタイルに。締め付け感もなくて動きやすいので運動会にはぴったり。ヒールを合わせればお出かけにも着まわしできそう」。

オールインワン¥75,900(ebure/ebure GINZA SIX店)Tシャツ¥17,600(エー・ゴールド・イー/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ)バッグ¥16,500(ノマディス/プルミエ アロンディスモン)靴¥34,100(オートリー/トヨダトレーディング プレスルーム)キャップ¥4,400(ニューエラ)ピアス¥31,900ネックレス[チェーン]¥19,800ネックレス[コイン]¥22,000(すべてマリハ)腕時計¥61,380(スント)

演者に敬意を示したい「音楽会」

シャキッと辛口を意識したい

シックなホールに相応しいシースルー素材でオケージョン感を。

「子ども達や子どもの友人の発表会に招かれた時は素敵な時間を過ごさせてもらう感謝の気持ちをこめていつもとは違ったオシャレで参列したい。注目アイテムのニットビスチェで特別感を出した辛口スタイルで思い出の1日に。ビスチェのニット、パンツのウールと2つの素材の違うネイビーを堪能」。

ビスチェ¥19,800(アンスクリア/アマン)トップス¥9,900(イウエン マトフ/ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店)パンツ¥29,700(カレンソロジー/カレンソロジー二子玉川)バッグ¥59,400(メアリ オル ターナ/プルミエ アロンディスモン)ピアス¥29,700リング¥40,700(ともにブランイリス/ブランイリス トーキョー)ブレスレット¥26,400(ローラ ロンバルディ/八木通商)

親としての意見を共有する「面談」

やわらかい印象のふんわりスカート

「ハリ素材のふんわりスカートは体型を拾いすぎずきちんと感のあるシルエットに。黒のラガーシャツは短か丈なのが新鮮です」。

スカート(一部店舗限定カラー)¥75,900(ebure/ebure GINZA SIX店)トップス¥30,800(ブリル/エレメントルール カスタマーサービス)バッグ¥60,500(チャコリ × ハイク/ボウルズ)靴¥48,400(ルカグロッシ/プルミエ アロンディスモン)ピアス¥47,300リング¥37,400(ともにブランイリス/ブランイリス トーキョー)

大切な「打ち合わせ」は

印象に残るメタリックなネイビーパンツ

「自分の意見を相手に伝えたいシーンではネイビーに意思の強さを伝える力のある黒をコーディネートしたスタイルで。この時のネイビーはハリ感やメタリック感のある素材を選ぶと黒とのコントラストが生まれます」。

パンツ¥26,400(イウエン マトフ/ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店)ブラウス¥20,900(プルミエ アロンディスモン)バッグ¥19,800(メゾン ヴァンサン/フラッパーズ)靴¥71,500(ペリーコ/アマン)ピアス¥9,680(オクト)バングル¥44,000(ブランイリス/ブランイリス トーキョー)リング[右手]¥93,500リング[左手]¥192,500(ともにマリハ)

PTA終わりの「会食」には

好印象を引き寄せるツヤを足す

ツヤネイビーで全身まとめて清らかな夜っぽさで参戦。

「ツヤ素材は黒だと媚びた感じで、白だと清楚になりすぎる難しい素材。その点、ネイビーのツヤ素材は清いけれど健康的な夜っぽさもあって絶妙なバランス。だから、全身ツヤ素材でまとめても嫌味にならずいろんなタイプの保護者がいる場でもノーブルな印象を与えることができるんです。シャツのボタンを深めにあけてパールを合わせたヘルシー感のある着こなしで」。

シャツ¥102,300スカート¥93,500ニット¥58,300(すべてマディソンブルー)バッグ¥39,600(ヴァジック/ヴァジックジャパン)靴¥31,900(オートリー/トヨダトレーディング プレスルーム)メガネ¥36,300(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)ピアス¥37,400(ブランイリス/ブランイリス トーキョー)ネックレス¥10,800(アビステ)バングル¥162,800(ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)リング¥38,500(マリハ)

ネイビーの力を借りて「自分らしさの意思表示」を

ネイビーは昔から大好きな色。アメリカ西海岸のプレッピーカルチャーを反映させた「ラルフ ローレン ラグビー」のネイビージャケットが好きで学生時代からよく着ていました。私のネイビー好きの根底にはこの頃に培ったスタイルがある気がしています。

3人の子どもの母となった今は「その場から浮かない、場にふさわしい人間です」という意思表示をしたい時にネイビー服に袖を通すようになりました。

だからといって、お受験スーツやコンサバなタイトスカートやパンプスに無理やり体をねじ込むのは苦手。普段からカジュアルなスタイルが好きなので、自分が心地よくない格好をしてまでその場に合わせる必要はないと思うんです。母だからこういう格好をしなくちゃいけないって、だれの常識なんだろうと違和感を感じませんか? 白や黒より色のグラデーションに幅があって、素材感も映える、ものすごくパワーを秘めたネイビーで、自分らしさを表現できたらかっこいいですよね。

例えば学校シーンでは親として意見を求められることも多いので、相手へのリスペクトを込めて普段は着ない少しカチッとしたネイビーに挑戦をしたり、運動会では動きやすくて着崩れしない流行アイテムのオールインワンをネイビーで取り入れたりして。仕事で目上の方も参加する会議や打ち合わせの時などもネイビーをベースにすると、黒ほど強すぎず白ほど媚びた印象を相手に与えない提案ができる気がします。ネイビーの可能性を最大限に活用して、今の私にちょうどいいスタイルを見つけたいです(和田明日香さん)

撮影/須藤敬一 モデル/和田明日香 ヘア・メーク/陶山恵実(ROI) スタイリスト/石毛のりえ 取材/安西繁美 ※情報は2023年10号掲載時のものです。

おすすめ記事はこちら

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Feb
24
今日の40代おしゃれコーデ

【黒タートル×デニムパンツ】の定番コーデが「ビスチェ」ひとつで今年らしく

【黒タートル×デニムパンツ】の定番コーデが「ビスチェ」ひとつで今年らしく

会員限定PRESENT

会員プレゼント

イタリア最北端・アルト・アディジェの極上ワインセット(各2本・約¥18,000相当)を3名様にプレゼント!

会員プレゼント

神宗の鍋つゆ「美鍋シリーズ」7種類セット(¥11,016)を計10名の方にプレゼントします!

PICK UP