• TOP
  • Fashion
  • 【雅子さまと紀子さま】ポイントは足元!運動会ファッションに表れるお人柄の違い
Fashion麗しき皇室ファッションの世界

【雅子さまと紀子さま】ポイントは足元!運動会ファッションに表れるお人柄の違い

皇族の方々のプライベートな一面が垣間見られる、お子さまたちの運動会での一コマ。ご家族でお子様方の晴れ舞台を熱心に応援する姿は、より親しみが感じられます。

ご公務よりもカジュアルな場面である運動会。雅子さま、紀子さまのファッションを見比べると、お二人の好みの違いが表れている様子。お二人の運動会ファッションについて、放送作家・皇室ライターのつげのり子さんに伺いました。

▼あわせて読みたい
雅子さまが確立された令和流ロイヤルファッション…美智子さまとの違いは?

INDEX 雅子さまはジャケット+タートルネックできちんと
紀子さまはストライプシャツでカジュアルに
お二人の人柄が表れたアイテム

雅子さまはジャケット+タートルネックできちんと

  • 2006年。この時はジャケットを羽織られていませんが、パールのイヤリングで皇族らしい気品が。足元は走れるスニーカーですがオールブラックの、スニーカーながらきれいめ感のある一足を選ばれています。(C)JMPA
  • 2007年。ハンサムに見える襟付きのアイテムを好まれる雅子さま。ブルーと白の爽やかなストライプシャツに合わせて、パンツもネイビーと、ブルー系の配色で統一をだされています。ロンシャンと思われるバッグもネイビーのものを選ばれて。(C)JMPA
  • 2008年。ベージュのニットに黒いテーラードジャケットと、配色もアイテムもシックな着こなし。やや大きめのパールのイヤリングをすることで、シックな着こなしにエレガントな華を添えられています。(C)JMPA
  • 2009年。白いタートルネックと、パールのイヤリングのリンクが洗練された印象の着こなし。黒ではなくグレーのテーラードジャケットを合わせることで爽やかかつ柔らかな印象に。(C)JMPA

「雅子さまファッションの代名詞とも言える、テーラードジャケットは運動会でも健在。足元こそスニーカーを履かれてカジュアルですが、ジャケットや一粒パールのイヤリングを合わせることできちんと感があり、動きやすさときちんと感を両立されています。品格があり落ち着いた校風の学習院は、父兄の方々も運動会のわりにカジュアル度の低い装いをされているので、他の父兄の方々ともなじんでいらっしゃいますよね」(つげさん、以下同)

紀子さまはストライプシャツでカジュアルに

  • 2014年。ウエストマークされたシャツスタイル、センタープレスのパンツで、フラットシューズの装いをきれいに、すらっと見せている着こなし。カジュアルですがスマートな印象です。(C)JMPA
  • 2016年。一緒に参加された眞子さまとのリンクが素敵なストライプシャツの着こなし。2年前よりもやや丈が長いシャツに、ホワイトパンツを合わせてよりエレガントに着こなされています。(C)JMPA
  • 2018年。ブルー、ネイビー、ベージュの3色を使いながら、バッグと靴の色を合わせて統一感をだしている着こなし。淡くドット柄の効いたバッグで、紀子さまらしい甘い雰囲気を演出されています。(C)JMPA

「ご公務などではエレガントなスカートスタイルが多い紀子さま。運動会ではパンツスタイルで、毎回ストライプのシャツを第一ボタンを開けてお召しに。紀子さまの装いの中ではかなりカジュアルな印象です。学習院初等科に比べると、ラフな装いの父兄が多く感じるお茶の水女子大学附属小学校の雰囲気に合わせていらっしゃるのでしょう。また、シャツと言えどもウエストをマークされたデザイン、フリルなどの甘いディテールが効いたものを選ばれていて、ウエストマークやフリルを好まれていた美智子さまをお手本にされているのかもしれません」

お二人の人柄が表れたアイテム

今回、つげさんが特に注目したのは、お二人の足元だそう。

「お二人の運動会での着こなしを拝見すると、お人柄が表れているように思います。雅子さまは毎回、スニーカーを履かれています。雅子さまがスニーカーを履かれているのは珍しいことですが、中学高校とソフトボール部に所属され、元来アクティブで運動神経抜群の雅子さまは、もしかしたら競技に参加される可能性を感じ、走れる靴を選ばれていたのではないでしょうか? 雅子さまの、念には念をいれ、万が一のために用意周到に準備される真面目なお人柄が伺えます。

そして紀子さまの足元は、モカシン。動きやすさはありますが、競技への参加は想定されていなさそうです。これは、眞子さまや佳子さまのときは参加しなかったから今回も大丈夫、という余裕や、合理的でスマートな考え方が伺えます。動きやすくもきちんと見えするモカシンは、カジュアルな中でもエレガントさが感じられますよね。

ちなみに、天皇陛下の学習院幼稚園時代、運動会に参加されていた現上皇后の美智子さまの着こなしはなんと、エレガントなスーツにヒールパンプス。その着こなしで大玉転がしの競技に参加されていました。周りを見渡しても、スーツ、ネクタイ姿で参加されている父兄ばかりで、運動会の着こなしからも時代の変化を感じます」

動きやすさを考えながらも、皇族らしい品格を保たれている雅子さまと、紀子さまの運動会ファッション。スニーカーやシャツ、デニムなどラフなファッションアイテムをきれいに着こなすときのお手本になりそうです。

教えてくれたのは…
放送作家・皇室ライター
つげ のり子さん

テレビ東京系『皇室の窓』の放送作家。2001年の愛子さまご誕生以来、皇室番組の構成を担当し、皇室研究をライフワークとしている。ワイドショーから政治経済番組、ラジオまで様々な番組の構成を手掛ける。著書に『天皇家250年の血脈』(KADOKAWA)『素顔の雅子さま』『素顔の美智子さま』(河出書房新社)などがある。

取材/味澤彩子

おすすめ記事はこちら

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Feb
23
今日の40代おしゃれコーデ

【黒タートル×デニムパンツ】の定番コーデが「ビスチェ」ひとつで今年らしく

【黒タートル×デニムパンツ】の定番コーデが「ビスチェ」ひとつで今年らしく

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

運気がアップする!開運ファッション

会員プレゼント

イタリア最北端・アルト・アディジェの極上ワインセット(各2本・約¥18,000相当)を3名様にプレゼント!

会員プレゼント

神宗の鍋つゆ「美鍋シリーズ」7種類セット(¥11,016)を計10名の方にプレゼントします!

PICK UP