• TOP
  • Fashion
  • 大草直子さんがいま注目しているオシャレと機能性両立の「レインシューズ」とは
Fashion大草直子さんの「今、ひとつだけ何かを買いたいなら“コレ”になさい」

大草直子さんがいま注目しているオシャレと機能性両立の「レインシューズ」とは

今月は2回『スタイリスト・大草直子さんの一押しアイテム』をご紹介。これからの季節にお役立ち間違いなしのレインシューズです。

▼あわせて読みたい
大草直子さんがいま注目するのは「ジレみたいなシャツ×スカート」!

目次 ★ TEMPERATEのレインシューズ
★ 期間限定で光文社のECサイトkokode.jpでも販売中!


TEMPERATEのレインシューズ

テンパレイトというブランドを知っていますか? 2017年にスタートしたレインシューズのブランドです。キャッチフレーズは「雨の日が楽しみになる」「晴れの日も履きたい」靴。良いじゃないですか。東京の降水日数は、1年で113・2日。上越だと206・9日。365日のうち、3分の1弱~3分の2は雨なんです。

しつこいですが、東京に住んでいたら、3日に1日は雨! だからこそ、日本人の肌はしっとりと柔らかく、森の緑は深いのです。

が! 傘は差さなきゃいけないし、髪はふくらむし、ファッションだって制約がある。特に靴。友人やパートナーとディナーの約束がある朝、レインブーツは気持ちが落ちます。そんなときに、テンパレイトの1足です。

一体成形と言われる、水が染みない完全防水のPVCシューズなので、小雨どころか、激しく降る雨にだって負けません。デザイン性が高く、モード感も満載のルックスなので、シーンを問わず履けそう。例えば、パール付きの1足はスカートにもパンツにも◎。薄手のストッキングを合わせれば、仕事にだって!

シルバーのアクセサリーが施された1足は、晴れの日に履きたい。つま先はオープンなので、強い雨には向かないかもしれませんが、例えばビーチに行く日にはぴったりです。ほとんどが10、000円以下、すぐに2足、3足と揃えてしまいそうです。

雨も晴れも楽しみなモードなデイリーシューズ 今回ピックアップしたのは黒の2足ですが、モデルによっては綺麗な色も揃います。汚れや傷もつきづらく洗えるから、淡い色に挑戦するのもあり!

サンダル¥8,250フラットシューズ¥8,140(ともにテンパレイト/シックスティーフォー)

期間限定で光文社のECサイトkokode.jpでも販売中!

2024年5月23日までkokode.jpでも販売中です!

大草直子・スタイリスト、エディター。1972年東京都生まれ。「ヴァンテーヌ」(現在休刊)の編集者を務め、その後フリーランスに。今年の標語は「熱狂する」。仕事も遊びも、すべてぶっちぎる――という意味です。好奇心をもってワクワクすることは、更年期を乗り切るのにも必要な要素♡

撮影/佐藤 彩 スタイリスト・取材/大草直子 ※情報は2024年6月号掲載時のものです。

おすすめ記事はこちら

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Jun
17
今日の40代おしゃれコーデ

【40代のお仕事コーデ】急な来客や会議にも神対応!「半袖ジャケット」が夏のベストパートナー

【40代のお仕事コーデ】急な来客や会議にも神対応!「半袖ジャケット」が夏のベストパートナー

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

ムダ買い先生に教わる最高の1着を計6名様にプレゼント

会員プレゼント

STORY experience会員「推し活」アンケート&プレゼント

PICK UP