Fashion特集

実はカンタン! 40代向け【ヴィンテージ服】のはじめ方

「ヴィンテージ服」のイメージって、なんだか着こなしが難しそうで、値段も高そうでって、敬遠している40代って多いはず。でも、実は今どきのヴィンテージ服は、値段も高くなく、手持ち服にも合わせやすいんです! 1つ投入するだけで着こなしにこなれ感が生まれ、何を着てもほっこりしちゃう甘め顔の解決策にもなるんです。そんなヴィンテージ服の40代向けの取り入れ方のコツを紹介します!

Levis,のヴィンテージデニム¥18,000〈THIRD MAGAZINE VINTAGE〉レースブラウス¥52,000(ともにTHIRD MAGAZINE)中に着たロングスリーブカットソー¥11,000(カレンソロジー/カレンソロジー青山)イヤリング¥38,000ゴールドとチェーンのリングのセット(左手中指)¥25,000(ともにIOSSELLIANI)ゴールドの太リング(右手薬指)¥35,000ゴールドの細リング(左手人差し指)¥24,000(ともにASAMI FUJIKAWA)バッグ¥48,000〈ウェルデン〉パンプス¥46,000〈ネブローニ〉(ともにフラッパーズ)
目次 ★ビギナーが選ぶべきヴィンテージアイテム①【スウェット】
★ビギナーが選ぶべきヴィンテージアイテム②【Tシャツ】
★ビギナーが選ぶべきヴィンテージアイテム③【デニムパンツ】
★ビギナーが選ぶべきヴィンテージアイテム④【アウター】

★ビギナーが選ぶべきヴィンテージアイテム①【スウェット】

ゆったりめを選んでオーバーサイズで着こなして スウェットは肩周りやアームホールがゆったりとしたサイズを選ぶのがコツ。人気のカレッジロゴはひと手間加えたデザインだと差がつきます。
(左から)ヴィンテージならではの色落ち感のあるブルーベースにホワイトのロゴが爽やか。ヴィンテージのスウェット¥9,300イラストも黒一色で描かれたものならば大人っぽい。ヴィンテージのスウェット¥9,800

着こなしの法則:”ふんわりスカート”に合わせると失敗しない ヒットアイテムのふんわりスカートのコーディネートのマンネリ打破になるのがヴィンテージスウェット。ワントーンかコントラスト弱めにするとお互いが馴染み、着こなしやすくなります。

<人気のカレッジロゴは立体感のあるパッチワークで差をつけて>
STORY世代に一番人気のカレッジロゴは人と被りやすいアイテム。パッチワークロゴなどひと手間かかったデザインを選んで。ヴィンテージのスウェット¥10,000(エイチビューティ&ユース)プリーツスカート¥39,000(イレーヴ/アングローバル)バッグ¥68,000(サイモン ミラー/エドストローム オフィス)スニーカー¥10,000(ナイキ/エミ ニュウマン新宿店)中に着たTシャツはスタイリスト私物

<定番色のグレーはイエローのスカートで春らしく軽やかに>
スウェットはゆとりのある肩周り、裾ゴムの幅など絶妙なシルエットとサイズ感。スカートは足捌きのいいサイドスリット入り。ヴィンテージのスウェット¥24,000(TORO)ヴィンテージのバングル¥58,000ネックレス¥22,000〈ハルポ〉(ともにアパルトモン 青山店)スカート¥36,000(オーラリー)バッグ¥18,000〈マルシェ〉シューズ¥22,000〈スペルタ〉(ともにフラッパーズ)

★ビギナーが選ぶべきヴィンテージアイテム②【Tシャツ】

子供っぽくなるキャラものはNG。書体に凝ったロゴものがおすすめ キャラものではなくレタードやイラストなどをセレクトするのがTシャツ選びのコツ。衿がヨレすぎているものは首元がだらしなく見えるので避けて。
(左から)程よく色あせした赤のロゴが柔らかなイメージ。ハードなアイテムの中和役としてコーディネートに取り入れて。ヴィンテージのTシャツ¥7,500 細めの書体が女性らしい。¥9,500

着こなしの法則:”イン前提のボトムス”を選ぶと間違いなし ヴィンテージのTシャツは丈が長めになっているデザインが多いので、裾をインすること前提のコーディネートで。手持ちのアイテムと馴染ませたければ、ワントーンでまとめるのが一番です。

<レーススカートをヴィンテージの力で肩の抜けたスタイルに>
ミュージカルのCATSのロゴTは背中にはキャッツの目のイラストが光るキュートなデザイン。ロゴがあえて下めの位置に入っているのもポイントです。ヴィンテージのTシャツ¥6,800(TORO)レーススカート¥18,000(セルフォード/セルフォード 新宿ルミネ1店)スプリングコート¥56,000(カオス/カオス表参道)ピアス¥20,000ブレスレット¥22,000(ともにシンパシー オブ ソウル スタイル/フラッパーズ)バッグ¥175,000(BALLY/BALLY GINZA SIX)ミュール¥48,000(ペリーコ/アマン)

<イラストTはワントーンでまとめて全身と馴染ませて>
ヴィンテージのTシャツ¥6,000(アッシュ)ワイドパンツ¥61,000バングル¥17,000(ともにpelleq)肩に掛けたカーディガン¥26,000(カオス/カオス表参道)イヤリング¥36,000(DANIELA DE MARCHI)/アッシュ・ペー・フランス)バッグ¥17,000(ビーチ ゴールド/スティーブン アラン トーキョー)ビットローファー¥62,000(ジョセフ チーニー/BRITISHMADE 銀座店)

★ビギナーが選ぶべきヴィンテージアイテム③【デニムパンツ】

ダメージ控えめが大人っぽく着こなすポイント ダメージがいきすぎると大人はイタく見えるので程よいものを。ヴィンテージをカスタムしたブランド公認のリメイクも選択肢に。
1950年代~90年代のデニムをカスタムした、リーバイス公認のリメイクブランド〈RE/DONE〉(リダン)のデニム。一点ずつ手作業でリメイクされているのでシルエットも現代風。バックポケットにはリーバイスの赤タグとオリジナルの白パッチがついています。ヴィンテージデニムには抵抗のあるという人にもぜひ。リメイクのデニム¥45,000

着こなしの法則:合わせるトップスは” とろみブラウス一択” マットな質感のヴィンテージデニムには女っぽくツヤのある質感のとろみブラウスがベストな選択。足元はヒールやサンダルなど華奢なデザインを合わせると大人っぽく。

<フューシャピンクは小物とリンクさせて全身に統一感を>
インパクトが強いヴィヴィッドカラーもヴィンテージデニムなら優しく受け止めてくれます。ヴィンテージのデニム¥26,000(MAISON No.8)バッグに入れたヴィンテージのスカーフ¥7,800(カオス表参道)ブラウス¥43,000(フォンデル/ユナイテッド アローズ 銀座店)ベルト¥16,000(マーティン フェイジー/カレンソロジー青山)ネットバッグ¥18,000(Aeta/アルファ PR)イヤリング¥6,000(デミルクス ビームス/デミルクス ビームス 新宿)ミュール¥64,000(BALLY/BALLY GINZA SIX)

<フェミニンなフラワープリントをデニムで程よくカジュアルダウン>
膝の破れすぎや汚れのつきすぎなど、行きすぎたヴィンテージデニムはイタく見えてしまうので大人は避けたほうが無難です。程よい色落ち感を選んで。ヴィンテージのデニ¥6,800(TORO)ブラウス¥36,000(エキップモン/サザビーリーグ)バッグ¥34,000(ヤング&オルセン ザ ドライグッズ ストア/ロンハーマン)ミュール¥55,300(マリ ジウディセリ/エディット フォー ルル)

★ビギナーが選ぶべきヴィンテージアイテム④【アウター】

アームホールゆったりめなら、合わせるアイテムを選ばない 羽織り系アウターはアームホールと肩周りがゆったりしたものを選ぶと、どんなインナーも合わせやすくなり、着こなしの幅が広がります。
シャツジャケットはきちんと感のある衿付きを。ヴィンテージのシャツジャケット¥14,000(すべてTHIRD MAGAZINE VINTAGE/THIRD MAGAZINE)

着こなしの法則:”女っぽいワンピース”との相性が抜群です! 1枚で着るには肌寒いふんわりワンピースの救世主がヴィンテージアウター。ベージュ系やカーキなどアースカラーを選ぶと着まわしの幅が広がります。

<意外性のある組合わせでいつものワンピを新鮮な印象に>
大きめサイズのシャツジャケットは袖をたくし上げ、手首を見せるのがバランスよく見せるコツ。ヴィンテージのシャツジャケット¥10,000(ヘリコニア)ワンピース¥69,000(ビューティフルピープル/ビューティフルピープル 銀座三越)ピアス¥32,000〈シンパシー オブ ソウル スタイル〉ブレスレット¥53,000〈シー〉(ともにフラッパーズ)サークルバッグ¥72,000(JEROM DREYFUSS/アッシュ・ペー・フランス)スニーカー¥10,800(スプリングコート×デミルクスビームス/デミルクス ビームス 新宿)

<シャツとジャケットの重ねコーデで着こなしに奥行きを>
キャミソールタイプのワンピースはチェックシャツとアウターを重ねれば街仕様に。ヴィンテージのシャツジャケット¥13,000(アッシュ)ヴィンテージのチェックシャツ¥13,000(エイチビューティー&ユース)バッグに入れたヴィンテージのスカーフ¥5,000(MAISON No.8)キャミソールワンピース¥30,000(オズマ/アパルトモン 青山店)カゴバッグ¥20,000(ビューティフルピープル/ビューティフルピープル 銀座三越)サンダル¥33,000(チェンバー/エフユーエヌ)

撮影/三瓶康友(人物)、ジョン・チャン(静物) モデル/高垣麗子 ヘア・メーク/佐藤エイコ(ilumini) スタイリスト/朝倉 豊
チームSTORY
FROMチームSTORY 雑誌「STORY(ストーリィ)」の製作に携わる編集部員たち。日夜雑誌作りに勤しむなかで得た知見、タメになる情報、愉快な話などなどファッションからライフスタイルまで、STORYらしさ溢れるトピックを、webでも存分に披露していきます。
記事一覧を見る >
-Keywords
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

RELATED TOPICS

FEATURE

Jul
16
今日の40代おしゃれコーデ

子供の夏休み前、貴重な一人時間を味わう【ロングスカート】コーデ[7/16 Tue.]

PICK UP

PRESENT

「ミラオーウェン」「ボーテ ド オペーク」のワンピースを計8名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。