Fashion特集

STORYが総力取材!【2019年版】ファッションで叶う「脱オバさんマニュアル」

気づけば「オバさん」と正面切って呼ばれることってなくなったという40代女性は多いんじゃないでしょうか。気づかわれているのか、「○○ちゃんママ」と言われることばかりで。それだけ40代女性が美しくなったということだけれど、年齢的にはそう呼ばれてもおかしくない。だから仕草、体型、ファッション……と、油断すると漏れ出る〝オバさん感〟に敏感でいたい年代。「オバさんには程遠い人」に教わった秘密をもとに、笑って読めて、普段のコーデの参考にもなる「脱オバさんマニュアル」、作りました。

目次 <男性目線> で挙がった〝オバさんには程遠い人の3条件
<ママ友目線> で「さすが!」と唸った〝オシャレの秘密〟をPICK UP


<男性目線>で挙がった〝オバさん〟には程遠い人の3条件

男性から教わるのは、とにかく流行をキャッチアップして若く見せるより、フレッシュで、クリーンに見えるほうがずっと大事ということ。「無理せず、程よくある」ファッションをあらためて目指すことで、脱オバさんは近づきます。

・条件①:透明感

●透明感はどうやってつくる? キレイ色に抵抗がなくなった40代がまず心得るべきは、コーデの中に色を使いすぎないことで手に入る「透明感」。明るいグラデーションコーデを活用するのがオシャレにまとめるコツです。ブルー、ベージュ、グレー系でまとめたメリハリあるコーデが有効です。

キレイ色は清楚な「ブルー」の一択。グラデーションで仕上げれば無理せず華やげる

板についてきたキレイ色も使いすぎないことが大事。涼しげなブルーのグラデでシンプルコーデをリフレッシュ。ウエストマークでメリハリを作って透明感をより引き立たせて。コート¥88,000(オーラリー)Tシャツ¥10,000(スリードッツ/スリードッツ青山店)パンツ¥32,000(インコテックス/エリオポール代官山)バッグ¥45,000(ヴァジック/コード)パンプス¥30,000(PIPPICHIC/ベイジュ)ネックレス¥59,000(シャルロット ウーニング/フラッパーズ)

コンサバな「ベージュ」は、異素材合わせでつくるメリハリ感が好バランス

優しい印象のベージュは、ぼんやりとした印象に陥る危険も。ざっくりニットと透け感のあるプリーツスカートの異素材合わせでそれを回避すれば、女らしさも加わります。ベスト¥49,000(アンスクリア/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)スカート¥49,000(ebure)バッグ¥35,000(MARGE SHERWOOD/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)ローファー¥23,000(Daniele Lepori/PLST)

「ライトグレー」のグラデーションなら地味ではなく、爽やかに映ります

真面目顔のテーパードパンツは、Tシャツと合わせてストライプシャツを一巻きすると、爽やかさが際立つ。Tシャツ¥7,800(スローン)シャツ¥24,000(インディビジュアライズドシャツ/メイデン・カンパニー)パンツ¥21,000(スタニングルアー/スタニングルアー 青山店)バッグ¥132,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)パンプス¥48,000(ペリーコ/アマン)2連リング¥27,000(イディアライト/ジョリー&コー)リング¥48,000(ソフィ ブハイ/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店)

・条件②:清潔感

●清潔感はどうやってつくる? レイヤードに頼らないことで醸し出す「清潔感」はシャツ、シャツワンピースを活用するのがコツ。「首から肩にかけてのすっきりライン」、「きちんと感のあるデザイン」、ここでも「色を使いすぎない」ことが条件になります。

程よい身幅とハリ感、肩の落ちたデザインの「シャツ」が〝すっきり見え〟に効果大

シンプルなシャツコーデはベーシックカラーのみでまとめると洗練されて見えます。ネイビーシャツ¥15,000(ブラックバイマウジー/バロックジャパンリミテッド)パンツ¥21,000(RHC/RHC ロンハーマン)バッグ¥17,800(YAHKI/ショールーム セッション)靴¥87,000(ジル サンダー/ビオトープ)ピアス¥34,500※片耳価格(サスキア ディーツ/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店)

Variation

  • シャツ¥25,000(インディビジュアライズドシャツ/メイデン・カンパニー)
  • シャツ¥5,990[税込](ザラ/ザラ・ジャパン)
  • シャツ¥33,000(マッキントッシュ ロンドン/SANYO SHOKAI カスタマーサポート)

キリッと見えて、女らしい、よそ行き感も出る、と三拍子揃った「シャツワンピース」

すっきり見える細身シルエットのシャツワンピースにも支持が集まりました。一枚でオシャレがキマり、知的な印象も手に入るとかなり好評。シャツワンピース¥22,000(アルページュストーリー)バッグ¥19,000(バーニーズ ニューヨーク/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)サンダ¥33,000(PIPPICHIC/ベイジュ)ピアス¥25,000(LUZ ORTIZ/TOMORROWLAND)

Variation

  • ワンピース¥29,000(カレンソロジー/カレンソロジー 青山)
  • ワンピース¥22,000(マイストラーダ)

レイヤードせずに一枚で着るのが王道。肩の落ち感と程よい袖幅、ウエストマーク型が大人にしっくりきます。

・条件③:ツヤ感

●ツヤ感はどうやってつくる? 女っぽすぎない「ツヤ感」は、光沢ボトムスを活用するのがポイントです。顔から遠い場所にあるボトムスにツヤを取り入れるとヘルシーな女らしさが表現できます。

アシメトリーヘムや大人柄のアクセントが効いた「シャイニースカート」でオシャレ度UP

明るいベージュトーンなら光沢素材もトライしやすいし、上品な印象に仕上がるので好感度が高いよう。スカート¥58,000(THIRD MAGAZINE)ニット¥28,000(スローン)バッグ¥16,000(マルシェ/フラッパーズ)シューズ¥4,500(alala/ロコンド)ピアス¥16,000(DIANA BROUSSARD/TOMORROWLAND)

Variation

端整なジレのコーデも艶やかなシルクスカートを合わせると優しい女らしさが出ます。スカート¥42,000(エキップモン/サザビーリーグ)ジレ¥34,000(スタニングルアー/スタニングルアー 青山店)シューズ¥36,000(PIPPICHIC/ベイジュ)バッグ¥5,490(MANGO/ロコンド)

ピンクの光沢スカートにトーンを合わせたライラックカラーのニットがツヤ加減を調整。男性からも好感度の高い、甘さのある配色と異素材ミックスコーデが今年らしい。スカート¥8,990(PLST)ニット¥33,000(エイトン/エイトン青山)バッグ¥36,000(ヴァジック/コード)シューズ¥36,000(PIPPICHIC/ベイジュ)


編集部ライターが<ママ友目線>で「さすが!」と唸った、代表読者のオシャレの秘密をPICK UP

編集部のライター陣が、街で見かけて声をおかけしたり、紹介を受けて取材したりしている中でも特に輝いて見える40代の共通項は、意外なMyルールにありました。同じ40代ママ目線で「これはスゴい!」と唸るような「ありきたりじゃない工夫」を発見したので、詳しく紹介します。

・Myルール①:「乾燥機に放り込めない服」を着る余裕を持つ

林 佳菜子さん(40歳) メーカー勤務 「離婚して5年。下の娘も小3になり、最近やっと心に余裕を感じるようになってきました。シングルマザーとして走り続けてきた私にとって〝乾燥機に放り込めない服〟を着られることはゆとりを感じられる日々の象徴。特別なお出かけの日でなく、日常でそんな服を着ると贅沢な気分になります。40歳を迎えて以後、日常の中から小さな喜びを発見できるよう心掛けているからかもしれません」

「黒のワンピースも網目模様の重ねデザインでムードある雰囲気に。大好きなKENZOは、敢えてシックなラインを選ぶと、大人っぽくキマります」

Item list
Dress:KENZO
Bag:CELINE
Sandals:CELINE
Bracelet:VALENTINO

「KENZOは初めて〝乾燥機に放り込めない服〟を買った、特別なブランド。Tシャツに施された刺繍もいつものデニムコーデを格上に見せます」

・Myルール②:「あえてノーメークの日」をつくり、それでも映えるようカジュアルを日々磨く

寺島亜矢さん(42歳) 主婦 「肌を休ませるため、週に一度〝ノーメークの日〟を設けています。その日のコーデはシンプルなカジュアルが基本だけれど、ノーメークであることを感じさせないように〝盛りポイント〟を作るんです。ジレやロングシャツを羽織って立体感を出したり、花柄やドット柄など柄物で女らしさをプラスしたり。そのおかげでカジュアル力が磨かれて、自分らしいオシャレを確立できたような気がします」

「ボーダー×デニムのシンプルコーデも透け感のあるジレを合わせれば、オシャレ度UP。このくらいの盛り具合がノーメークにちょうどいい」

Item list
Tops:Mila Owen
Pants:NINE
Gillet:Mila Owen
Bag:YVES SAINT LAURENT
Shoes:H&M

華やかさを足したい時に羽織る花柄ロングシャツ。花柄ロングシャツを羽織るだけでパッと華やいで、こなれた雰囲気になるんです」

Item list
Shirt:Mode Robe
Pants:Mila Owen
Bag:FRAY I.D
Shoes:ZARA

ワンピースの裾からプリーツスカートをチラ見せ。ワンピースにプリーツスカートを重ねて遊び心をプラスします。眼鏡もオシャレ見え効果大」

Item list
Dress:Americana
Skirt:UNITED ARROWS
Bag:STELLA McCARTNEY
Shoes:CONVERSE

・Myルール③:「リップをマメに更新する」「眉は若いコの真似をする」の、2つの美容習慣

大村香織さん(40歳) フリーPR 「年齢にとらわれずに自分が着たいものを着てテンションを上げています。定番のコスメはありますが、最近は特に新しいものにもどんどんチャレンジ! 30代前半の友人とメークやコスメの情報交換をして、真似ることも。特に眉は顔印象を決めるメークの要なのでこだわって、若いコ風の太眉に。コーデや季節に合わせリップを毎日替えるのもオシャレの大事なルールです」

「どこかに可愛さのあるファッションが好きです。レースをあしらった服にはベーシックな紺ジャケを合わせて甘辛バランスを取るように

Item list
Dress:CELFORD
Jacket:Bonn Sylph
Shoes:TSURU by Mariko Oikawa
Earrings:SPARA
Bag:HERMÈS

若々しく見せるポイントは眉とリップ。眉頭にはオレンジのパウダーをのせて優しい印象の太眉に。夏リップは色々な質感のピンクにチャレンジして、秋はブラウンにしたいです」

・Myルール④:服をキレイに着こなすには、徹底的に「下着にこだわる」こと

倉又知江さん(40歳) 主婦 「実は数年前まで、楽だからと常にブラトップをつけていました。このままではまずいと思っていたところ、〝ワコールのフィッティングの方が凄い〟という話を友人から聞き、早速フィッターさんの元へ。アドバイスに従って下着を購入するようになってからバストの位置が上がったんですバストの位置がどこにあるかが、オバさんに見えるかどうかの分かれ道。胸のラインがキレイだと服も断然素敵に見えることを実感しています」

「体のラインがはっきり出るリブタンクトップもこだわりのブラで自信を持って着こなせます。タイトなトップスにはふんわりスカート合わせでメリハリをつけて」

Item list
Tops:AURALEE
Skirt:cp shades
Cardigan:Deuxième Classe
Bag:STELLA McCARTNEY
Bangle:HERMÈS

  • (右)ワコール パルファージュ¥8,100(中)美しいレースはインポートならでは。シモーヌペレール¥21,000(左)外付けワイヤーで心地よく自然な丸みのある形に。ワコール ラゼ¥8,000

「ワコールのフィッターの方には絶大な信頼を寄せています。バスト悩みがすっきり解決できるんです」

松屋銀座6階ランジェリー「ル ランジェ」〈ワコール〉
☎03-3567-1211(大代表)

撮影/清水将之(mili)、河内 彩〈ともに人物〉、小林美菜子〈静物〉 モデル/高垣麗子 ヘア・メーク/シバタロウ(P-cott)、久保フユミ、後藤若菜(ともにROI) スタイリスト/竹村はま子 イラスト/ミヤタチカ
チームSTORY
FROMチームSTORY 雑誌「STORY(ストーリィ)」の製作に携わる編集部員たち。日夜雑誌作りに勤しむなかで得た知見、タメになる情報、愉快な話などなどファッションからライフスタイルまで、STORYらしさ溢れるトピックを、webでも存分に披露していきます。
記事一覧を見る >
-Keywords
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

RELATED TOPICS

FEATURE

Dec
10
今日の40代おしゃれコーデ

肌寒い日は【ノースフェイス】のアウターでスポーティなオシャレ[12/10 Tue.]

肌寒い日は【ノースフェイス】のアウターでスポーティなオシャレ[12/10 Tue.]

PICK UP

PRESENT

nano・universe 「ワイドパンツ」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。