• TOP
  • Lifestyle
  • 子どもがほしいという理由で結婚してもいいんでしょうか【ジェーン・スー×HARUKOの人生相談Vol.39】
Lifestyleジェーン・スー×HARUKO「四十女、しじゅう悩みどおし!」

子どもがほしいという理由で結婚してもいいんでしょうか【ジェーン・スー×HARUKOの人生相談Vol.39】

40代女性の気持ちを代弁するような明快な語り口が人気のコラムニスト、ジェーン・スーさん。新聞やラジオ、雑誌で多くの方のお悩みに答え、その胸のすくような回答には励まされる読者も多数。

一方、波乱万丈の人生経験を持ちながら、いつも前向きで飾り気がない人柄で、誰からも愛されるモデルのHARUKOさん。歯に衣着せぬ語り口で、仲間のお悩みにさっと答えてくれると評判です。

そんなおふたりに『STORY』読者の真剣なお悩みに答えていただきます!

<PROFILE>

ジェーン・スーさん

コラムニスト。TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」(月〜木11:00〜)のパーソナリティを担当。毎日新聞をはじめ新聞・雑誌で数多くの連載を持つ。『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』は、第31回講談社エッセイ賞を受賞。

HARUKOさん

モデル。短大時代、『JJ』にて山田明子(はるこ)の名でデビュー。以来、数々のファッション誌で活躍。’03年に結婚後、九十九里浜に移住、長女を出産。’12年に離婚。HARUKOに改名し、現在『STORY』にて活躍中。趣味はサーフィンと読書。


~第39回~

◇ 子どもがほしいという理由で結婚してもいいんでしょうか

幼馴染が38歳で結婚するとのこと。高校生のころから仲良しで、お互いの彼のことなども、よく話し合っていました。昨年知り合った方と交際をしていましたが、つきあって4か月で「本当にこの人でいいとかいう確信はないけれど、子どもが欲しいから、結婚する」と言うのです。本当にいいのかなとも思いますが、彼女の決断ですし、いろいろ言うのも水をさしているみたいになってしまっているので、よかったね、と祝福しています。
彼女の刺激されたのかもしれないのですが、私も今交際している人がいるのですが、年齢的にもそろそろ結婚しないと、子どもが望めそうにありません。彼も、「子どもはほしいから、そろそろ結婚を考えてもいいかもね」とやんわり言ってきます。でも、子どもを間にはさんでこの人といる、という姿が想像できないんです。結婚して、家族を作る覚悟ができないと言うか……。こんな気持ちでは、まだ結婚に踏み切るべきではないのでしょうか。

(N.Sさん 38歳 会社員)

ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
友達の結婚にも否定的。私も結婚したほうがいいのかな?とは思うけれど、自分の彼にもピンときていないということ……。 自分も30代後半ぐらいだったときには、身に覚えがないわけではないんで、相談を聞いて耳が痛かったんですが、N.Sさんは、今、無意識に、すごくジャッジメンタル(批判的・悪いほうに決めつけたがり)になってるように思います。友人の結婚に対して、もちろん彼女の決断だからいいと言いながらも、 なぜか自分がそこに判定を下している。自分が結婚をするしないということについても、今の彼氏に判定をしている。自分に芯があって、自分で責任を負って何かを決めるということをせずに、いろんなことに対してジャッジメンタルなっていると、なかなか、幸せを味わうことができないように思うので、そこが心配です。
HARUKOさん
HARUKOさん
スーさん、すごい天才的な回答。 この方、色々批判はしつつも、自分の意思で何も決めてないですよね。
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
そうなんです。お友達は自分でリスクをとって結婚したわけじゃないですか。誰かに対してジャッジメンタルならずに、自分でリスクをとって決められる人の方が幸せを手にしやすいっていうのは、この歳まで生きていて思いますね。HARUKOさんは、私から見ると、いつも自分でリスクを背負ってやりたいことをやっている。そこがすごく素敵なとこなんですよ。30代後半って、ちょっと賢くなってしまったりする時期じゃないですか。そうすると、ジャッジメンタルに陥りやすいんですよね。
HARUKOさん
HARUKOさん
自分の心に聞いて決断をすると幸せになれますよって、思います。「結婚に踏み切るべきではないのでしょうか」っておっしゃっているんですけれど、私は、今は、踏み切るべきじゃないと思う。
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
そうなんですよ。その前に考えることがいっぱいあるんですよ。
HARUKOさん
HARUKOさん
あ、でも、ひとつの方法としてなんですが、お友達のこの先の人生をしばらく観察してみたらいいのかも?すごく幸せそうにしてれば、「そんなに好きでもない人と、子どもというアイテムを得るために結婚するのも、一つ手だわ」、みたいに、自分の結論が出るかもしれない。ただ、そんなことしている間に、時間はたってしまって、今の彼はいなくなっちゃうかもしれないし、捨てられちゃうかもしれないし、ほかの女に取られちゃうかもしれないけれど。彼を失うかもしれないというリスクはとることになりますよね。ひとつのリスクをとるっていう意味では、一歩前進なのかもしれない。
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
いちばんお伝えしたいのは、自分が、今ジャッジメンタルになっちゃってることに気づいてっていうことですよね。ジャッジメンタルである限り、多分、本当に幸せだなって心から思えることってないので。私、自分でリスクを取って自分の人生を決めてないってことに気づいたら、ものの見え方や生き方がすごく変わるかもしれないですよ。 どうして、お友達に対して、「子どもという動機で結婚を決めていいのかしら」と思いながらも、「自分も結婚したほうがいいのかな」という気持ちが出てくるのかというと、お友達がリスクをとってキラキラ輝いているからだと思うんです。自分で決めたリスクをとれる人は、素敵だし、そういう人は、後で失敗しても、ちゃんと挽回できるんですよ。 それだけ、リスクテイカーになるってことはすごく大事だと思います。

当連載は毎週金曜日配信です。
お二人に相談したいことを募集中です。storyweb@kobunsha.comまでメールでお送りください(お名前はイニシャル等匿名で掲載します)。採用された方にはQUOカードをプレゼントいたします。

撮影/吉澤健太 取材/秋元恵美

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Jun
27
今日の40代おしゃれコーデ

薄着の夏こそ【大人のピンクパンツ】でシャープ見せ[6/27 Mon.]

薄着の夏こそ【大人のピンクパンツ】でシャープ見せ[6/27 Mon.]

会員限定PRESENT

会員プレゼント

より速く、深く、脳が眠る。――快眠枕「ブレインスリープピロー」を1名様にプレゼント

会員プレゼント

星野リゾートの「界 伊東」の 宿泊券を1組2名様にプレゼント

会員プレゼント

ドリンクメイトSeries620 ¥18,568を1名様にプレゼント

会員プレゼント

KINUJO Hair Dryer ¥26,400を1名様にプレゼント

会員プレゼント

KINUJO Lip Iron ¥10,098を1名様にプレゼント

会員プレゼント

エクサガン ハイパー REG-04 ¥11,800を1名様にプレゼント

PICK UP