• TOP
  • Lifestyle
  • モデル春香さん・小説家平野啓一郎さんインタビュー(中編)―― いつもフラットな夫、だから一緒にいて落ち着く私がいる【夫婦のカタチ】
Lifestyle40代のチャレンジSTORY / FUTURE STORY / 夫婦のカタチ / 特集

モデル春香さん・小説家平野啓一郎さんインタビュー(中編)―― いつもフラットな夫、だから一緒にいて落ち着く私がいる【夫婦のカタチ】

あと数年で50代、人生に対して不安や葛藤を抱える40代にこそ、パートナーとの『夫婦としての在り方』に注目。今も未来も幸せでいるためのヒントを紐解きます。前回に引き続き、モデルの春香さん・小説家の平野啓一郎さんご夫婦にインタビュー。今回は、妻の春香さんが、「妻から見た夫」視点で夫婦関係をハッピーを語ります。

春香さん

モデル。1975年愛知県生まれ。大学在学中よりモデル活動を始め、雑誌『CLASSY.』(光文社)、『Domani』(小学館)、『GRACE 』(世界文化社)などで長年表紙を飾るほか、料理研究家としてお菓子のレシピ考案や、シューフィッターの資格を生かしアンバサダーとして美と健康を発信、モデルの枠を超えて活躍。
Instagram: 春香(@haruka__official)

平野啓一郎さん

小説家。1975年愛知県生まれ。京都大学在学中に『日蝕』により芥川賞受賞。ベストセラー『マチネの終わりに』は2019年に映画化。2022年6月より『空白を満たしなさい』を原作とするドラマ(NHK)放映、今秋には『ある男』を原作とする映画が公開予定のほか、幅広いジャンルでの批評を執筆。近著は『本心』。
Instagram: KEIICHIRO HIRANO(@hiranok)

感情の語彙が多く、上手に咀嚼する夫は、いつもフラットだから一緒にいて私も落ち着く

春香さん

お互いに必要以上に干渉しあわず、適度な距離感で話す春香さんと平野さんからは、お互いへの尊敬や信頼の念が随所から伝わってきます。結婚から14年、出産や産休、仕事復帰などを経て、これまでさまざまな変化もあったであろう春香さんに、夫婦でハッピーでいられる秘訣について、もう少しお話を聞きました。

「元々、知り合った頃から、物事の捉え方や感覚が似ていて、常識的だな、という認識はありました。結婚後、まだ子どもがいなかった2人の時期でも、あまりベッタリするような関係でもなく、それぞれ自分のやるべきことを尊重していた時期が4年ほど続きました。その後、子どもを持つことで、家族の輪が広がったなと穏やかな幸せを実感しています」(春香さん)。

「夫は、喜怒哀楽を過剰に表現することはありません。作家という仕事柄か、感情をうまく整理して、自分の中で咀嚼することが上手なのかもしれません。表に感情的な部分を出すこともなく、いつもフラットな状態で接することができるので、私も落ち着いた気持ちでいられます。感情を表す言葉をものすごくたくさん知っていることもあり、この感情はこう、あの感情はこう、と感情をうまく解釈しているから、短絡的に怒ることもなければ、誠実で分別のある対応をしてくれます。私にも子どもたちにも、瞬間的に怒ることはないし、感じたことをうまく言葉にして系統立てて、伝えてくれるので、受け入れることも話し合いもスムーズに運ぶ気がします。それが夫の性格なのだと思います。その一方では、子どもたちには大袈裟なくらいリアクションをして子どもにも感情がわかるように努めています(笑)。とはいえ、私自身は、モデルとして仕事現場や作品など、多くの方々の目に留まる環境に身を置き緊張する場面が多いので、家庭内では『この間の撮影ページ見たよ』とか言われないくらいの関心で見守ってもらうほうがちょうどいい。お互いのそれぞれの仕事の立ち位置に過剰に入り込まないことで、心地いい程よい距離感が保てているんだと思います」(春香さん)。

今できることを楽しんだらその先に見えるものがある

春香さん

あと数年でともに50代になる春香さん・平野さんご夫婦。例えば、10年後の未来像はどう描いているのでしょうか?

「今現在、子育てと仕事で目いっぱい、で毎日が足早に過ぎていき、この毎日を積み重ねた先に10年後がある、と信じています。だから、10年後には「コレがしたい」とか、今のところ具体的には考えていません。夫には海外生活経験があり、またどこか海外に住みたいという思いが多少あるようですが、それがいつなのか、どこなのか、まったく決まっていません。条件が揃ったときに行動できるよう、オンラインで英会話を習っています。10年後、実際にその時になってみないと。別のやりたいことをやってるかもしれませんね」。

10年後のはっきりしたビジョンはなくとも、今できることを積み重ねた先に何かがある、という春香さん。ただ、その時にやりたいことにトライできるよう、健康に対して常に高く意識を持っています。食や美容の情報をYouTube「春香チャンネル」を開設、自身で動画編集も行い発信するなど、迷わず実行するタイプだそう。

そして、今年の春には、シューフィッターの資格を取得。女性は骨が華奢なうえ、ホルモンの影響を受けて、外反母趾や偏平足など歳を重ねてからの足トラブルになりやすい。それを事前に予防できるのではないか、と健康と美とファッションを足元から応援する活動にも力を入れています。モデルの仕事は続けつつ、今できることや挑戦しようと思ったものは躊躇せず、着々と前に進むことで、今見えない何かに10年後に出会っていたら本望かもしれませんね。

後編へ続く

(春香さん)ニット¥14,300 パンツ¥18,700(ともにアルページュストーリー/アルページュストーリー プレスルーム)フラットシューズ¥28,600(ツル バイ マリコ オイカワ)ピアス¥34,650<ジョアンナ ローラ コンスタンティン> パール付きネックレス¥28,600<インツーデザイン> チェーンネックレス¥31,900<エムシースタジオ> ブレスレット¥26,290<ベンアムン> 人差し指リング¥4,620薬指リング¥4,510<ともにフルオブグレイス>(すべてZUTTOHOLIC

撮影/吉澤健太 ヘア・メーク/後藤若菜(ROI) スタイリスト/MaiKo yoshida 取材/羽生田由香

こちらの記事もおすすめ

モデル春香さん・小説家平野啓一郎さんインタビュー(前編)―― 夫婦は他人、お互いの違いを合わせる必要なんてない【夫婦のカタチ】

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Sep
24
今日の40代おしゃれコーデ

トレンド「ツイード」もニットならデイリー仕様に|今日のおしゃれコーデ

トレンド「ツイード」もニットならデイリー仕様に|今日のおしゃれコーデ

会員限定PRESENT

会員プレゼント

小池徹平さん直筆サイン入りチェキを1名様にプレゼント!

会員プレゼント

【琉球ホテル&リゾート 名城ビーチ】プレミアクラブツイン の朝食付き宿泊券(1泊2名・1室)を1名様にプレゼント

PICK UP