• TOP
  • Lifestyle
  • 【元女子サッカー選手から男性に】“固定観念に縛られない自分たちらしい結婚生活を”|ミュータントウェーブ。おおちゃん
Lifestyleピープル

【元女子サッカー選手から男性に】“固定観念に縛られない自分たちらしい結婚生活を”|ミュータントウェーブ。おおちゃん

元なでしこリーグ選手で、今は男性として生きる3人ユニット『ミュータントウェーブ。』インタビュー最終回は、おおちゃんこと大嶋悠生さんと奥様が登場。おおちゃんは、今年3月にヘアメークアップアーティストのMIYUさんと結婚しました。実はふたりの出会いは、今回、撮影場所をご提供くださった、ヘアメイクサロン「MINT」さんだったのだそうです。今回は、LGBTQの方の結婚について、お2人に語っていただきました

▼あわせて読みたい
【元女子サッカー選手から男性に】“性転換手術はゴールではなくスタートだと悟ったとき、今後の生き方を考えました”|ミュータントウェーブ。あさひさん

  • 新婚ホヤホヤ。笑いの絶えないお二人です。

1枚目写真左:大嶋悠生おおしまゆうさん(通称:おおちゃん)、右:奥さまのMIYUさん
2枚目「ミュータントウェーブ。」の3人。写真左:山本朝陽やまもとあさひさん(通称:あさひ)、真ん中:大嶋悠生おおしまゆうさん(通称:おおちゃん)、右:大川政美おおかわまささん(通称:まさ)。

なでしこリーグ所属の元女子サッカー選手で、現在は男性になった3人組。YouTubeなどのエンタメやメディアを通じて、ポップなジェンダリストとして活動。『知らなきゃ!を知りたい!に変える』を大切に、LGBTQを通して知ることができる一人一人の違いや、トランスジェンダーの視点で気づいた大事なことを発信している。男らしさや女らしさに縛られず、自分を好きになれる世界を目指す。https://www.youtube.com/channel/UC8AuY5zhH76XT2KWoug3xsA

【INDEX】 男も女も関係なく、一緒に過ごす相手はおおちゃんだったと思います
精子提供で子供を授かれたらいいなと考えています

男も女も関係なく、一緒に過ごす相手はおおちゃんだったと思います

おおちゃん
おおちゃん
『MINT』 さんは、LGBTQフレンドリーサロンで、ジェンダーを問わず、なりたい自分になれるカットやヘアアレンジ、メークをしてくれるサロンとして有名なんです。まだ、ミュータントウェーブ。を始める前に、自分の撮影があったときに、メークを担当してくれたのがMIYUだったんです。その後、多様性をテーマにしたファッションショーのときも担当してもらい、以来仲良くなりました。すこく面白い子で、一緒になるなら絶対この子だなって思ったんですよ。
MIYU
MIYU
お互い、ディズニーが好きだったので、話が盛り上がりました。実は、私は、このサロンがLGBTQフレンドリーサロンだということを知らずに就職したんです(笑)。ただ、いろいろなタイプの人が、なりたい自分になれるヘアメークを提供しているサロンを探していて、『MINT』を見つけて、採用試験を受けたんです。元々アニメオタクなので、『MINT』では、コスプレーヤーさんのメイクやウィッグカットをできるのも楽しいし、女性から男性になった方のカットとか、男性から女性になった方のカットやメークができるのも楽しい。イスラム教徒で他人に髪を見せられない人を、個室でカットするサービスもあって、自分がやりたかったことができるサロンなんです。LGBTQのお客様は、半数くらいいらっしゃいますが、赤ちゃんとママとか、さまざまな方が来店されますね。
おおちゃん
おおちゃん
MIYUは、いろんな意味でフィルターを持たない人なんですよ。
MIYU
MIYU
そうかもしれないです。語弊があるかもしれないんですが、私にとっては、おおちゃんが男でも女でも関係なくて。戸籍を変更してくれたから、結婚と言う形がとれて、それは、ありがとうって思っているんですが、そうでなくても一緒に暮らす相手はおおちゃんだったと思います。母に報告したときも、全く反対されず、むしろ、「元女性だった人しか、あなたを理解できる人はいない」と言ってくれたぐらいでした。父にも、おおちゃんは元女性と話しましたが、「そう」って感じでした。両親が離婚しているので、私は祖父にすごくなついていたんですが、祖父の年代だと、男性が家計を支えるのが当たり前と思っているようで、その点で心配されました。でも、祖父に心配されたと母に相談したところ「そんなこと気にしなくていいから、自分の思うように生きなさい」って言ってくれました。
おおちゃん
おおちゃん
男が家計を支えるという役割分担もだんだん変わっていきますよね。また、お義母さんが言うように、元女性でなでしこリーグという女子しかいない世界でずっと生きてきたので、女性の気持ちや女性に起こることは十分理解できるというのはあると思います。それに、年齢差があるのも意外といいんです。MIYUは今22歳で、ヘアメークの仕事に全力投球なんですね。自分が20代のころもこういうふうにがむしゃらにサッカーを頑張っていたと思い出しますし、全力で何かに向き合っている人がとっても好きで、応援したくなります。自分も今、ミュータントウェーブ。として目指すものがあるので、お互いが自分のやりたいことを、全力でやれるというのもいいなと思ってるんです。
MIYU
MIYU
毎日、朝早く出て終電で帰る生活をしていますけど、おおちゃんは、早く帰ってこいとか言わないし。お弁当も作ってくれるんですよ。
おおちゃん
おおちゃん
美容師さんって生活が不規則だし、食事もちゃんととれないことも多いみたいで。自分は料理が得意だからやってます。めちゃ美味しそうに食べてくれるんでやりがいがあるんですよ。それに、男だから家事をやらないなんて考えは持ってないし
MIYU
MIYU
そう。固定概念に縛られるの嫌うんですよね。例えばなんですが、結婚しようという話になったとき、私はサロンで「Jr スタリスト」という立場なだったんです(現在はスタイリスト)。結婚は「スタイリスト」になってからというのが慣例だから、そうしようと思っていたんですよ。
おおちゃん
おおちゃん
いや、そういう固定観念、嫌いなんです。結婚したらからといって仕事ができなくなったら、ダメだけれど、余計に仕事に身が入るようになればいいだけじゃないですか。
そう言われたので、無事結婚しました(笑)

精子提供で子供を授かれたらいいなと考えています

今は、ミュータントウェーブ。として頑張っているのですが、ゆくゆくは、2人で発信することも考えてはいます。というのは、FTMを夫に持つ家族の形って、知り合いにも結構たくさんいますが、口外しない方が多いんですね。結婚を考えている当事者で、本当にこの形がうまくいくのかなって不安に思っている方もいるんじゃないのかな。MIYUは子どもについても前向きに考えているよね。
精子提供で子どもを持つことも考えていて、今後、新しい家族の形があるってことも発信できればきっと意味があるって思います。
おおちゃん
おおちゃん
パートナーがLGBTQで、幸せな家庭はたくさんあるし、身近に自分たちみたいな人や家族がいれば、偏見やいじめもなっていくと思うんです。実際、MIYUの兄弟や親戚の子なんかにも「へえ、そういう人いるんだ」というのは伝わったと思うしね。自分たちが見えるところに存在することで、いい変化が起こっていくといいなと思っています。
  • 現役時代のおおちゃん

撮影協力/MINT 撮影/西あかり 取材/秋元恵美

おすすめ記事はこちら

RELATED TOPICS

FEATURE

Mar
1
今日の40代おしゃれコーデ

【チュールスカート&キラキラ靴】がなんでもない日を特別な一日にしてくれる!

【チュールスカート&キラキラ靴】がなんでもない日を特別な一日にしてくれる!

会員限定PRESENT

会員プレゼント

神宗の鍋つゆ「美鍋シリーズ」7種類セット(¥11,016)を計10名の方にプレゼントします!

PICK UP