• TOP
  • Lifestyle
  • 齊藤工監督をゲストに日比谷で「ながらシネマ」
LifestyleNEWS

齊藤工監督をゲストに日比谷で「ながらシネマ」

東京ミッドタウン日比谷のステップ広場では、新しい映画の楽しみ方を提案するイベント、「HIBIYA CINEMA FESTIVAL 2023」を10月13日(金)から22日(日)の10日間限定で開催中。この期間、上映作品の監督が登壇するトークセッションや、映画史を楽しむ展示などのプログラムも充実。

日中のデイスクリーンでは「ハリーポッター」シリーズや「チャーリーとチョコレート工場」など、大ヒット作や話題作13作品を上映。夜間のナイトスクリーンでは「トロント日本映画祭」と連携しセレクトされた8本の邦画(英語字幕付き)を上映。邦画で英語を学びながら楽しむという新しい楽しみ方ができます。

プレビューイベントでは俳優であり映画監督としても活躍中の齊藤工さんが登壇。ご自身が監督されたオープニング上映作品「blank13」への思いや、映画制作のエピソードを披露しました。

日比谷公園のニューヨークのような雰囲気が好きだという齊藤工監督は日比谷エリアの映画館には頻繁に足を運ぶことも多いそう。

「HIBIYA CINEMA FESTIVAL 2023」今年のテーマは映画を“ながら観”できる“ながらシネマ”。仲間と語らいながら、子どもと遊びながら、のんびり寝ころびながら、自分の自由なスタイルで楽しめる新感覚の映画鑑賞を体験できます。

  • 「ながらゾーン」
  • 映画に”没入しながら”「Infinity ZONE]
  • ”寝ころびながら”「Relax ZONE」
  • ”遊びながら”「Park ZONE」
  • 「CINEMA Fes CAFE」のキッチンカー
  • ”食べながら”「Eating ZONE」

映画を観る際に、「その国の食文化を加えることで立体的にその文化自体を味わえる」という齊藤工監督。匂いで邪魔をすることもないという理由も含めて行き着いたオススメの“ながらスタイル”は「梅干しをしゃぶりながら」。

気候的にも気持ちの良い秋、新しい映画の楽しみ方を体験できる東京ミッドタウン日比谷で、家族と、友達と、子どもと、思い思いの映画の“ながら観”時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

HIBIYA CINEMA FESTIVAL 2023 【日程】 2023年10月13日(金)~ 10月22日(日)
※雨天決行、荒天中止
【時間】 12:00~21:00
【入場】 無料 入退場自由
【場所】 東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場 ほか
【主催】 東京ミッドタウン日比谷/一般社団法人日比谷エリアマネジメント
【後援】 在日カナダ商工会議所
【協力】 株式会社キネマ旬報社/株式会社コトブキ/ショートショート フィルムフェスティバル & アジア/
TOHOシネマズ株式会社/都立日比谷公園/トロント日系文化会館(JCCC)※50音順
【URL】 https://www.hibiya.tokyo-midtown.com/hibiya-cinema-festival/

RELATED TOPICS

FEATURE

Feb
24
今日の40代おしゃれコーデ

【黒タートル×デニムパンツ】の定番コーデが「ビスチェ」ひとつで今年らしく

【黒タートル×デニムパンツ】の定番コーデが「ビスチェ」ひとつで今年らしく

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

運気がアップする!開運ファッション

会員プレゼント

イタリア最北端・アルト・アディジェの極上ワインセット(各2本・約¥18,000相当)を3名様にプレゼント!

会員プレゼント

神宗の鍋つゆ「美鍋シリーズ」7種類セット(¥11,016)を計10名の方にプレゼントします!

PICK UP