• TOP
  • Lifestyle
  • 中野美奈子さん(44)香川での子育ては「近い人間関係が心地良い」一方で感じる‟格差”とは
LifestylefromチームSTORY / ピープル

中野美奈子さん(44)香川での子育ては「近い人間関係が心地良い」一方で感じる‟格差”とは

三豊市の小学校グラウンド跡に作られた、がっこうのイチゴ園「財田上」でイチゴ狩り

2021年、地元香川県にUターン移住した中野美奈子さん。現在小学1年生の男の子と2歳の女の子、2児の母であり、子育てをしながら、フリーアナウンサーとして東京、地元香川でのお仕事など幅広く活躍されています。「都心より生活コストが安い」「自然豊かな環境で子育てができる」と、40代になり、移住に興味を持つ人が多い傾向がある一方、子育て・仕事と毎日忙しく、なかなか決断できない人も。中野さんの香川での子育ての様子と仕事との両立をお伺いしました。(全2回中2回目)

▼あわせて読みたい
中野美奈子さん(44)アナウンサー第一線から海外・地方移住…決意の裏側

中野美奈子さんプロフィール 1979年生まれ。フリーアナウンサー。慶應義塾大学卒業後、2002年フジテレビに入社。「めざましテレビ」「情報プレゼンターとくダネ!」など看板番組を担当。10年間第一線で活躍後フリーに。2012年夫の海外勤務に伴いシンガポールに帯同。現在は地元香川県で生活。1男1女の母。
【INDEX】 馴染めるのかなという不安はありました
Uターン子育ては、自分が辿ってきた人生を子どもと過ごしている感覚
子どもにとって、母親は私だけ。子育ての方がやりがいを感じています

馴染めるのかなという不安はありました

長男の夏休み終わり前に沙弥島(しゃみじま)にて

――地元に帰ってママ友などとの交流はいかがですか?馴染めないということはないですか?

学生時代は田舎特有の噂話や距離の近さが嫌だった時期があって。だから久しぶりに帰ってそれに馴染めるかなという不安がありました。でも、今は自分も歳をとったのか、それが心地良いんです。楽しい子連れイベントがあるよとか、情報が人づてに入ってきて。田舎にはアナログな人間関係があって、温かいと感じます。

中学高校で一緒だった友達が今はママ友で、息子同士仲がいいんです。中学の時から知っているから、何も格好つけずに方言で話して、本来の自分に戻っているなと感じます。素の自分でいられて、すごく楽です。戻って馴染めないなんて心配は全然いらなかったですね(笑)。

Uターン子育ては、自分が辿ってきた人生を子どもと過ごしている感覚

子どもと一緒に小豆島へ日帰り旅行

――香川での子育てのメリット・デメリットはどんなところですか?

香川は自然豊かで、遊び場もいっぱいあって、天候も温暖な地中海気候なので、自然の中でめいっぱい一緒に過ごす時間が多く、子どもも楽しそうだなって思います。いちご園に行ったり、小豆島に行ったり…香川県は、うどんだけじゃないんですよ(笑)!

Uターンだからこその安心感もあって、相談できる人が身近にいたり情報がすぐ入ってきたり、周りにも助けられています。両親が近くに住んでいるので、仕事の時に預けられますし。ただ、都会と違ってシッターさんがいないので、家族に100%負担がかかってしまう。子守ならぬ「孫守り」で疲れさせてしまうのでないかという悩みはあります。お互い納得していればいいんですけど。

あと勉強に関しては、都会にはいろいろな選択肢があって、東京に住む友人の話を見聞きすると、圧倒的に知識の量が違うなと驚きます。いつか受験勉強をして同じ試験を自分の子が受ける時がくるかもしれないけれど、その時に戦えないと思う(笑)。都会との格差みたいなものは感じます。今は子どもが小さいのでそこまで気にしていませんが、全国共通の通信教育は取り入れています。これから大きくなるにつれて、いつか私も壁にぶち当たる時がくるかもしれませんが、それはその時に考えようと思います。

子どもにとって、母親は私だけ。子育ての方がやりがいを感じています

フジテレビ「ポップUP」香川ライフ密着取材。初めて子どもとの撮影

――いろいろな仕事をされていますが、子育てと仕事のバランスはいかがですか?

実は息子が一度、学校を行き渋りをしたことがありました。ちょうどその日私は仕事で東京に行かなくてはいけなくて。夫に任せて仕事に向かったのですが、飛行機を降りたら、着信履歴がたくさんで…「どうした?!」って驚きました。

長男が小学校1年生になって、思った以上に学校生活が大変だったことに、私は気づいてあげられなくて。「学校に行きなさい」って言ってはいけないというのはわかっていたんですが、「学校に行かなくていいよ」が言ってあげられませんでした。

その時も地元の繋がりに助けられて、高校の恩師が息子が学校を休んでいることを知って、相談にのってくれる方を紹介してくださいました。相談してみたら、子どもにとって、「安心できる居場所」を作ってあげることが大事だと知りました。それでやっと「学校に行かなくていいよ」って言ってあげることができました。「ママは仕事でいない、不安な気持ちを誰に言えばいいの」って思っていたんじゃないかと思います。それからは、子どもがしたいといったことを全部一緒にして、過ごしました。昼間の公園って誰もいなくて寂しいんですよ。不安でしたけど、めいっぱい遊んで、向き合って、そんな時間を数日一緒に過ごしていたら、子どもが自然に「学校に行く」と準備を始めて。子どもにとって母親は私しかいなくて、居場所になってあげなきゃと思いました。働き方と子育てについて考えさせられた出来事でした。

仕事も大変だったけど、子育ての方がいろんなことが起こります。その分やりがいも楽しみもあります。今は毎日が精いっぱいなので、子どもと楽しく、病気をせずに過ごしていきたいです。

――地方移住に興味がある方に何かメッセージいただけましたらお願いします。

もし悩んでいるのであれば、一回飛び込んでみたらいいのではないかなと思います。急に移住するとなると勇気がいると思いますが、夏休みを利用してちょっと短い間滞在してみるとか。

あと、引っ越しをすると断捨離になります!身体と保険証、パスポートとベーシックな服があればそんなに荷物は要らないです。私はシンガポールから帰国する時は、食器も本もおもちゃも全部人に譲って、段ボール4箱で大丈夫でした(笑)。子どもがいると学校のこととかいろいろ考えることがあると思いますけど、荷物はそんなに必要ない。あとは勇気さえあれば移住できます。

私は香川が好きですし、香川の良さも伝えていきたいなと思っています。ひそかに香川に移住してくれる人が増えたらいいなと思っています。

香川県三木町の太古の森でのイベントに参加

取材/宮寺佳愛

おすすめ記事はこちら

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Apr
16
今日の40代おしゃれコーデ

夕方からの予定は【顔映えピンクのツイードベスト】でお疲れ顔を払拭!

夕方からの予定は【顔映えピンクのツイードベスト】でお疲れ顔を払拭!

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

春に役立つ万能な服を計6名様にプレゼント

PICK UP