• TOP
  • Lifestyle
  • 乙葉さん(43)いつもハッピーでいられる秘訣は、「ちくわの耳になる」こと
Lifestyleピープル

乙葉さん(43)いつもハッピーでいられる秘訣は、「ちくわの耳になる」こと

朗らかな雰囲気で、いつまでも少女のような可憐さとハッピーオーラを纏っている乙葉さん。40代を迎えた今、これまでのことを振り返りつつ、ご家族や暮らしのこと、そして揺らぐことなく”いつも笑顔でいられる秘訣”について伺いました。

▼あわせて読みたい
乙葉さん(43)が子育て、夫婦生活で笑顔のために大切にしていることとは

 

乙葉さんprofile 長野県出身。大学進学のために上京し、スカウトされて1999年、芸能界デビュー。以降テレビやCM、ラジオ、ドラマ、映画、舞台など多方面でタレント・女優として幅広く活躍。2005年、タレントの藤井隆さんと結婚。2007年、長女を出産。2015年には『いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー2015』を受賞する。現在はバラエティ番組の出演や声優など、年々その活躍の場を広げている。SUBARU「レイバック」、東京電力「でんこちゃん」の声を担当、「趣味の園芸 乙葉グリーンサムへの12か月」(Eテレ)『土曜はナニする!?』(関西テレビ)準レギュラーも継続中。現在4月にスタートしたドラマ「お迎え渋谷くん」(火曜23:00~フジ系)に渋谷遥役として出演中。
【INDEX】 日常の中に、小さな幸せを見つけるのが得意です
嫌なことを言われたら"ちくわの耳になる"
面倒くさがりだから、スキンケアはタイパ重視です
何事も"無理をしない"が基本スタンス。ダメな自分も受け入れます
子育てが落ち着いた今は、新しいことに触れて価値観を更新していきたい

日常の中に、小さな幸せを見つけるのが得意です

いつもナチュラルで朗らかで、癒し系の笑顔が印象的な乙葉さん。普段どんな心がけをしているのか尋ねると、ハッピーでいられる秘訣は、何気ない日常の中にありました。

「毎日家を出てから帰宅するまでに、色々な出会いがあると思っていて。カフェでコーヒーを飲むとか、お買い物をするとか小さなことですけど、どれだけ”会えて嬉しかった”と思えるか、自分の中で数えるのを楽しみにしてるんです。

例えば、こちらが明るく挨拶したら、店員さんが”ポイントたまりますよ”と優しく教えてくれたり。バスの運転手さんにお礼を言ったら、”お気をつけて”と返してくれる、”よくこちらでお買い物されていますよね”と覚えていてくれる……そんな小さな会話のキャッチボールが楽しいんです。知らない人とのコミュニケーションは日常の楽しみのひとつ。”今日も楽しい気持ちをもらえた!”と振り返りながら帰路についています(笑)」

原宿から表参道まで散歩をした日。たくさん動けるようにカジュアルコーデで。

「もちろん疲れていたり悩みがあったり、外に出るのが億劫な時は、そんなふうに感じられないこともあります。でも必ず背中を押してくれる存在があるんです。それはテレビドラマや友人だったりするんですけど、いいドラマを見るだけで、世界が輝いて見えることってないですか? ドラマの主題歌を聴きながら外に出るだけで気持ちも上がります。友人も引っ張ってくれる人が多いので、一緒にクヨクヨするのではなく、前向きな提案で気持ちを立て直してくれる。いつも感謝しています。

40代になって思うことですが、やっぱり年を追うごとに、時の流れが早くなっているなあと。1年があっという間だから、月日の流れや年齢はあえて数えません(笑)。そこに囚われず、できるだけ楽しいことを考えて、ワクワクすることを増やす。友人とどこかに出かけるとか、春になったらこんなことをしてみたいとか、美味しいものを食べるとか……そういう予定を決めると頑張れるんです。どんなに小さなことでもいいから、季節ごとでも1日の中でも、意識的に楽しみをつくるようにしていますね」

嫌なことを言われたら"ちくわの耳になる"

どうしても落ち込んでしまった時、ハッピーな気持ちでいられない時には、いつも思い出す母親の言葉がある。

「ネガティブな言葉を耳にしたり、嫌なことに遭遇することってあるじゃないですか。そういう時は、”無になる”ようにしているんです。これは母の教えで、よく『ちくわの耳になりなさい』と言われていました(笑)。とにかく、単なる悪口や嫌な言葉は聞かない、取り入れないということです。

それがもし、自分にとって役立つことや成長につながることなら聞き入れて改善します。でも、単純に意地悪なことが耳に入ってきた時は、なかったことにする。そういう時は糖分を摂りたくなるので、チョコレートを多めに食べちゃったりするんですけどね(笑)。考えても仕方ないことは時間の無駄になるので、自分の中に留めず、とにかく流すようにする。それもハッピーでいるために心がけていることです」

面倒くさがりだから、スキンケアはタイパ重視です

昔から変わらない可憐な美しさの乙葉さんですが、40代を迎えてからは体調の変化もあり、自分自身と丁寧に向き合ってきたそう。そんな乙葉さんの美容法や身体のメンテナンス法はとってもシンプル。自称”面倒くさがり”な分、特別なことはせず、その時できることを楽しみながら取り組むのが乙葉流。

「体調の変化は、30代の後半からすごく感じるようになりました。体の疲れや冷えがなかなか取れなくて。上の世代の方や友人に相談して、色々なアドバイスをもらっています。基本的なことですが、やっぱり身体を動かすことが一番大事だと言われて、誘ってもらったボルダリングに挑戦。実は私、登るのが大好きで(笑)。もともと小さい頃によく木登りをしていたんですよ。なのでボルダリングはすごく楽しくて、ストレス発散になりましたね。初めてにしては上手だと褒めてもらいました(笑)。

インナーケアについては、気を抜くとお菓子を食べ過ぎてしまうので、できるだけお野菜や雑穀米を食べるように。季節の旬のものも摂り入れるよう意識しています。年々、体力的にも無理が効かなくなってきたのを感じているのですが、お菓子を食べすぎるとメンタルにも影響して、だるく感じたり怠惰になっていくような気がして。身体に良いものを食べていると、気持ちも整っていくと思います。

スキンケアは、正直すごく面倒臭いんです。自分を律しないと全くやらないタイプなので、絶対にやらないとダメ! と言い聞かせ、洗面所に化粧水・乳液・クリームを端から並べることから始めます。そして、よーいどん! でスキンケア開始(笑)。誰と競争するわけでもないのですが、毎晩いかにスキンケアを早く終わらせられるか、タイパを最優先に考えています。

スキンケアだけじゃなく、面倒なことは早く終わらせたい性分。だから、色々なことに対して時間を決めて動いています。”何時までにここの掃除を終わらせる”とか、タスク一つひとつにゴールを作って、終わったら自由時間! と決める。一度座るとどうしても腰が重くなるので、最初に嫌なことをやってしまえば時間を有意義に使えるから心が軽くなるんです」

ライン使いしている、お気に入りのステムボーテのスキンケア。

何事も"無理をしない"が基本スタンス。ダメな自分も受け入れます

運動やボディメイキングも、気持ちの赴くままに、マイペースにコツコツと。頑張り過ぎないことが、長く続けるコツだと話す。

「冷え性が酷かった時に、巡りが悪くて体調が優れない時期があったので、できるだけ歩いたり、ヨガで体を動かすようになりました。ヨガはもう3年くらい習っているのですが、すごくやる気があって通い詰める時と、全く行かない時があります(笑)。女性特有の揺らぎなのか、気持ちがのらなかったり身体がついていかない時期もやっぱりあって。頑張り過ぎて疲れ切ったら元も子もないので、絶対に無理をしないというのがモットーです。”今日も行けなかった……”とマイナスにフォーカスするのではなく、”まあいっか!”と、出来ない自分も認めるようにしていますね。

これまでは、”常に頑張っていないとダメだ”と思いがちでしたが、いい時も悪い時もがあるのが人生かなと思えるようになりました。やめてしまうよりは、細く長く続けられる方法を選ぶというのも大切だと思います」

マルチタスクをこなさなければいけない時も、”無理をしない”が基本。年々、自分の体調に敏感になって、体調を崩す前に労っているそう。

「基本的に家事は午前中に全て終わらせるのですが、その後何かタスクがあったり、スーパーに行く用事があっても、すぐに動けない時も。そんな時は、休む時間を認めるようにしています。限界を迎える前に、ちょっとした自分の変化や疲れに敏感になって、早めに準備しておくような感覚です。年々、”そろそろ疲れそうだな”とか、”これ以上やったら倒れるかも”とか、疲れの波が来るのを感じ取れるようになってきて。あとは素直に、体調が悪かったり身体がだるい時に、”横になるけどごめんね”と家族に話すと、”じゃあこれやっておくよ”と言って協力してくれます。しんどいからこそ、”わかってよ”と態度で示すよりも、ちゃんと言葉にすることでお互いを思いやれる。自分が元気な時は支えられるし、そこはお互い様ですね」

子育てが落ち着いた今は、新しいことに触れて価値観を更新していきたい

あえて明確な目標は持たないという乙葉さんは、未来への思いもとても自然体。やってみたいことについて語ってくれました。

「できるだけ、新しい場所に行って新しい景色を見たいというのが当面の目標です。身体が動くうちに、まだ知らない場所を訪れてみたい。色々な場所の空気を感じて価値観に触れたら、これまでとは違った人生の捉え方ができるんじゃないかなと思っています。そういう時間が、この先の人生を豊かにしてくれるんじゃないかなと。

これまでも家族で旅行はしてきましたが、あえて知らない場所に行くことはなかったし、何より、子どもが楽しめる場所を最優先で選んできました。旅行中も、見ているのは常に子どもで(笑)。自分のことを考えて旅行したことは、娘が生まれてからはなかったかもしれません。

新しいモノやコトって、普通に暮らしているだけではなかなか出会えないじゃないですか。自ら足を伸ばして、体験して……そんな風に能動的に動いて、新しいものに触れていたい。

だから、新しいお仕事にもどんどんチャレンジしたいんです。挑戦してみたら、もしかしたら価値観が変わるかもしれないというワクワク感があります。凝り固まった考え方になってしまうのは避けたいなと思っていて。年々、変化することに億劫になりがちですが、40代だからこそ、日々成長していないと時代の変化に追いつけなくなる。色々なことにチャレンジすることで、学んで進化したいと思っています。

最近仕事で山登りをしたんですが、登る前と後で、気持ちがすごく変化していることに気づいたんです。自分の故郷の山だったのですが、前よりもっと故郷を愛せるようになったし、幼い頃に考えたり悩んでいたことが浄化されていくような、やっと報われたという感覚がありました。それは、今の年齢だからこそ感じられたことなのかもしれません。40代の自分が、新しい場所を訪れた時に何を感じるのか。それを知るのも楽しみですね。

日常の中に楽しいことを見つけて、一つひとつ楽しさを積み上げていくことがハッピーの源になっていく。そう信じて、日々を丁寧に過ごしていきたいと思います」


ジャケット¥25,960(アンクレイヴ スタンダード/アンクレイヴ<オンワード樫山>)プルオーバー¥9,350ワンピース¥23,100(ともにザ ポーズ/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)シューズ¥19,800(ダイアナ)ネックレス¥173,800右手リング¥28,600<ともにココシュニック>左手人差し指リング¥8,800<ココシュニック オンキッチュ>(すべてココシュニック)ピアス¥9,900左手人差し指リング¥9,900(ともにワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

SHOP LIST
アンクレイヴ<オンワード樫山> 03-5476-5811
ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店 03-6431-0608
ウノアエレ ジャパン https://unoaerre.jp
ココシュニック https://store.world.co.jp/s/brand/cocoshnik/
ダイアナ https://www.dianashoes.com/shop/

撮影/河内 彩 ヘア・メーク/陶山恵実(ROI) スタイリスト/小川真央 取材/渡部夕子

おすすめ記事はこちら

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

May
29
今日の40代おしゃれコーデ

【ディオール】ワントーンコーデに華を添える「スリングバックシューズ」

【ディオール】ワントーンコーデに華を添える「スリングバックシューズ」

会員限定PRESENT

会員プレゼント

花王ブローネ「STORY共同開発カラートリートメント」を50名様にプレゼント!

PICK UP