• TOP
  • Lifestyle
  • 韓国ドラマ賢者たちが過去イチ涙した【泣ける韓国ドラマ】4選
Lifestyle40代のための韓国エンタメNEWS

韓国ドラマ賢者たちが過去イチ涙した【泣ける韓国ドラマ】4選

STORY6月号の涙活特集。『「泣ける韓国ドラマ」について、語りあかそう』。韓国ドラマ賢者の方々へのアンケートで上がってきた数々の「泣ける韓国ドラマ」。本誌では紹介しきれなかった作品をSTORYwebでスピンオフ企画として紹介していきます。今回は、賢者のみなさんが過去イチバン泣いた「韓国ドラマ」を紹介します。

▼あわせて読みたい
【見逃せない!韓国ドラマ】40代も疑似恋愛できる胸キュン4選!

INDEX ★ 泣ける韓国ドラマの代名詞的存在。『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』
★ 女友達との永遠の絆に涙する『39歳』
★ SFアクションドラマなのに号泣。2023年韓ドラ最高傑作『ムービング』
★ 残酷な歴史的事件を題材にした切ないラブストーリー『五月の青春』
★ 韓国ドラマ賢者たちが推薦!

泣ける韓国ドラマの代名詞的存在。『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』

  • © STUDIO DRAGON CORPORATION U-NEXTにて配信中

『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』

妻との仲も冷め、会社で理不尽な扱いを受け無味乾燥な日々を送る中年男性パク・ドンフン(イ・ソンギュン)。若くして両親を亡くし借金を抱え、話すことができない祖母と暮らす孤独な契約社員イ・ジアン(IU)。ドンフンの失脚を目論む会社社長の罠にはまりそうになったドンフンは、ジアンの機転で助けられ、交流をもつようになるが・・・

本誌の特集「セリフで泣けるドラマ」「俳優の表情で泣けるドラマ」「泣けるヒューマンドラマ」と、ほぼすべての項目でラインナップされていた不朽の名作。多くの人の心に深く響き、主演をつとめたイ・ソンギュンの悲しいニュースに改めて見直した人も多かったよう。

「登場人物がみんな幸せに見えないんです。でもそんな中、他人を思いやるドンフン(イ・ソンギュン)の存在に泣けます。人を思いやることができるからこそ、ドンフンはますます可哀想なのですが・・・・・・  ジアン(IU)が、自分は『三万歳』と言ったことを思い返して、「どうすれば本当の家に帰れるだろうか。また生まれることなく」と言うドンフンのセリフが、そんな彼を表していてとても印象に残っています。OSTの『Sondia – 어른 (Grown Ups) 』がまた切なすぎました』(美ST編集・石原晶子)」

「前半暗い雰囲気になかなか入っていけず、放置していたのですが思い切って見てみたら、そうしていたことを悔やむほどいいドラマでした。イ・ソンギュン演じるドンフンの優しさ、彼を育てた街、兄弟、仲間すべてが愛おしく思えました。ドンフンが悲惨な環境で育ったジアンと出会い、彼女が仕掛けた盗聴でドンフンの人としての素敵な部分、弱い部分が明かされていきますが、イ・ソンギュンさんの声が本当に素敵で。見終わった後の余韻が過去一番でした。21歳の女の子が45歳のおじさんの温かさに触れ、おじさんも忘れかけていたものを思い出していく。各所じーーんと響くシーンがありますが、人として尊敬し、人として好きだというそこが深くて切なくて、人を思いやる感情について改めて考えさせられました(フリーランステレビプロデューサー・荒木千尋さん)」

 

女友達との永遠の絆に涙する『39歳』

  • Netflixシリーズ「39歳」独占配信中

『39歳』

皮膚科医のチャ・ミジョ(ソン・イェジン)、演技指導者のチョン・チャニョン(チョン・ミド)、化粧品セールスマネージャーのチャン・ジュヒ(キム・ジヒョン)。高校時代に出会ってから人生の悲喜こもごもを共有してきた20年来の大親友。独身生活を送ってきた3人は、40代を目の前にして、仕事、恋愛、家族と人生の岐路に立つ。突然降りかかった悲しみに強い絆で立ち向かっていくが・・・・・・

女の友情って永遠。自分が辛い時、孤独な時、支えてくれるのは女友達。そんな世界共通の尊い絆を描いたドラマ。日常が悲劇と喜劇の隣合わせであることを教えてくれる、毎話涙なくしては見られない親友を改めて大切にしたくなる作品です。

「仲良しこよしのキラキラとしたシスターフッド作品ではないのがいいんですよね。序盤で1人が亡くなることがわかっても最後を迎える人、見送る人の気持ちが丁寧に描かれていて毎話泣くのですが、最終回は頭痛がするほど泣いて、目が腫れました・・・・・・ こんな女友達がいるのは幸せです(STORYライター・小花有紀さん)」

「主人公達と同年代ということ、同級生の絆、友の死を前に支える側、死を受け入れる側の複雑な気持ち、弱っていく中で娘に残したいものを準備していく様子など、涙なくして見られませんでした。友情と、複雑な年齢の恋愛に関しても妙にリアルに描かれ、30代以上の方にこそ最高に響くドラマだと思います。(韓国ドラマ評論家・芝本裕子さん)」

SFアクションドラマなのに号泣。2023年韓ドラ最高傑作『ムービング』

  • © 2024 Disney and its related entities ディズニープラス スターにて全話独占配信中
  • © 2024 Disney and its related entities ディズニープラス スターにて全話独占配信中
  • © 2024 Disney and its related entities ディズニープラス スターにて全話独占配信中
  • © 2024 Disney and its related entities ディズニープラス スターにて全話独占配信中
  • © 2024 Disney and its related entities ディズニープラス スターにて全話独占配信中

『ムービング』

特殊能力を隠しながら高校生活を送る少年キム・ボンソク(イ・ジョンハ)は、母イ・ミヒョン(ハン・ヒョジュ)と二人暮らし。チャン・ヒス(コ・ユンジョン)という美少女が転校してくるが、父チャン・ジュウォン(リュ・スンリョン)と暮らすヒスもある特殊能力を隠していた。そんなある日、街で連続殺人事件が起こる。被害者に共通点をみつけたミヒョンは息子を守るために、巨大な組織との対立を決意するが・・・・・・

SFアクションドラマですが、アクションだけでなく、ピュアで甘酸っぱい青春、親から子への深い愛、仲間との絆、ロマンティックなメロなどがバランスよく丁寧に描かれ、2023年下半期の話題をさらったドラマ。登場人物が多様なので感情移入がしやすく、特殊能力をもった人々のファンタジーなドラマにかかわらず、共感型、没入型の作品。

「ハン・ヒョジュ演じるイ・ミヒョンの息子への愛に、共感して泣いてしまいました。息子を守りたいがあまり過保護に監視してしまう母の気持ち。答えがみつからず試行錯誤しながら子育てをしてきた自分を投影してしまいます。第一次韓流ブームの時から韓国ドラマを見ていますが、この作品は最新のVFXを使用した洗練されたアクションシーンと韓国ドラマお得意の人情ドラマのバランスが素晴らしい! 韓流ドラマの完成形なのではないでしょうか? (カメラマン・天日恵美子さん)」

残酷な歴史的事件を題材にした切ないラブストーリー『五月の青春』

  • ©︎ 2021 KBS. All rights reserved U-NEXTにて配信中

『五月の青春』

1980年5月、民主化運動が盛んな光州。父に反抗する医学生のファン・ヒテ(イ・ドヒョン)は、お見合いでお見合い相手の代わりに来た看護師キム・ミョンヒ(コ・ミンシ)と出会う。互いに強く惹かれ合うが、民主化運動の波が激化、ヒテとの政略結婚を拒むミョンヒの親友イ・スリョン(クム・セロク)、ミヒョンに想いを寄せるスリョンの兄イ・スチャン(イ・サンイ)と共に運命に翻弄される・・・・・・

光州事件という、本当にあった韓国の悲しい歴史を題材にした恋愛ドラマ。想いあいながらも、時代の流れという抗えない運命に翻弄される登場人物たちの切なさ、受け止めきれないほど残酷な歴史的事実は見るものの心を激しく揺さぶります。

「13話以降は毎回泣かされましたが、最終回は目がおかしくなるほど号泣。恋愛ドラマでの涙腺は強い方ですが、この作品は国民が激しく国に抵抗した実際の民主化運動が題材。恋愛の切なさだけでなく家族愛、仲間との絆を考えさせられるリアリティのある描写が続き、涙なくして見られません。主演のイ・ドヒョン演じるヒテの子犬のようにピュアな笑顔、真面目でひたむきなコ・ミンシ演じるミョンヒの想いにも泣かされます。(STORYライター・味澤彩子)」

 

韓国ドラマ賢者たちが推薦!

荒木千尋さん フリーランステレビプロデューサー 2018年、10年ぶりに行った韓国旅行が忘れられず韓国ドラマ鑑賞に開眼。『運命のように君をあいしてる』で沼落ち。話題のドラマは必ず鑑賞、そこから監督、俳優。脚本家しばりなどで次々と網羅。好きが高じて制作した、ドラマの聖地巡礼番組には反響も! 現在『愛の不時着』の絵コンテ作家との物販イベントを計画中。
芝本裕子さん 韓国ドラマ評論家 韓国ドラマ鑑賞歴はヨン様ブーム前の20年前から。『美しき日々』を見て。年間50~60本の韓国ドラマに目を通す。月1では必ず渡韓し、文化的背景も含めた評論が話題に。時代劇にも精通し、見ていない韓国ドラマはないのでは?と言われるほど。泣きの演技がうまいと思う俳優はキム・ヒョンジュンとシン・ヘソ。
天日恵美子さん フォトグラファー 天日恵美子さん

第一次韓流ブームから韓国ドラマを見漁るようになり、撮影現場では、全スタッフにおすすめドラマを聞かれる韓ドラ博士。キム・スヒョン。パク・ソジュン、チョン・ヘインなど、韓国の若手イケメン俳優が来日するたびに撮影を担当。韓流イケメン達の、フォトグラファーしか知りえない貴重な素顔の情報ももつ。
石原晶子さん 美ST編集 韓ドラ歴は約25年。韓ドラだけでなくアジアのエンターテイメントに精通した審美眼と嗅覚で、良質な韓国ドラマを探し当てる賢者。現代劇だけでなく、韓国時代劇も大好き。泣く演技がうまいと思う俳優はキム・スヒョン、好きな俳優は、ピョン・ヨハン。今、心待ちにしているのは、ドラマ初出演のソン・ガンホとピョン・ヨハンが共演する「サムシクおじさん」(Disney+で5月15日から配信予定)。
小花有紀さん STORYライター 韓国ドラマにはまったきっかけは、『コーヒープリンス1号店』のコン・ユが気になり始めてから。持ち前の集中力でドラマをかたっぱしから一気見、情報収集力を生かし気がついた頃には韓国ドラマ通に。泣きの演技がうまいと思う俳優は、キム・スヒョンとソ・イングク。
この記事を書いたのは・・・・・・ 味澤彩子 STORYライター

韓国ドラマだけでなくファッション、皇室、美容、カルチャーとさまざまなジャンルを担当するライター。1度ハマるととことん突き詰める生まれながらのオタク気質で、感動する作品に出合うと、スタッフ、俳優、関連する作品を芋づる式に鑑賞し、寝る暇も惜しんで韓流ドラマ三昧。気がついたら、ビジュアル、内容、演出、文化面多方面から語るようになり、韓ドラの1人おすぎとピーコと言われるように。好きな俳優はカン・ハヌル、好きな脚本家はイム・サンチュン作家。最近は『涙の女王』ロスに怯えながら、ウィ・ハジュンの『卒業』を心待ちにする日々。
おすすめ記事はこちら

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Jun
20
今日の40代おしゃれコーデ

学校行事にも◎ 足元に大人な甘さを足せる【ネイビーリボンサンダル】

学校行事にも◎ 足元に大人な甘さを足せる【ネイビーリボンサンダル】

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

ムダ買い先生に教わる最高の1着を計6名様にプレゼント

会員プレゼント

STORY experience会員「推し活」アンケート&プレゼント

PICK UP