• TOP
  • Prtimes
  • つらい更年期!家族や職場の気づき、理解、協力はまだまだ少ない!
Prtimes調査レポート

つらい更年期!家族や職場の気づき、理解、協力はまだまだ少ない!

シックスセンスラボ株式会社

協力してくれたのは家族で2割、職場は1割。気づかれないように仕事をこなした方も3割近くに

東洋医学、五行論の考え方から生まれたサプリメントシリーズ「TUMUYUI(つむゆい)」や「いのちのユーグレナ」などの健康食品、サプリメント商品の企画販売を通じて女性の一生に寄り添うフェムテック&フェムケア企業、シックスセンスラボ株式会社(本社:福岡/代表取締役:石川奈穂子/https://www.sixthsenselab.jp/)は、このほど、40歳~59歳の女性の「更年期」に関して、主に家庭や職場での理解やサポートの程度について、全国の女性にアンケートを行い439名の回答を得ました。その結果、家族や職場の気づき、理解、協力はまだまだ少なく、家族の協力がありは2割、職場の協力は1割程度にとどまりました。

【調査実施概要】
調査期間 :2023年9月12日~9月16日 調査対象者:全国の40歳~59歳の女性を対象に調査
調査方法 :WEBアンケート調査 有効回答数:439名(5歳きざみでそれぞれ約110名)
調査実施 :シックスセンスラボ株式会社 https://www.sixthsenselab.jp/

平均的な症状、またはそれ以上と答えた方は約半数
【Q1】あなたが経験または経験中の更年期の症状はどの程度だと感じていますか?

8割以上の方が、更年期の症状を実感されています。平均より「ひどい」と感じていらっしゃる方も約1割になりました。
40代前半から感じる更年期の症状。50代後半では9割以上の方が症状を意識
年代別で見ると、40代の前半から更年期の症状を感じている方が7割近く、一般的に45歳から55歳くらいと言われている更年期の低年齢化が進んでいるのではないか?という結果になりました。

家族が気づいてくれたのは4割。協力してくれた家族はわずか2割にすぎませんでした
【Q2】あなたの更年期症状に対し、家族の気づきや対応はどうでしたか?

気づくこともなく、協力などもなかった方が36.6%。さらに気づかれないように家事をこなした方の10%を合わせると、半数近くの人が家族からの気づきさえもなかったという結果に。「気づいたが、協力はなかった」も17.3%に。
年齢が高いほど、家族の協力が少ない結果に
年代別でみると、家族の気づきがないと答えた方は50代後半がもっとも多くなり、逆に家族が協力してくれたと答えた方は、45歳~54歳で多くなっています。

気づかれないように仕事をこなした方が一番多い結果に
【Q3】あなたの更年期症状に対し、職場の気づきやサポートはどうでしたか?

更年期について理解して、サポートをしてくれたと答えた方はわずか11.7%にすぎませんでした。フェムテックという言葉がマスコミを賑わして、企業の様々なサポートも報道されていますが、実体は7割に近い会社で更年期への理解が進んでいないと言えそうです。
会社の理解は少しずつでも進んでいる?
年代別でみると、理解してくれているとの答えは、年代が低いほど多くなっています。会社の理解も少しずつ進化しているのかもしれません。とはいえ、気づかれないように仕事をこなしたという回答は40代前半が多いのが気になるところです。

更年期の症状、仕事や家事に影響した方は約6割
【Q4】更年期の症状により仕事や家事に影響がでていますか(でたことがありますか)?

症状がひどく、仕事や家事ができない状態を体験した方は8人に1人程度でしたが、影響をあったが、なんとか我慢して仕事や家事をこなした方が約半分でした。我慢を強いられている方も多いのではないでしょうか?
更年期の症状が年々、ひどくなっている?
年代別でみると、「仕事や家事に影響が出るほどでない」との答えが年代が低くなるほど多くなっています。
この年代による感じ方の違いなどもあるとは思いますが、結果を単純に比較すると、更年期の症状が時代とともにひどくなっているということになります。

配偶者様、普通でいいので理解してほしい6割!
【Q5】あなたは配偶者(パートナー)に対し、女性更年期の知識を持ってほしいと思いますか?

配偶者(パートナー)に女性の更年期の知識を持ってほしい!と思う方が、強く求める、普通でいいので求めるを合わせると8割近くになりました。
つまり、あまりにも「知識」を持たない人が多いと言えるかもしれません。
更年期世代(40代後半から50代前半)の方ほど、配偶者に「知識」を求める
年代別にみると、更年期真っ只中と想像できる世代からは、知識、理解を求める割合が多くなっています。

職場の人、上司、更年期を理解してください!
【Q6】あなたは職場(主に上司)に対し、女性更年期の知識を持ってほしいと思いますか?

職場に求める更年期に関する理解、強く求めたい、普通でいいので求めたいを合わせると7割近くになりました。まず知ってほしいという切実な想いが伝わってきます。
若い世代ほど、理解を求める希望が強い!
年代別では、大きな傾向の違いは見られませんでしたが、ただ理解(知識)を「強く求めたい」と答えた方が、若い世代ほど多いのが、時代が変化しつつある証明かもしれません。

何もしない方3割、サプリ摂取などの積極対策は7割
【Q7】あなたは更年期対策をされていますか(されましたか)?(複数回答)

前述の質問に対する回答で、「症状の影響が少ない」と答えた割合とほぼ一致する3割の方が、何もしないとお答えになりました。サプリ等の摂取で前向きな対策をされている人は合計で7割近くになりました。
若い世代ほど積極策をとっています。
年代別で見ると、若い世代ほど、サプリ摂取などの積極的な対策をとっている割合が増え、逆に年代が高くなるほど、何もしない(しなかった)方が増えているという顕著な傾向が見られました。
ここでも時代の変化を感じることができそうです。

更年期について、今回は、主に周囲の理解をテーマにアンケートし、その結果をまとめてみました。想定以上に家族や職場の理解、協力が進んでいないと思わざるを得ない結果になりました。フェムテック、フェムケアなどの言葉の流行りとは裏腹な結果ですが、これからの正しい理解の広がりが期待されます。

なお、この調査の年代別の結果などさらに詳しい結果は下記のサイトで見ることができます(当社の自社メディアサイトです)
https://sixthsenselab.jp/puravida/articles/research_menopause/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Apr
24
今日の40代おしゃれコーデ

白シャツ×デニムがあか抜ける!【春ビスチェ】で女らしく味変

白シャツ×デニムがあか抜ける!【春ビスチェ】で女らしく味変

PICK UP