• TOP
  • Prtimes
  • 季節を感じる蒸留酒の定期便「旬の蒸留酒」を開発。数量限定で2024年度の予約をスタート。
Prtimes商品サービス

季節を感じる蒸留酒の定期便「旬の蒸留酒」を開発。数量限定で2024年度の予約をスタート。

株式会社いまでや

11月1日は本格焼酎の日。「焼酎のイメージを変えたい」と、宮崎の酒造たちとクリエイターがタッグを組んだ新たなサブスクプラン。

千葉に本店を持ち、GINZA SIX、錦糸町PARCO、千葉エキナカ、清澄白河、軽井沢でお酒のセレクトショップ「IMADEYA」を展開する株式会社いまでや(所在地:千葉市中央区仁戸名町、代表取締役:小倉秀一)は、宮崎県で焼酎などの蒸留酒を生産する酒造と共同で、蒸留酒をテーマにした初のサブスクプラン「旬の蒸留酒」を開発。「本格焼酎の日」と制定されている本日(11月1日)より数量限定で2024年1月配送分からの予約を開始します。この定期便は、焼酎が持つ香りの変化を若い世代にも楽しんでいただくことを目的として開発されました。ジンやウイスキーなどの蒸留酒がブームになる一方で、同じ蒸留酒である焼酎は減少傾向にあります。しかし焼酎は本来、その多様な香りを楽しめる蒸留酒です。この定期便では、12種類の香りを野菜や果物などの作物に例えて、その作物の時期に合わせてお届けします。日本酒の新酒や、ワインのヌーヴォーのような「旬」を感じづらい蒸留酒ですが、この定期便で蒸留酒の旬を味わってみませんか?

ビジュアルイメージ

■「焼酎はおじさん臭い?」イメージ脱却に向け宮崎県の3酒造と若手クリエーターがタッグ
本商品は、IMADEYA、宮崎県の小玉醸造、柳田酒造、渡邊酒造場、若手クリエーターの3者によって共同開発されました。生産者は香りの方向性が異なる12種類の蒸留酒を開発、その香りを当社が季節の野菜や果物に例え、外部の若手クリエーターがネーミングやデザインを設計しました。

11月1日は「本格焼酎の日」ですが、焼酎は市場全体が減少傾向で、当社においても焼酎の売上構成比は2011年から2021年の10年で、21%から7%まで減少しています。その要因を当社が独自で若者にヒアリングしたところ「おじさんっぽい」「芋臭い気がする」など、味わいよりもイメージに起因する声が多く聞かれました。
そこで、今回の蒸留酒を「焼酎」であることを伏せて若者に試飲していただいたところ「香りがいい」や「ジンみたい」、「ソーダで割って飲みたい」などの声が挙がりました。事実、蒸留酒という意味で同じジャンルであるジンなどは需要が伸びていることから、当社では今回の定期便を第一弾として焼酎のイメージを変えていくプロジェクトをスタートさせます。今後の新たな焼酎の展開にご期待ください。

ポスターイメージ
ビジュアルイメージ12ヵ月分

パッケージイメージ
ボトルイメージ
商品名:旬の蒸留酒 定期便
販売価格:定期便価格 2,640円税込(月)/単品価格 2,860円税込
容量:各月 200ml
販売チャネル:IMADEYA ONLINE STORE
※2024年1月より毎月15日発送予定(12ヵ月間限定の定期便)
特集ページ:https://imadeya.co.jp/products/8288717963429
※単品での取り扱いを希望の小売店は個別にお問い合わせください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Feb
24
今日の40代おしゃれコーデ

【黒タートル×デニムパンツ】の定番コーデが「ビスチェ」ひとつで今年らしく

【黒タートル×デニムパンツ】の定番コーデが「ビスチェ」ひとつで今年らしく

会員限定PRESENT

会員プレゼント

イタリア最北端・アルト・アディジェの極上ワインセット(各2本・約¥18,000相当)を3名様にプレゼント!

会員プレゼント

神宗の鍋つゆ「美鍋シリーズ」7種類セット(¥11,016)を計10名の方にプレゼントします!

PICK UP