• TOP
  • Prtimes
  • 『シェアフル』スキマバイトリサーチ 、「推し活」実態調査
Prtimes調査レポート

『シェアフル』スキマバイトリサーチ 、「推し活」実態調査

シェアフル株式会社

~推しがいる人は46.3%、推し活に使う費用を調査~

「はたらいて、笑おう。」をビジョンに掲げるパーソルグループのスキマバイトアプリ『シェアフル』を提供するシェアフル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:横井 聡)は、『シェアフル』ユーザーを対象に、推し活に関する実態調査を実施いたしました。


■背景
今回、『シェアフル』では、一般的となってきていると思われる「推し」というワードに注目しました。推しとは「ほかの人にすすめること。また俗に、人にすすめたいほど気に入っている人や物」のことを指します。※1
2023年現在、アニメ「【推しの子】」が大ヒットし、「2023ユーキャン新語・流行語大賞」にもノミネートされました。 その「推し」をさまざまな形で応援する活動が「推し活」です。推しへの消費そのものがはたらくモチベーションになるなどの高いプライオリティにもなっているのか現状に迫るべく調査を実施しました。

※1 出典:独立行政法人国民生活センター 今どき推し活事情
https://www.kokusen.go.jp/wko/pdf/wko-202307_01.pdf

■調査内容
『シェアフル』アプリをインストールしているユーザーを対象に、「シェアフルmembers」を使用したアンケートを実施しました。「推しに月いくら使いますか?」の質問で15~80歳の男女にアンケートを取った結果、23,726件の回答がありました。

■サマリー
・推しがいる人は、46.3%であった。
・20~50代の幅広い世代で推し活が普及している。
・推しに使う金額は月5,000円以内が最も多い53.4%。

■調査結果

回答があったユーザーのうち推しがいる人は46.3%と、半数近くの人に推しがいるということがわかりました。このことから、推しというワードの認知もかなり広がっていると考えられます。


推し活をしていると回答した人の年代は、20代が一番多く27.1%、続く30~50代が20%前後と推し活ムーブメントは幅広い世代で広がっていることがわかりました。


推しに月いくら使うかの回答では、5,000円以内と回答したユーザーが一番多く、ライブ配信での投げ銭や、推しのグッズの購入費用などが挙げられます。

■考察
約半数のユーザーが推しと回答した結果から、推しというワードの認知は一般的にかなり広がっている。推しへの消費がはたらくモチベーションになっているかという問いに対し、毎月一定数のお金を推しに消費することで、高いプライオリティを感じていると推測します。
10,000円以上使うユーザーの多くは、正社員やアルバイト・パートなどの収入がある程度見込まれる層が多い結果にも受け取れました。

【調査について】
シェアフルユーザーを対象にしたWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~80歳の男女
実施時期:2023年10月30日(月)~2023年10月31日(火)
有効回収数:23,726サンプル

■『シェアフル』の概要
『シェアフル』は、「スキマ時間を価値に変える」を掲げ、「スキマ時間にはたらきたい個人」と「この日・この時間だけはたらいて欲しい企業」をつなぐ短期人材活用プラットフォームです。個人は、アプリからはたらきたい条件の求人を探し、面接や履歴書なしですぐに応募・就業することができます。企業は、Webから即時に1日単位で求人掲載できるので、すぐに人材を採用することが可能です。また、就業条件明示・勤怠管理・給与計算・給与振込代行など労務関連業務を『シェアフル』上で一元管理することができます。現在、アプリダウンロード数が4,000,000件を突破(2023年9月現在)。販売系や軽作業系をはじめとし、ExcelやPowerPoint等、オフィスワークで利用できるスキルを保持しているなど、多様な就業経験とスキルを持ち合わせたユーザーが多数登録しています。

■『シェアフル』のポイ活「シェアフルmembers」について
「シェアフルmembers」に登録するだけで、『シェアフル』を使えば使うほどポイントが貯まり、さまざまなPayに交換できます。例えばその日歩いた歩数に応じてポイントがもらえたり、スクラッチくじを引くことでポイントがもらえたりすることができます。
https://support.sharefull.com/hc/ja/articles/14714596440345-

■シェアフル株式会社について< https://sharefull.com/
シェアフル株式会社は“誰もの「はたらく」をひろげ、新しい「はたらく」をつくる”をミッションとし、パーソルホールディングス株式会社のグループ会社として2019年1月に設立した会社です。短期人材活用プラットフォーム『シェアフル』を提供することで、労働シェアリング市場の拡大を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」について< https://www.persol-group.co.jp/
パーソルグループは、「“はたらくWell-being”創造カンパニー」として、2030年には「人の可能性を広げることで、100万人のより良い“はたらく機会”を創出する」ことを目指しています。
人材派遣サービス『テンプスタッフ』、転職サービス『doda』、BPOや設計・開発など、人と組織にかかわる多様な事業を展開するほか、新領域における事業の探索・創造にも取り組み、アセスメントリクルーティングプラットフォーム『ミイダス』や、スキマバイトアプリ『シェアフル』などのサービスも提供しています。
はたらく人々の多様なニーズに応え、可能性を広げることで、世界中の誰もが「はたらいて、笑おう。」 を実感できる社会を創造します。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Feb
26
今日の40代おしゃれコーデ

急なポカポカ陽気、ホットフラッシュ…冬の汗問題も【ケープ型コート】で余裕の笑顔に

急なポカポカ陽気、ホットフラッシュ…冬の汗問題も【ケープ型コート】で余裕の笑顔に

会員限定PRESENT

会員プレゼント

神宗の鍋つゆ「美鍋シリーズ」7種類セット(¥11,016)を計10名の方にプレゼントします!

PICK UP