• TOP
  • Prtimes
  • 【小学生の放課後の過ごし方に関する独自調査結果発表】
Prtimes調査レポート

【小学生の放課後の過ごし方に関する独自調査結果発表】

特定非営利活動法人放課後NPOアフタースクール

「放課後にもっと友達と遊びたい」小学生76.2% 友達と遊ぶ頻度「週1回以下」70.9%

「放課後はゴールデンタイム」をビジョンに活動する特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール(代表理事:平岩国泰、本部:東京都文京区/以下「放課後NPOアフタースクール」)は、小学生の放課後の過ごし方に関する独自調査を実施しました。その結果、76.2%の小学生が「放課後にもっと友達と遊びたい」と回答したのに対して、友達と遊ぶのは「週1回以下」が70.9%となりました。調査により見えてきた小学生の放課後の実態についてご報告いたします。

調査結果サマリー:概要資料URL:https://npoafterschool.org/wp-content/uploads/2023/11/231114_Houkago_Report.pdf

「放課後にもっと友達と遊びたい」小学生は76.2%

「学童以外で(放課後に)友達と遊ぶのは 週1回以下(週1回/ほとんどない)」の小学生は70.9%

放課後に思うように友達と遊べないのは「友達と予定が合わない(48.7%)」がトップ

「もっと友達と遊べるようになるには、どうなるといいか」には「友達の遊べる日が増える(39.1%)」、「遊び場が近所にできる(35.7%)」が上位

小学生と保護者へのインタビューで放課後に思うように遊べない理由を聞くと、 時間、仲間、空間の「3つ間」に課題があることが伺えた

=====================================
調査概要1.
実査委託先:株式会社マーケティングアプリケーションズ「サーベロイド」 
調査期間:2023年8月10日(木)
調査対象:小学生の子どもを持つ男女(有効回答数:302)
調査方法:インターネット調査
※小数点第二位以下を四捨五入しているため、合計値が100%にならない場合もあります。
=====================================
調査概要2.
調査期間:2023年8月24日(木)~9月20日(水)
調査対象:小学生(1~6年生)とその保護者(有効回答数:個別インタビュー10回/グループインタビュー1回)
調査方法:対面またはオンライン
=====================================

「どうして放課後に思うように友達と遊べないのか」という問いに対しては「友達と予定が合わないから(48.7%)」がトップ、次いで「自分が塾や習い事で忙しいから(35.2%)」との回答がありました。

そして「もっと友達と遊べるようになるには、どうなるといいと思いますか?」との質問に対しては「友達の遊べる日が増える(39.1 %)」や「やらなきゃいけないことを減らして遊べる日を増やす(33.9%)」との回答がありました。

小学生と保護者へのインタビューで思うように遊べない理由を聞くと、子どもからは「習い事や宿題で時間がないから遊べない」、「自分も友達も習い事があって予定が合わないことも多い」、「友達が学童をやめちゃった(から一緒に遊べない)」、「公園が近くにない」といった、時間・仲間・空間の「3つの間」に課題があることが伺えました。

保護者からは「子どもの遊び場がとにかく少ない」「公園はあるけど子どもが遊べるように整備されていなくて、危なくて遊べない」など、子ども同士で安全に遊べる場が少ないという声が出ました。また、「校庭開放はあるが、一度家に帰ってから遊びに行くルール。家と学校が遠いから遊びに行かない」、「ドッジボールを楽しみに児童館に行っていたけど、職員さんにドッチボールを禁止されてから行かなくなった」、「学童の支援員不足で目の前の公園にも行けない」など、遊び場のルールや人・環境による制約のため思うように遊べない場合もあることが伺えます。


調査を行った放課後NPOアフタースクール代表理事:平岩国泰より(調査レポートより抜粋)

今回の調査から、現在の小学生がいかに『自由』の少ない放課後の時間を過ごしているかが明らかになりました。子ども自身の意思で過ごし方を決められる余白が少ないことは、子どものウェルビーイングにも影響し、現代の子どもを取り巻く様々な問題の深刻化につながっていくことを懸念しています。(中略)進化の起点となるのは、「子どもの声」です。この調査結果が、様々な立場で子どもに関わる方々にとって、「これは本当に子ども目線になっているか?」と身近なルールや環境を問い直し、子どもの声を聴いて、その願いの実現に向けた取り組みや子どもたちとの対話を始めるきっかけになればと強く願っています。

放課後NPOアフタースクールでは、今後もこうした実態調査を行うと共に社会に発信することで、日本の放課後が子どもたちの視点に立った仕組み・環境へと進化していくことに寄与してまいりたいと思います。

特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクールについて
「放課後はゴールデンタイム」をビジョンに、2009年に法人化。安全で豊かな放課後を日本全国で実現するため、学校施設を活用した放課後の居場所「アフタースクール」を運営。これまでに21校の開校・運営等に携わりモデルを展開しています。また、企業や団体と連携し、子育て・教育プロジェクトを実施するソーシャルデザイン事業も推進。これらの事業で培ったノウハウを日本全国に広げていくため、自治体と連携して放課後を豊かにする事業も本格的にスタートしました。事務所を東京都と大阪府に構え、スタッフ数350名、グッドデザイン賞4回・キッズデザイン賞5回受賞。活動に賛同くださる多くの方とともに、社会全体で子どもたちを守り、育む活動を加速させ、子どもたちのためのより豊かな放課後の実現に向けてチャレンジを続けています。
https://npoafterschool.org

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Feb
25
今日の40代おしゃれコーデ

注目度No.1!【タイ付きシャツ】で甘スカートコーデに凛とした大人のスパイスを

注目度No.1!【タイ付きシャツ】で甘スカートコーデに凛とした大人のスパイスを

会員限定PRESENT

会員プレゼント

イタリア最北端・アルト・アディジェの極上ワインセット(各2本・約¥18,000相当)を3名様にプレゼント!

会員プレゼント

神宗の鍋つゆ「美鍋シリーズ」7種類セット(¥11,016)を計10名の方にプレゼントします!

PICK UP