• TOP
  • Prtimes
  • ユーハイム 2024バレンタイン商品 販売開始
Prtimes商品サービス

ユーハイム 2024バレンタイン商品 販売開始

株式会社ユーハイム

チョコレートとバターの香りを楽しむ焼き菓子 ユーハイムチェック柄の限定パッケージで展開


ユーハイムのバレンタイン
株式会社ユーハイム(本社:神戸市中央区港島中町7-7-4 代表取締役社長:河本英雄 以下、ユーハイム)は、バレンタインのお菓子9商品を限定販売します。ユーハイムプレミアムオンラインショップでは本日から取扱い開始、関東は1月13日(土)、北海道は1月14日(日)、関西は1月15日(月)以降、順次取り扱い開始予定です。(※一部店舗を除く)
ユーハイムは日本創業100周年を機に、純正な素材を使い、自然な味わいの菓子作りの追求を改めて宣言しました。バレンタインでは、ユーハイムの菓子職人こだわりのチョコレート菓子を展開します。

大人から子どもまでみんなで楽しめる /0(スラッシュゼロ)(※1) のバレンタインギフト

ユーハイムでは純正な素材を使い、自然な味わいにこだわった/0(スラッシュゼロ)の菓子作りをしています。
このこだわりの源流は、創業者のカール・ユーハイムとその妻エリーゼ・ユーハイムにあり、私たちは、彼らが残したメッセージを今も大切に守り続けています。
そんな創業者夫妻が残したメッセージのひとつに「お母さんの味、それは自然の味」(お母さんが子どもに与えるような味こそが、自然な味わいである)という言葉があります。つまり「自然の味」は、大人も子どもも、世代を問わずみんなで分かち合える「おいしさ」であると、ユーハイムは考えます。みんながお菓子を囲んで盛り上がれるイベントだからこそ、ユーハイムはだれもが揃って楽しめる、自然な味わいのお菓子をお届けします。

※/0(スラッシュゼロ)とは

食品表示の「原材料名」に「/(スラッシュ)」以降がないこと。食品添加物を表記する場合は、「/」などで区切ることが一般的なルール。つまり「/0」はお菓子に食品添加物を使っていない証です。
【詳しくはこちら】

2024年のバレンタインパッケージは「ユーハイムチェック」柄

ユーハイムは日本創業100周年から、私たちのお菓子のイラストを大きく描いたパッケージの商品を発売してきました。そんな「お菓子がメイン」のパッケージをバレンタイン仕様でお届けします。
また、パッケージの柄は「ユーハイムチェック」。この柄は白(純正な材料)・赤(製造工程で添加物を使用しない菓子作りへの情熱)・黒(創業から続く職人の系譜と伝統)の3色を組み合わせ、ユーハイムというブランドの在り方を表現したものです。ユーハイムの「これからも純正自然のお菓子をたくさんの人に届けていきたい」という願いと決意が込められた柄です。

ユーハイムチェック
スラッシュゼロを阻んだ強敵はチョコレート?原料メーカーとの協力も必須!

ユーハイムのチョコレート開発&チョコレート探しの道

スラッシュゼロのお菓子作りを目指す道において、チョコレートの選定は、実はとても重要であり「強敵」ともいえました。
そもそもチョコレートの製造には一般的に「乳化剤」を使用します。乳化剤は固形分(カカオマスなど)と油脂という、本来混ざりにくいものを均一に混ぜ合わせる(乳化)はたらきがあり、食べる時のなめらかな口溶けにも繋がります。
また、生産量の多い商品の原材料としてチョコレートを使う場合、生地に混ぜたりコーティングしたりしやすいように、専用の機械で常時さらさらに溶けた状態に保つ必要があります。この流動性を効率よく保つためにも、乳化剤は欠かせませんでした。そもそも、そうした生産に適した乳化剤不使用のチョコレート自体、かつては市場にほぼ無かったのです。
しかし、ユーハイムは長年足掻き、乳化剤の無いチョコレートを取り入れることを目指してきました。

ユーハイムが原料メーカーとともに、乳化剤不使用のバウムクーヘン用チョコレートコーチング作りに取り組み始めたのは2000年のこと。失敗や中断を挟みつつ、完成させたのは何と20年後の2020年で、ユーハイムの夢がひとつ叶った瞬間でした。
しかし、主にビスケットやミルフィーユのコーティングに使用していたミルク・スウィート・ホワイトの3種のチョコレートも同時に達成とはなりませんでした。何故なら、特にミルクチョコレートやスウィートチョコレートは、バウムクーヘン用のチョコレートコーチング(チョコレート利用食品)よりもカカオ分を多く含まなくてはならないなど、成分の比率が厳しく定められており、乳化剤を抜く難易度が高かったのです。
けれども「バウムクーヘンでできたなら、やってやれないことはない筈だ!」と断行して、遅れること1年の2021年。ユーハイムは原料メーカーと共に、ついにユーハイム仕様の新しいチョコレートを生み出しました。

この変更に際しては、ただ乳化剤を抜けば良いとはならず「前より味もおいしくする」が前提でした。まずは複数のメーカーで試作・試食を繰り返し、基本配合を決めたら、工場でテスト。1.手作業の小規模なテスト 2.チョコレートを混ぜ溶かすケトルでのテスト 3.実際の生産ラインでお菓子にコーティングするテスト という工程を進んだり戻ったりを繰り返し、原料メーカーと二人三脚で完成へとたどり着いたのです。
なお、目指すお菓子の味によっては、ユーハイムオリジナルのチョコレートではなく、他のチョコレートメーカーの商品を使用する時もあります。その場合は、私たちのお菓子のことを理解してくださっている取引先の方々が「スラッシュゼロを掲げるユーハイムでも使えるものを」と一緒に選んでくださったものです。

スラッシュゼロの達成には、社外の方々のご協力も欠かせないものでした。2020年頃からこうしたチョコレートの変更は少しずつ続けてきましたが、日本創業100年を機に行ったロゴやデザインの一新を、バレンタインパッケージにも反映させたのは今回が初のこと。装いも新たになったユーハイムのバレンタイン商品を、改めてお届けいたします。
【商品情報】

1.バウムクーヘンキュート ミニ(チョコレート)

可愛らしい、手のひらサイズの小さなバウムクーヘン。
チョコレート生地のバウムクーヘンを、チョコレートコーチングで包みました。
税込価格:756円(1個入)
賞味期限:製造日より45日
特定原材料等(28品目):小麦、卵、乳、アーモンド、大豆

2.ガナッシュバウム

生クリームとチョコレートを組合せた濃厚な”ガナッシュ”が贅沢な味わいのバウムクーヘン。バレンタインの為の特別な一品です。
税込価格:1,728円(1個入)
賞味期限:製造日より60日
特定原材料等(28品目):小麦、卵、乳、アーモンド、大豆

3.4.バウムシュピッツ

ひとくちサイズのバウムクーヘンにジャムをサンドして、チョコレートで包んだロングセラーの季節商品。アンズジャム×ホワイトチョコレートと、クランベリージャム×ミルクチョコレートのアソートです。このジャムも、ゲル化剤や酸味料を使用していないユーハイムオリジナルジャムです。※一括袋入り
税込価格:
3.(左)702円(4個入(ミルク・ホワイト各2個))
4.(右)1,404円(8個入(ミルク・ホワイト各4個)
賞味期限:製造日より60日
特定原材料等(28品目):小麦、卵、乳、アーモンド、大豆

5.ショコラーデンクーヘン

バウムクーヘンを中に閉じ込めた濃厚で滑らかな食感のチョコレートケーキはユーハイムならでは。生地には、スイス産カカオ分60%のダークチョコレートを使用しました。ほろ苦いチョコレートと、天面に飾った甘酸っぱいオレンジの組み合わせも抜群です。
税込価格:2,376円(1個入)
賞味期限:製造日より45日
特定原材料等(28品目):小麦、卵、乳、アーモンド、オレンジ、大豆

6.純正バターパウンドケーキアソート

味わいと香り豊かな、ふんわり・しっとり食感のバウムクーヘンと、バレンタインにぴったりな濃厚なチョコレートパウンドケーキを詰め合わせました。※個包装入り
税込価格:702円
(2個入(バウムクーヘン・チョコケーキ 各1個))
賞味期限:製造日より45日
特定原材料等(28品目):小麦、卵、乳、アーモンド、大豆

7.テーゲベック(チョコレート)

7種類のチョコレートビスケットの詰め合わせ。丸ごと一粒アーモンドを乗せて焼きあげたものや、チョコレートチップと合わせて焼きあげたものなど、それぞれ異なる食感や味わいを楽しめます。※一括袋入り
税込価格:1,296円 (100g入)
賞味期限:製造日より90日
特定原材料等(28品目):小麦、卵、乳、アーモンド、大豆、りんご

8.9.ミルフィーユ

バターの風味豊かなサクサクのパイにクリームをサンドして、チョコレートでコーティングしました。香ばしいジャンドゥーヤクリームにはミルクチョコレートを、甘酸っぱいベリーミックスクリームにはホワイトチョコレートを合わせました。サンドクリームも香料や乳化剤を使用していない、ユーハイムオリジナルクリームです。※個包装入り
税込価格:
6.(左)756円(5個入(ジャンドゥーヤ2個・ベリーミックス3個))
7.(右)1,512円 (10個入(ジャンドゥーヤ・ベリーミックス各5個))
賞味期限:製造日より90日
特定原材料等(28品目):小麦、卵、乳、アーモンド、大豆

※一部商品のお取扱いが無い店舗もございます。品切れ次第終了となります。
※オンラインショップのお取扱いページは下記ボタンからご確認ください。
詳細を見る

ユーハイムとは

神戸に本社を置く洋菓子メーカーです。創業者カール・ユーハイムは、1919年に広島の物産陳列館(現 原爆ドーム)で日本初のバウムクーヘンを販売しました。1922年に横浜で開店、翌23年に神戸に居を移しました。以来100年、創業者の思いを継いだ職人の手で、純正な素材を使った、自然な味わいのお菓子を作り続けています。
【ユーハイムプレミアムオンラインショップ】

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Apr
22
今日の40代おしゃれコーデ

【40代の通勤コーデ】シアーな「ノーカラージャケット」で頑張りすぎない余裕を見せて

【40代の通勤コーデ】シアーな「ノーカラージャケット」で頑張りすぎない余裕を見せて

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

春に役立つ万能な服を計6名様にプレゼント

PICK UP