• TOP
  • Prtimes
  • 【オーストラリア初上陸】「うんこミュージアム メルボルン」1月17日オープン!
Prtimesイベント

【オーストラリア初上陸】「うんこミュージアム メルボルン」1月17日オープン!

株式会社カヤック

~現地で大反響!来場者からは「すっごく“KAWAII”場所!」「うんこのフォルムに魅了された!」「アメイジング!」の声~

「うんこミュージアム」を企画制作する株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔、以下「面白法人カヤック」)は、同ミュージアムを企画運営する株式会社たのしいミュージアム(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小林将、以下「たのしいミュージアム」)が協業提携を行うFever Labs Inc.(本社:アメリカ合衆国ニューヨーク、CEO:Alexandre Perez Casaresほか、以下「Fever」)と共に「UNKO MUSEUM MELBOURNE」(うんこミュージアム メルボルン)」を、2024年1月17日、オーストラリア・メルボルンにオープンさせました。
オープン初日は幅広い年齢層の方にご来場いただき、現地から反響を呼びました。展示内容は、トイレで踏ん張るとマイうんこがもらえる「My Unko Maker(マイうんこメーカー)」、「Unko Volcano(うんこボルケーノ)」といった日本のうんこミュージアムで馴染み深いものから、オーストラリアにローカライズした「UNKO Friends(愛のうんこルーム)」といったものまで幅広くラインナップしています。
日本で生まれた、カラフルでポップでカワイイUNKO文化・ウンターテインメント体験をオーストラリアの皆さんにも提供してまいります。

UNKO MUSEUM MELBOURNE」(うんこミュージアム メルボルン)公式サイト https://feverup.com/m/142677
※現地のチケット販売・および運営は、世界180都市以上でエンターテインメント体験・予約プラットフォームを運営するFever(フィーバー)が運営しています。

1月17日にオーストラリア・メルボルンの中心地でオープン!すでに事前販売は約4000枚突破のロケットスタート!オープン初日、現地の反響

本イベントは、メルボルンの中心地となる360 Bourke St.で開催。オープン初日の1月17日には、家族連れや友人グループなどが訪れ、およそ470人がウンターテインメントを楽しみました。また、現地メディア(インフルエンサー含む)も約60人ほど集まり、現地の注目を浴びました。
メルボルン会場は、東京会場のチケット購入方法とは違い、混雑を避けるため1日に数枠設けた日時予約制をとっています。本日(1月18日)現在で、チケットの事前販売枚数は4000枚と、ロケットスタートを切りました。
来場者はお互いのゲームプレイや写真の撮影を交代しながら遊び、会場内のあちこちで笑い声が響き渡りました。

現地の来場者からのコメント
「最初のマイうんこメーカーの部屋に案内されたら、すぐにそのカラフルに塗られた便器と、手に持って歩ける可愛い『マイうんこ』をみて、すっごく”KAWAII” 、そして面白い場所なんだなとわかりました!」(30代・女性)

「ピンクやグリーンのPoop(うんこ)がとっても可愛くて、最高!うんこ動物のひとつの『ジェニー』が私のお気に入り!」(10代・女性)

「とってもアメイジング!オーストラリアの人たちは日本のコンテンツやデザインへの興味が強いので、もっともっと人が押し寄せると思うよ!シドニーにもつくって欲しい!」(20代・男性)

「たくさんのインタラクティブなエリアがたくさんあって、遊べるものも盛りだくさん。鮮やかな色と可愛いフォルムのうんこに魅了されちゃいました。」(30代・女性)

「特に、Crappy Game Corner(日本語名:クソゲーセンター)は一番時間を忘れて遊んだかな。難しめに設定してあるゲームもあってたくさん笑いながら遊んじゃったよ。」(30代・女性)

「今日は娘と孫と来たけど、孫がPoop(うんこ)、Poop(うんこ)と叫びながらはしゃいじゃって大変だったよ。でも孫も娘も楽しそうでとっても良かった!」(60代・女性)


My Unko Maker(マイうんこメーカー)
Unko Volcano(うんこボルケーノ)

会場のあるメルボルンの中心地、360 Bourke St.

オーストラリアにローカライズされた展示内容

1)UNSTAGENIC AREA(ウンスタジェニックエリア)

~その名の通り、MAXうんこカワイイがテーマのフォトジェニックなエリアです~

・コンテンツ名:UNKO Friends(愛のうんこルーム)
日本では男女のアイコンを壁にデザインにしていましたが、多国籍国家のオーストラリア、かつ多様性意識の強い世界基準を意識しダイバーシティーバージョンにアップデートしました。多様性を表現したカラフルな色使いが特徴です。
・コンテンツ名:Glowing Wall of Poop(うん語 ネオンウォール)
日本でもインスタ映えすると人気の高いネオンウォール。「うんこ」を様々な言語で書いています。
(ほか多数のコンテンツ)


UNKO Friends(愛のうんこルーム)
Glowing Wall of Poop(うん語 ネオンウォール)

2)UNTERACTIVE AREA(ウンタラクティブエリア)

~うんこで遊べるゲームセンター風のエリアです~

・コンテンツ名:Unko Grab(うんこ白刃取り)
・コンテンツ名:Crappy Game Corner(クソゲーセンター)
・コンテンツ名:SHOUT “UNKO”(うんこシャウト) ほか多数
全ゲームUIに英語翻訳を加え、英語が読める人なら誰でも気軽に遊べるUIへ大幅アップーデートしました。


Unko Grab(うんこ白刃取り)
Crappy Game Corner(クソゲーセンター)
SHOUT “UNKO”(うんこシャウト)

3)UNTELLIGENCE AREA(ウンテリジェンスエリア)

・コンテンツ名:Unko Animals(うんこ動物)
2023年に誕生し、うんこミュージアムでしか見ることができない独自の生物、うんこ動物たち。そのモフモフ感に癒されながら、隣り合わせで写真を撮ったり、自分の体と大きさを比べて楽しむことができます。うんこ動物の体を撫でて可愛がってあげてください。

・コンテンツ名:Draw your Unko(描け! みんなのうんこ)
うんこミュージアムの展示で受けたインスピレーションから、オリジナルのうんこイラストを描いたり、ミュージアムを訪れた感想を残せる便器が壁に掛けられているエリアです。オーストラリアの皆さんの反応がギュッと詰まったエリアになることでしょう。
(ほか多数のコンテンツ)


Unko Animals(うんこ動物)
Draw your Unko(描け! みんなのうんこ)

面白法人カヤック プロジェクトディレクター/クリエイター 松本亮平 コメント
~コンテンツのローカライズ~
みなさん、こんにちうんこ!
全世界的な認知度となった日本のKawaiiカルチャーを追い風に、うんこミュージアムが本格的に英語圏へ進出しました。ミュージアム内の体験設計/制作ディレクションを担当した面白法人カヤックチームでは特に、日本人以外のユーザーにも楽しんでもらえるよう、館内コンテンツの英語ローカライズと各ゲームUIのアップデートに注力しました。「MAXうんこカワイイ」というブランドカルチャー/世界観を担保しつつ、日本ならではのニヤッと笑えるシュールさ・面白さを、英語に翻訳するところと、しないところの絶妙なバランスを取り、コンテンツをカスタマイズすることで実現しました。
オーストラリアのちびっ子から大人まで「Unko!」に「Poop!」に、叫んでる画は、最高です!

今後の世界展開について

「うんこミュージアム」コンテンツの企画制作は面白法人カヤックが、企画運営はたのしいミュージアムが行っています。本海外進出は、たのしいミュージアムが世界180都市以上でエンターテインメント体験発見プラットフォームを運営するFever社と協業したことにより、実現しました。今後も、面白法人カヤックおよびたのしいミュージアムは、今回のオーストラリア進出をを筆頭に世界進出を進めていきたいと考えています。現在も、オーストラリアだけでなく、世界各国での展開について交渉中です。今後も、「UNKO」という日本発のIP、そしてウンターテインメントを世界に発信してまいります。
面白法人カヤックと「UNKO」の歩み

2011年1月  「うんこ演算」誕生
       (うんこに絡めた小学生の算数問題を出すアプリケーション)
2018年4月  「UN高」誕生
       (仕事術やライフハック術を「うんこ」に喩えて教えるオンライン講義サービス)
2018年7月  「うんこ名言bot」
       (すべてをうんこに例えて教えるTwitter(現X)のbot)
2018年10月 「うんこ名言カレンダー」発売
       (世の中にあるさまざまな名言をうんこに例えた31日分の日めくりカレンダー)
2019年3月  「うんこミュージアム YOKOHAMA」オープン(アソビル/期間限定)
2019年4月  「うんこのミュージックビデオ」公開
       (「うんこミュージアム YOKOHAMA」のテーマソング「U.N.K.O.」などを収録)
2019年7月  ウンテリジェンス本「うんこのひみつ」(宝島社)発売
       (腸内研究の専門家・藤田紘一郎氏監修のもと、うんこミュージアムがプロデュースした、うんこに関する知識がつまった書籍)
2019年8月  「うんこミュージアム TOKYO」オープン(ダイバーシティ東京プラザ)
2020年5月  「うんこミュージアム オンライン」提供開始
       (いのちを守る STAY HOME 週間に伴い「うんこミュージアム TOKYO」の
        人気コンテンツを自宅にいながら楽しむことができるWebサービス)
2020年5月  「うんこミュージアム」の「Snap Camera」ARエフェクト
       (うんこミュージアムをモチーフとしたPCデスクトップ用ARエフェクトアプリ)
2022年6月  「うんこ動物」誕生
※「うんこミュージアム」「うんこ動物」に関する施策はたのしいミュージアムとの共同企画・制作
うんこミュージアム MELBOURNE 概要

正式名称:うんこミュージアム MELBOURNE
会 場 :360 Bourke St Melbourne VIC, 3000
メルボルンの中心地であるパークストリートとスワンストリートが交差する「360 Bourke St.」。メルボルン国際空港(タラマリン空港/Melbourne Airport、MEL)からのシャトルバス「スカイバス(SkyBus)」の発着所サザンクロス駅の近くで、アクセスが良く、観光客、ビジネスマン、登下校の学生などが行き交う中心地です。
オープン日:2024年1月17日
料金: AUD$19.99~
公式サイト:https://feverup.com/m/142677

うんこミュージアムとは

「うんこミュージアム」は、面白法人カヤックとたのしいミュージアム(※)との共同企画・制作にて、うんこというテーマを通じて、お客様の固定観念を覆す今までにはない体験を提供するリアルエンターテインメントとして生まれました。第一弾の「うんこミュージアム YOKOHAMA」は、オープンから約半年で来場者数30万人を突破、「第25回 AMD Award ’19」を受賞するなど大きな話題を呼びました。
常設旗艦店である東京の「うんこミュージアム TOKYO」をはじめ、2019年から2023年にかけてライセンス展開により、広島、静岡、那須、福岡など国内6地域、海外1地域で開催。累計来場者数は140万人(2023年10月現在)を突破し、国内のみならず海外からのお客様にもお楽しみいただいています。
(※)たのしいミュージアムは、うんこミュージアムを企画制作・プロデュースしたメンバーが集結し設立した会社です。2019年当時は、株式会社アカツキライブエンターテインメントとしての実績となります。

=====
◼︎株式会社カヤック 会社概要

既成概念にとらわれない発想力・企画力、形にしていく技術力を強みに、ゲームアプリや広告・Webサイト制作を始め、コミュニティ通貨、移住・関係人口促進など最新テクノロジーとアイデアを掛け合わせた新しい体験をユーザーに提供しています。社員の9割がデザイナーやプログラマーなどのクリエイター人材で「つくる人を増やす」を経営理念に多様性を生かしたユニークな人事制度や経営を行なっています。

URL:http://www.kayac.com/
設立:2005年1月21日
代表者:代表取締役 柳澤大輔 貝畑政徳 久場智喜
所在地:神奈川県鎌倉市御成町11-8
事業内容:日本的面白コンテンツ事業
=====
■たのしいミュージアム 会社概要

たのしいミュージアムは、『うんこミュージアム』や『バンクシー展 天才か反逆者か』などの展示イベントを企画制作・プロデュースしてきたメンバーが集結し2022年に設立いたしました。
“みんなたのしい、みんなあつまる”をステートメントに、様々なリアルエンタメの企画・プロデュースを行っています。

URL:https://tmuseum.co.jp/
設立:2022年1月14日
代表者:代表取締役 小林将
所在地:東京都渋谷区神南一丁目5番6号 H1O渋谷神南 902
事業内容:うんこミュージアムの企画制作・運営、ライセンス事業、イベント、グッズの企画・プロデュース事業
=====
■Fever Labs Inc. 会社概要

様々な文化・エンターテインメントを誰もが楽しめるべく、エンターテインメント体験・予約プラットフォームを世界180都市以上で運営するテクノロジープラットフォーム事業を行なっています。

URL:https://feverup.com/en
設立:2014年
代表者:CEO Alexandre Perez Casares, Francisco Hein, Ignacio Bachiller, Pep Gomez
所在地:Greater New York Area, East Coast, Northeastern US
事業内容:ライブエンターテインメントのためのテクノロジープラットフォーム事業

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Apr
25
今日の40代おしゃれコーデ

カジュアル苦手なスカート派にもフィットする【公園コーデ】の最適解は?

カジュアル苦手なスカート派にもフィットする【公園コーデ】の最適解は?

PICK UP