• TOP
  • Prtimes
  • 群馬老舗酒蔵永井酒造 直営売店「古新館」に日本酒サーバーを導入
Prtimes商品サービス

群馬老舗酒蔵永井酒造 直営売店「古新館」に日本酒サーバーを導入

永井酒造株式会社

築140年以上の旧酒蔵で日本酒テイスティング

永井酒造株式会社(本社:群馬県利根郡川場村、社長:永井則吉)は、お酒をテイスティングして頂ける「日本酒サーバー」を1月27日より自社敷地内の直営売店「古新館」に設置いたしました。
売店でのお買い物と一緒に、随時オススメの日本酒6種を1杯300円からお楽しみいただけます。

日本酒サーバー


予てより多数のお客様から頂いておりました「試飲をしたい」というご要望にお応えし、コイン式日本酒サーバーを直営売店「古新館」に設置いたしました。
随時、オススメの日本酒6種を、歴史を感じさせる旧酒蔵の空間でお楽しみ頂けます。
基本的には1杯300円からテイスティング可能で、お酒全種(6種)とお好きなおつまみ1品をお召し上がりいただけるお得なプランもございます。

-利用方法-
・レジで試飲コインを購入
・コイン1枚につき1種類の試飲が可能

-利用料金-
コイン1枚:300円
コイン6枚:2,000円(選べるおつまみ1品付)

-選べるおつまみ-

弊社の日本酒「谷川岳 心」で漬け込んだ、しっとりとした食感が特徴のお酒にぴったりのおつまみです。
イカそうめん、えいひれ、イカ軟骨、炙り穴子の4種からお好きなものをお選びいただけます。当該商品は売店でも好評販売中です。
小売価格:各440円(税込)

酒桶を再利用した日本酒サーバー台

▲左から:吉澤指物店3代目 吉澤良一氏と息子の吉澤真氏
今回の日本酒サーバーを設置するにあたって使用している台は創業当時から使用されていた歴史的価値のある酒桶で、地元の指物店「吉澤指物店」による伝統技術と地元素材の融合によって日本酒サーバー台として現代に蘇りました。
経年劣化によってバラバラになりかけていた酒桶の「タガ」を締め直し、蓋は桶と同じ地元由来の杉を使用して木目が鮮やかに浮かび上がる日本古来の木工技術「浮造り」を用いて特別に制作して頂きました。最後に地元の蜂蜜と亜麻仁油をブレンドした特性のワックスで仕上げております。

古新館


1886年の創業以来、群馬県・川場村で“自然美を表現するきれいな酒造り”をモットーに、日本酒「水芭蕉」と「谷川岳」を醸す永井酒造の直売店。旧酒蔵を改装したレトロな空間に全銘柄と豊富な酒器、地元物産品を揃える。
-住所-
群馬県利根郡川場村門前713
-TEL-
0278-52-2313
-営業時間-
9:00~17:00 (毎週火曜定休日)

永井酒造株式会社

創業1886年。利根川源流域に位置する群馬県川場村で「自然美を表現するきれいな酒造り」をモットーに“水芭蕉”と“谷川岳”の2銘柄を醸す酒蔵。
全国新酒鑑評会では通算19回の金賞を受賞しており、フラッグシップ商品であるスパークリング日本酒「MIZUBASHO PURE」はフランスの一流ソムリエ達が審査を行う国際日本酒コンテスト「Kura Master2020」においてスパークリング部門最高賞の「審査員賞」を受賞。
「伝統と革新」をテーマに、スパークリング、スティル、ヴィンテージ、デザートという4種類の日本酒を食事のコースに合わせて楽しむコンセプト 「NAGAI STYLE」を開発。新しい価値観の日本酒「MIZUBASHO Artist Series-水芭蕉アーティストシリーズ-」を通して、環境保全と女性のエンパワーメント支援、また持続的に地域社会の発展に貢献する為の取り組みを行っております。
公式サイト/各種SNS:
https://lit.link/nagaisake

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Apr
25
今日の40代おしゃれコーデ

カジュアル苦手なスカート派にもフィットする【公園コーデ】の最適解は?

カジュアル苦手なスカート派にもフィットする【公園コーデ】の最適解は?

PICK UP