• TOP
  • Prtimes
  • 【3/1新発売!】フォームタイプのデリケートボディウォッシュが新登場!
Prtimes商品サービス

【3/1新発売!】フォームタイプのデリケートボディウォッシュが新登場!

Mellia株式会社

気になる”ニオイ”の原因となる蓄積汚れに着目し、洗うたびスッキリ

デリケートゾーンケアブランド『I’m La Floria(アイム ラフロリア)』は、2024年3月1日(金)に『デリケートフォーミングウォッシュ ブレスオブガーデンの香り』を新発売いたします。

デリケートゾーンのニオイやムズムズの原因となる「蓄積=タンパク汚れ」に着目。独自の天然ミネラル成分*を配合し、肌に必要なうるおいは残しながら不要な汚れにアプローチします。
弾力性のあるフォームタイプで、デリケートゾーンはもちろん、脇や足の裏など、特にニオイが気になる部分のパーツケアに最適です。
メントールを配合することでよりスッキリ感を実感いただけ、生理時や気温が上がりムレが気になる季節にオススメのアイテムです。

商品詳細


アイム ラフロリア デリケートフォーミングウォッシュ 90ml
ブレスオブガーデンの香り 2,420円(税込)
2024年3月1日(金) 発売

デリケートゾーンと同じph値の弱酸性フォーミングウォッシュ。肌にとって必要なうるおいは残しながら、不要な汚れにアプローチします。
独自のミネラル成分*を配合した弾力性のある泡が、日々のケアで気になるニオイのもとを洗い流し、メントールの働きにより、スーッとした清涼感を感じる爽やかなデリケートゾーンに導きます。

※清涼感付与成分としてメントールを配合しております。肌への刺激を感じることがありますが、体に影響がある成分ではございませんのでご安心ください。


乾燥やホルモンバランスの揺らぎなどの理由から菌が原因となり発生する、「いやなニオイ」。過去に自社で実施したデリケートゾーンのお悩みに関する調査で最も多かったお悩みが、「ニオイ」でした。

このニオイの原因は、主に分泌物・菌の蓄積・菌バランスの乱れにあります。きめ細やかな泡が不要な汚れだけにアプローチすることで、お肌のうるおいを保ちながら"ニオイ"のもととなる蓄積汚れに密着し洗い流します。

*皮脂吸着成分ヒドロキシアパタイト

<ブレスオブガーデンの香り>

香りは大切なコミュニケーションのひとつ。
アイム ラフロリアでは、毎日のケアがリラックスできる時間になるような香りをチョイスしています。

今回は、ボディやヘアなどにマルチ使いができる「バランシングボディオイル」と同じ、『ブレスオブガーデンの香り』を採用。
女性ホルモンに働きかけ、高いリラックス効果が期待できる4種の精油*をオリジナルブレンドした、森林の中で深呼吸をし、自分と向き合うマインドフルな感覚になれる香りです。
ケアする方それぞれが持つ香りと調和し、魅力的な香りに。

Mellia株式会社


“Everyday be yourself.(毎日を自分らしく)”をコンセプトに、2017年に設立。常識や慣習、女性らしさ、男性らしさなど 世の中を取り巻くさまざまな固定観念にとらわれることなく、一人ひとりが力を発揮することで、組織、社会、文化に明るい変化を生みだす未来を目指します。もっとオープンに、そしてシンプルな日々のケアとして根付くことを目指しD2Cブランドの展開をはじめ、ウェルネス領域におけるプロダクトや体験の提供を通じて 人々の美しく、すこやかなライフスタイルの実現に貢献します。

『I’m La Floria』(アイム ラフロリア)


デリケートゾーンケアを習慣化してほしいという思いから、全アイテムをデリケートゾーンだけでなく全身にお使い頂けるように商品開発をしています。普段のボディケアと同じステップで、デリケートゾーンのケアを習慣にして頂くことを目指しています。
私たちは、“Step to be lovin’(自分を愛するための一歩)”をコンセプトに、自分の一部である性ともっとオープンに向き合い、身近に感じる、シンプルな毎日のセルフケアを提案するブランドです。

・HP: https://im-official.com
・Instagram: https://www.instagram.com/im_official.jp/
・Twitter:https://twitter.com/im_lafloria
・公式LINE: @im_official
・note:https://note.com/mellia_inc/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Apr
25
今日の40代おしゃれコーデ

カジュアル苦手なスカート派にもフィットする【公園コーデ】の最適解は?

カジュアル苦手なスカート派にもフィットする【公園コーデ】の最適解は?

PICK UP