• TOP
  • Prtimes
  • 各界注目の布「ホームスパン」の魅力を探る新刊『つかう・つたえるホームスパン 岩手が紡いだ100年の布』2月26日発売!
Prtimes商品サービス

各界注目の布「ホームスパン」の魅力を探る新刊『つかう・つたえるホームスパン 岩手が紡いだ100年の布』2月26日発売!

株式会社 岩手日報社

「歳月に磨かれていく品を身近にしていると、自分もそうありたいと思う」―作家・伊吹有喜

 羊毛でつくる手紡ぎ手織りの布、ホームスパンをご存じでしょうか。軽くて温かく、やわらかな風合いと繊細な色使いが人気なのですが、じつは岩手が全国唯一の産地とされています。

 岩手日報社の新刊「つかう・つたえるホームスパン 岩手が紡いだ100年の布」(2月26日発売)は、ホームスパンの魅力を知ってもらおうと、さまざまな視点から取り上げた特集本です。

 本書の編集・制作は、2015年発行『岩手のホームスパン』を手がけたタウン誌「てくり」のスタッフのみなさんです。巻頭のグラビアから始まり、「つかう」「つくる」「しる」「ひろげる」「つたえる」の5章はどれも見応え・読み応え十分。

 卓越した技量で素晴らしい布を生み出す作家たち、羊の生産者の熱意とホームスパンに魅せられた人たちの思い。そして岩手に根付いた100年の歴史。知れば知るほどホームスパンが好きになる内容です。

 第1章「つかう」では、さまざまな製品を紹介しています。

 第2章「つくる」は、手紡ぎ手織りの様子を丹念にたどります。

 第3章「しる」では、ウールについて学びます。

 第4章「ひろげる」は、作家と工房の世界の紹介します。

 第5章「つたえる」は、100年余の歴史を振り返る貴重な誌面です。

 親子3代にわたって使い続けることができるホームスパン。近年はサステナブル(持続可能)な素材として各方面から注目を集め、首都圏のセレクトショップで取り扱われるほどです。「時を越える布」の魅力を詰め込んだ本書をぜひ、ご一読ください。

【目次】
・巻頭グラフ 羊毛から布へ
・CHAPTER1 つかう
 various HOMESPUN
・CHAPTER2 つくる
 オーダージャケットができるまで
 ホームスパン製品の手入れ
・CHAPTER3 しる
 原毛が素材になるまで
 ウールってこんなにすごい!
 「軽くて暖かい」本当です
・CHAPTER4 ひろげる
 アップサイクル・プロジェクト
 舞良雅子さんの糸・布の世界
 工房探訪=蟻川工房/田中祐子/みちのくあかね会/中村工房/植田紀子織物工房/森由美子ほか
・CHAPTER5 つたえる
 ホームスパンの源流・蟻川工房
 先人たちの歩み
・My HOMESPUN Story
 小池梨江/菊池昌枝/伊吹有喜
■ためしよみ
https://iwate-np.tameshiyo.me/9784872015751

■書誌情報
つかう・つたえるホームスパン 岩手が紡いだ100年の布
判型:A5判(左開き)
ページ数:128
定価:2460円(税込み)
ISBN 978-4-87201-575-1

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

May
24
今日の40代おしゃれコーデ

チュール袖が心ときめく【ワザありブラウス】でデニムコーデをリュクスに格上げ

チュール袖が心ときめく【ワザありブラウス】でデニムコーデをリュクスに格上げ

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

甘ニッシュを作る辛口な服を計6名様にプレゼント

会員プレゼント

花王ブローネ「STORY共同開発カラートリートメント」を50名様にプレゼント!

PICK UP