• TOP
  • Prtimes
  • Givin’ Backが次世代の女性管理職育成のオンラインサークル「HerCarich」の協業パートナー先を募集いたします。
Prtimes商品サービス

Givin’ Backが次世代の女性管理職育成のオンラインサークル「HerCarich」の協業パートナー先を募集いたします。

Givin' Back株式会社

Givin’ Back株式会社は、次世代女性管理職を対象としたオンラインサークル「HerCarich」の展開を予定、この革新的なプログラムを通じ、女性たちがキャリアアップを目指すための支援を行います。

Givin’ Back株式会社(本社:東京都港区、代表:木下直美 https://givinback.co.jp/)は、女性管理職育成のオンラインサークル『HerCarich(ハーキャリッチ)』をリリース予定。
Givin’ Back株式会社(ギビンバック)は「自らの可能性を信じ、成長を楽しめる社会を創る」をビジョンに掲げ、組織開発・人材開発のチームビルディング研修を提供し、主体性のある組織への伴走を行っている企業です。

弊社、Givin’ Backが次世代女性管理職育成のオンラインキャリアサークル「HerCarich(ハーキャリッチ)」の協業パートナー先を募集することになりましたので、ご報告いたします。
募集内容
・専用ChatBotの試用(有料 1ヶ月)限定100名

「HerCarich(ハーキャリッチ)」では、参加者が自己成長を実感し、新たな自信を築けるために、専用の励ましChatBot技術を用いて、女性たちが日々の業務やキャリア形成の中で直面する困難に対して、前向きな姿勢で取り組めるようサポートします。このChatBotは、参加者に寄り添いながら、彼女たちが自らの可能性を最大限に引き出し、組織内外で活躍するための強固な土台を築くお手伝いをします。

現在、Givin’ Backでは「HerCarich(ハーキャリッチ)」の立ち上げに向けた協業パートナーを募集しております。

特に、専用ChatBotの試用を通じて、このプログラムの効果を実感していただける企業や団体を求めています。女性管理職のキャリアサポートに関心のある組織からのご参加をお待ちしております。
『HerCarich(ハーキャリッチ)』とは
女性のキャリアを豊かにする総合オンラインサークル『HerCarich(ハーキャリッチ)』は、次世代女性管理職がキャリアアップするためのサークルです。

現代の女性たちが、組織内で抱える「孤独」という問題に真正面から向き合うため、
独自のアプローチで自尊心を再構築できるように進めます。このプログラムは、組織内で感じられる孤独という課題に焦点を当て、他業種のメンバーと協力しながら、それぞれのキャリアを豊かに発展させることを目的としています。

女性キャリアに関わる課題

■社会的背景:
現在、日本の女性管理職の割合は6.4%で世界の平均27%と国際的に低く、遅れている。
理由として以下がある。
1.自信がない(80%)
2.支え合う仲間がいない(60%)

■社会的トレンド:
・日本政府が女性管理職比率30%以上を目標設定。
・女性活躍に向けて内閣府や経済産業省がそれぞれアプローチしているが、未達。
・主要企業の女性の管理職は、全管理職の中で6.4%と低い状態である。


■キャリアアップしたくない本音:
・強迫観:強い女性管理職でないといけない。
・孤立感:本音が言えない状況。
・孤独感:仲間や繋がりが少ない。

社会的な背景を踏まえ、日本の女性管理職比率が低い状況は、キャリアアップを目指す女性にとって大きな障害となっています。自信の欠如、支援体制の不足、孤立感の克服は、女性が自己実現を果たし、管理職としてのキャリアを築く上で不可欠です。

■孤独を解決する方法:
孤独を解決するために3つのアプローチが必要です。

1.個々の自分らしさを育む: 女性が多様性なアイデンティティから、自分らしさを確立できる支援を行います。自己実現を追求することで、女性は自信を持ってキャリアを形成できるようになります。

2.孤立からの脱却: 革新的なメンタリングツールと異業種間のコラボレーションを促進することで、女性が支援し合い、共に成長できる環境を構築します。これにより、女性は孤立せずに、キャリア上の悩みや課題に対して相談し、解決策を見出すことができます。

3.仲間との交流と共感の機会を増やす: 共通の目標や悩みを持つ女性たちが集い、知識や経験を共有できる場を提供します。この交流によって、女性は孤立感を克服し、相互のモチベーションと成長を促進します。

これらの施策を実施することで、女性管理職の充実はただの数値目標を達成する以上の意義を持ち、組織の多様性と革新性を促進します。女性がリーダーとして活躍し、新たな視点をもたらすことで、企業はより包括的で創造的なビジネス環境へと進化します。

サービス・特徴
■特徴1.
昇進意欲向上を目的に考えた、多業種のクロスチームで学ぶキャリア開発のコミュニティ

■4つの大きな特徴
1.多業種のクロスチームで学び意識の変化を醸成
2.実践的なチームマネジメントを経験
3.本人専用のAIで励ますメンタリングを実施
4.成長を後押しするために一人前の認定書の取得、アルムナイネットワークで
 継続的な環境を提供

■特徴2.
各個人オリジナルにカスタマイズした生成AIによる励ましチャットボットを提供。
弊社チャットボットの特徴
1.キャリアデザインの結果内容を反映
・価値観/ロールモデル/強み/数年後の目標
2.各個人に合わせてパーソナライズした励ましが可能
・35社100時間以上のインタビューを元に開発
・24時間/365時間でいつでも相談が可能
3.ChatBot同士の相談が可能
・上司と本人のAIを開発し、AI同士の相談が可能
・双方の強みや価値観を元にコミュニケーションのアドバイスが可能

ChatBotの効果検証
ChatBotの効果検証として、100回以上のインタビューを実施しました。
■インタビューの内訳(1月11日~1月31日)
企業数:37社
人数:男性19名、女性44名
インタビュー回数:110回(110時間以上)

■男性編

■女性編


募集内容詳細
ChatBotの試用(限定:100名)
募集対象:24歳~35歳以下の女性会社員
募集期間:1ヶ月
募集対応:5万円(月額)
事前にキャリアに関する研修を受けていただきます。
※ChatGPTの有料版を使用して行います。
ご連絡先:info@givinback.co.jp
担当:田中
Givin’ Backの目指す世界
私たちは「自らの可能性を信じ、成長を楽しめる社会を創る」ことをビジョンに掲げています。今回の事業ターゲットの悩みは、他国の女性も多いと感じています。特に、私の母国である台湾にも恩返しをしたいため、リーダー国である日本の女性管理職を創出し、アジアの女性管理職を、更に増やしていきます。女性たちが活躍する機会を提供していき、世界経済に貢献していきたいです。
Givin’ Back株式会社について
代  表:代表取締役 CEO 木下 直美 
創 立 日:2022年2月17日
本  社:〒107-0061 東京都港区北青山2-7-13 プラセオ青山ビル3F
事業内容:
多様性を重視したキャリア開発・コンサルティング事業
組織開発:企業内研修・セミナー
人材開発:キャリア開発、女性管理職育成、生成AI活用
人事制度設計:IPO前制度設計
U R L :https://givinback.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

May
19
今日の40代おしゃれコーデ

【ボウタイブラウス×オールインワン】甘×ハンサムコーデは爽やかブルーで統一感を

【ボウタイブラウス×オールインワン】甘×ハンサムコーデは爽やかブルーで統一感を

会員限定PRESENT

会員プレゼント

花王ブローネ「STORY共同開発カラートリートメント」を50名様にプレゼント!

雑誌購入限定プレゼント

甘ニッシュを作る辛口な服を計6名様にプレゼント

PICK UP