• TOP
  • Prtimes
  • 廃屋となった真珠養殖場を再生し地域活性化に挑む複合リトリート施設「うみらぼ」が3月2日よりプレオープン
Prtimes商品サービス

廃屋となった真珠養殖場を再生し地域活性化に挑む複合リトリート施設「うみらぼ」が3月2日よりプレオープン

うみらぼ

~ 役目を終えた養殖場をソーシャル・イノベーションの場として再生し、新たな価値を提供 ~

 うみらぼ株式会社(三重県志摩市、代表取締役 川野 晃太、以下「当社」)は複合リトリート施設「うみらぼ」を2024年3月2日にプレオープンいたしました。また、プレオープンに併せオープニングセレモニーを開催いたしました。

● 「うみらぼ」オープンの背景と目的
 「UMILABO」の位置する三重県伊勢市にある英虞湾(あごわん)では、明治以降から真珠養殖が盛んに行われていました。全盛期には約1300もの真珠養殖場がありましたが、市場の急速なグローバル化や海洋環境の悪化により産業は衰退の一途を辿っています。現在では多くの真珠養殖場が廃業し、湾内には約300もの養殖場の空き家が残されています。離島が多く、複雑な地形をしている湾内の空き養殖場には陸路で工事業者が近づけず、家屋解体後のごみ処理に船が必要な点から、撤去に莫大な費用を要することで廃墟化・放置が深刻な地域課題となっています。

 「UMILABO」の前身も真珠養殖場でした。志摩市出身の川野は「祖父、父が営んでいた真珠養殖場を新たな形で再生し、志摩の発展に寄与したい」との思いで、“真珠養殖場を再生するプロジェクト”を始動し、数年前から老朽化した養殖場のリノベーションを始めました。年間約800万人の観光客が訪れる伊勢志摩の地で、隠れ家のような複合リトリート施設として生まれ変わった「UMILABO」は、ワーケーションやリモートワークといった新たな働き方に合わせた価値を提供します。当社は、「UMILABO」の運営を通して地域内外の人々をつなげ、伊勢志摩にとどまらない地域課題の解決を目指していきます。
複合リトリート施設「うみらぼ」予約サイト:https://umilabo.co.jp/bookinghub

※プレオープン期間中は、ご利用されたお客様のご意見をもとに施設・体験のさらなる改善に繋げてまいります。グランドオープンの時期については、随時公式サイトにてお知らせいたします。
● 施設の特徴
https://www.youtube.com/watch?v=zr3dPaW_XGk

 「UMILABO」では、豊かな大自然の中で五感を刺激しながらオンとオフを自在に行き来することで、上質なくつろぐ・働く・遊ぶ・学ぶ体験を提供します。

静かな海で過ごす ここにしかない、くつろぎを。

 英虞湾はリアス式海岸となっており、入り江が複雑に入り組んでいる形のため波が立ちにくく1年を通して穏やかに過ごせます。施設ではテントを利用するキャンプスタイルと一棟貸切スタイルの宿泊プランをご用意しており、企業合宿やワーケーションなど目的に応じた宿泊プランをお選びいただけます。さらに、穏やかな海を眼前にしたヨガやサウナも体験いただけます。

一切のノイズを無くし、のめり込める空間で働く。

 「UMILABO」ではコワーキングスペースを併設しており、都会の喧騒から離れ穏やかな英虞湾の景色とともに集中して働ける空間を提供します。非日常の空間や人とのつながりが生まれる時間を通して、オフィスでは生まれないアイディアや直感を刺激します。

自然の中で自然と遊ぶ。

 「UMILABO」では薪割りから行う焚き火体験や、サーフボードの上に立ち一本のパドルで左右を交互に漕ぎ水面を進むウォータースポーツ「スタンドアップパドルボード(SUP)」、穏やかな英虞湾での釣りなど、大自然を満喫できるさまざまなアクティビティをご用意しています。

地域のことを学び、さまざまな知恵を持ち寄る。

 真珠養殖経験者やパールディレクターの指導を受けながら、アコヤ貝の中から真珠を採珠する体験をご用意。地域の特色を生かした学びを通して、クリエイティビティを刺激します。

● オープニングセレモニーの様子


 オープニングセレモニーでは、行政関係者をはじめ地域企業関係者が出席し、完成した複合リトリート施設「UMILABO」のお披露目を行いました。出席者からは、伊勢志摩の深刻な地域課題となっている海辺の空き家問題や過疎化解消に対する期待の声が寄せられました。
 セレモニー内では、地域課題の解決に取り組む株式会社おてつたび 代表取締役CEO 永岡里菜氏、FOLK FOLK Inc. 代表取締役 東山迪也氏、当社 代表取締役 川野によるパネルディスカッションを実施いたしました。地域社会に寄与する新たなビジネスを生み出すためにさまざまな視点からの議論を重ねました。パネルディスカッションの詳細は、当社ウェブサイトの活動報告にて公開予定です。
● 代表取締役 川野晃太のプロフィールとコメント

うみらぼ株式会社 代表取締役 川野晃太三重県志摩市出身。鈴鹿工業高等専門学校専攻科卒。イギリス留学、海外インターンシップを経て、電気自動車用製品の事業開発に従事。その後、IT企業にて人事、広報、産学連携業務に携わった。現在は、自動運転ソフトウェアを開発する企業に在籍。2022年7月にうみらぼ株式会社を創業。国家資格 キャリアコンサルタントを保有。


● うみらぼ株式会社について
 2022年7月設立。2024年3月2日に宿泊設備やコワーキングスペースを備えた複合リトリート施設「うみらぼ」をプレオープン。企業の合宿やワーケーションの場を提供するキャンプ事業を運営。さらに、地元企業や学生と地域社会の未来を考えるインターシッププログラムを開催する人材育成事業も提供。地域内外から異なるバックグラウンドの人々をつなげ、地域にポジティブな変革を起こす場作りに取り組んでいます。
複合リトリート施設「うみらぼ」予約サイト:https://umilabo.co.jp/bookinghub

● 会社概要
– 社名:うみらぼ株式会社
– 代表取締役:川野 晃太
– 事業内容:宿泊事業、人材事業の運営
– 設立:2022年7月
– 資本金:900万円
– 本社:三重県志摩市
– 企業URL:https://umilabo.co.jp/

※記載情報は、情報公開時点のものです。情報は予告なしに変更されることがありますので予めご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

May
20
今日の40代おしゃれコーデ

【40代のお仕事コーデ】ロングタイトでつくる今どきIラインで“デキる私”を演出

【40代のお仕事コーデ】ロングタイトでつくる今どきIラインで“デキる私”を演出

会員限定PRESENT

会員プレゼント

花王ブローネ「STORY共同開発カラートリートメント」を50名様にプレゼント!

雑誌購入限定プレゼント

甘ニッシュを作る辛口な服を計6名様にプレゼント

PICK UP