• TOP
  • Prtimes
  • 【昭憲皇太后百十年祭記念】昭憲皇太后大礼服研究修復復元プロジェクト「受け継がれし明治のドレス」国際シンポジウム開催
Prtimesイベント

【昭憲皇太后百十年祭記念】昭憲皇太后大礼服研究修復復元プロジェクト「受け継がれし明治のドレス」国際シンポジウム開催

明治神宮ミュージアム

明治神宮 明治神宮会館にて4月6日(土)13:30~17:00

明治神宮では、昭憲皇太后がお召しになった現存する最古の大礼服(大聖寺所蔵)の修復と研究プロジェクトに平成30年から参画してきましたが、このたび無事に事業が完了しました。大礼服とは最も格が高い宮中の礼服です。5年に及ぶ調査から、このドレスは明治20年代前半に日本でつくられた可能性が高いことなど、さまざまな事実が明らかになりました。
本シンポジウムでは、プロジェクトに携わった国内外の研究者および修復・復元の専門家が一堂に集い、その成果を報告します。さらに、昭憲皇太后の思いを引継ぐべく、これからの技術継承のあり方について議論します。

言語:日英同時通訳
Simultaneous interpretation [English/Japanese]


   昭憲皇太后御料 御大礼服|大聖寺 (C)Daishoji, Photo by Morio Kanai Design: Yamada Masahiko

一着の大礼服から広がる美の世界と豊かな歴史物語をぜひご堪能ください

【開催概要】
シンポジウム名称:「受け継がれし明治のドレス」
開催期間 :2024年4月6日(土)13時30分~17時00分
開催場所 :明治神宮会館(〒151-8557 東京都渋谷区代々木神園町1-1 )
言語   :日英同時通訳
参加費  :1,500円 ウェブサイトより要申込。2月15日(木)受付開始。
シンポジウム参加の方には、明治神宮ミュージアムの展覧会「受け継がれし明治のドレス」前期展(4/6~5/6)の入館料(1,000円)が1回無料になるチケットを進呈します。
お申込フォーム : https://meijijingur60406-escourtdress-sympo.peatix.com/
お申込QRコード :

登壇するプロジェクトメンバーと進行プログラム 

Opening Session 13:30-14:00
-メッセージ Message: バーバラ・ルーシュ Barbara Ruch
(中世日本研究所名誉所長Honorary Director, Medieval Japanese Studies Institute)
-プロジェクトの概要とその成果Project Introduction:モニカ・ベーテMonica Bethe
(中世日本研究所所長 Director, Medieval Japanese Studies Institute) 

Session 1: テーマ別報告Research Presentations 14:00-15:20
-かたち Style: ジョアナ・マーシュナー Joanna Marschner
(ヒストリックロイヤルパレス主任学芸員Senior Curator, Historic Royal Palaces)
-歴史 History: 吉村紅花 Kohka Yoshimura
(文化学園大学文化ファッション研究機構 Curator, Bunka Fashion Research Institute,
Bunka Gakuen University )
-織りTextile: モニカ・ベーテMonica Bethe
-刺繍Embroidery: シャロン武田 Sharon Takeda
(ロサンゼルス・カウンティ美術館服飾専門主任学芸員Senior Curator and Department Head
of Costume and Textiles, Los Angels County Museum of Art)

Session 2: プロジェクトを支えた人々 Project Collaborators 15:30-16:00
-矢野俊昭、桜井彩、幸道萌香(染技連)/クラリッサ・エスグエラ(ロサンゼルス・カウンティ美術館)/周防珠実、油井薫((公財)京都服飾文化研究財団)/小宮浩((公財)文化財保護・芸術研究助成財団)ほか

Session 3: 昭憲皇太后の思いを継いでThe Empress and Her Legacy 16:00-17:00
-パネリストPanelists: ジョアナ・マーシュナー×シャロン武田×モニカ・ベーテ×吉村紅花
Joanna Marschner × Sharon Takeda × Monica Bethe × Kohka Yoshimura

-コーディネーター Moderator :桂美千代 Michiyo Katsura
(中世日本研究所副所長 Executive Director, Medieval Japanese Studies Institute)
-進行 MC:今泉宜子 Yoshiko Imaizumi
(明治神宮国際神道文化研究所主任研究員Senior Researcher, Meiji Jingu Intercultural Research Institute)

明治神宮ミュージアムでは特別展も開催!

【 展覧会情報 Meiji Jingu Museum Exhibition】
受け継がれし明治のドレス Dresses of the Meiji Era: A Treasured Legacy
前期 1st:昭憲皇太后の大礼服A Ceremonial Court Dress of Empress Shoken
  4月6日(土)~5月6日(月)
後期 2nd:明治天皇と華族会館 Emperor Meiji and the Kazoku Kaikan (Peers’ Club)
 5月25日(土)~6月30日(日)

明治神宮・霞会館の共催で展覧会を開催します。前期展には修復を終えた大聖寺の大礼服ほか、昭憲皇太后が大婚二十五年の式典で着用された中礼服(宮内庁蔵)、明治神宮が所蔵する通常礼服、および十二単とよばれる夏冬の御料を一堂に展示します。
開館時間:10:00-16:30(入場は30分前まで) 休館日:木曜日(4月11日、5月2日は開館)
入館料:一般1,000円/学生・団体900円/小学生未満無料
ホームページ:https://www.meijijingu.or.jp/museum/
明治神宮ミュージアム公式X(旧Twitter):https://twitter.com/Meiji_Jingu_M

              昭憲皇太后御料 御通常礼服(明治中期)|明治神宮

              昭憲皇太后御料 御通常礼服(明治後期)|明治神宮
主催者関係・シンポジウムについてのお問い合わせ先

主催:明治神宮国際神道文化研究所 Meiji Jingu Intercultural Research Institute
特別協力:中世日本研究所 Medieval Japanese Studies Institute
共同研究:NHK

お問合せ:明治神宮国際神道文化研究所
TEL:03-3379-9338(9:00-17:00/土・日・祝日を除く)
E-mail: mirievent_mj@so.meijijingu.or.jp

国際神道文化研究所とは
明治神宮国際神道文化研究所は、教学部が担ってきた明治天皇・昭憲皇太后の神徳普及、神道的情操の涵養に加え、聖徳研究・明治神宮史研究を軸とした学術交流、更には宗教間対話や異文化間の国際的交流の充実を図ることを目的としています。
HP:https://www.meijijingu.or.jp/miri/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

May
28
今日の40代おしゃれコーデ

ママ友ウケを狙いたい日【短か丈ジレ×デニム】の好感度コーデで場を和ませて

ママ友ウケを狙いたい日【短か丈ジレ×デニム】の好感度コーデで場を和ませて

会員限定PRESENT

会員プレゼント

花王ブローネ「STORY共同開発カラートリートメント」を50名様にプレゼント!

PICK UP