• TOP
  • Prtimes
  • 古着の持つ「物語」がシニアとZ世代の新たな繋がりを生み出す。         「物語で買うアパレルショップ『SECOND LIFE』」オープン。
Prtimes商品サービス

古着の持つ「物語」がシニアとZ世代の新たな繋がりを生み出す。         「物語で買うアパレルショップ『SECOND LIFE』」オープン。

マッキャン・ワールドグループ

持ち主の思い出や時代背景などの物語で衣料品を売買、シニア層の終活に新たな選択肢


人気古着店サファリ(本社:有限会社フォーリーフ、代表取締役社長:村山佳人、以下サファリ)は、終活における衣料品処分問題から、シニア世代とZ世代の新たな繋がりをつくる取り組みを着想し「物語で買うアパレルショップ『SECOND LIFE』プロジェクト」を立ち上げます。シニア層が終活で処分する衣料品には、当時の時代背景が映し出されたり、持ち主の長年の思い出が込められています。 これらを衣料品の「物語」ととらえ、この物語を起点に商品を購入することで、売り手と買い手の新たなコミュニケーションを生み出す取り組みが「『SECOND LIFE』プロジェクト」です。
第一弾として2024年3月19日(火)より持ち主の「物語」と共に衣料品を販売するECサイト「SECOND LIFE」をオープンします。約50年前の原宿で大人気だった店舗の洋服や有名ハイブランドのヴィンテージアイテムなど約30点の衣料品を取り揃えています。

特設サイトURL:https://www.secondlifecloset.com/
※3月19日 AM11:00より特設サイトが公開されます。

■「物語で買うアパレルショップ『SECOND LIFE』プロジェクト」概要
「SECOND LIFE」プロジェクトは、衣料品に込められた持ち主の「物語」を起点に商品を購入できる新たな取り組みです。近年、Z世代を中心に個人が持つ魅力や物語をエンターテインメントとして捉え消費する「ヒト消費※」が盛り上がりをみせる中、シニア層が終活で処分する不要な衣料品の1つ1つには、当時の時代背景や持ち主の長年の思い出などの「物語」があることに着目しました。衣料品に込められた「物語」が売り手と買い手の新たなコミュニケーションを生み出すきっかけになることを目指します。
 第一弾として公開するECサイトの購入者には、商品と共ともに「物語」が届き、衣料品に込められた想い出やストーリーを感じる体験ができます。第二弾の商品は4月上旬に同サイトで販売予定です。
※:他人の人生からエンターテインメント性を見出し、物語ととらえ感動などを得る消費

■シニア層の終活事情・背景
 全国の20~69歳の男女1,000人を対象に実施された「終活に関する調査」※によると、終活で今後する予定があること、興味があることとして「家の中の荷物整理」が48.1%でトップであることが明らかになりました。
 一方、サファリの店舗に足を運んでくださるシニア層のお客様より、「たとえ数十年着ていない洋服でも、思い出が詰まっていて処分しにくい」というお声をいただいたことをきっかけに、終活における衣料品の処分は物理的な負担だけなく精神的なストレスを感じられていることが分かりました。このような経緯から、衣料品に込められた「物語」と共に次のお客様に届けることで、ポジティブに終活に向き合うきっかけになるのではないかと考え、実施を決めました。                        ※出典元 楽天インサイト株式会社  

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

May
18
今日の40代おしゃれコーデ

「それかわいい!」会話も弾む【おちゃめなプチプラ小物】に距離感も近くなる

「それかわいい!」会話も弾む【おちゃめなプチプラ小物】に距離感も近くなる

会員限定PRESENT

会員プレゼント

花王ブローネ「STORY共同開発カラートリートメント」を50名様にプレゼント!

雑誌購入限定プレゼント

甘ニッシュを作る辛口な服を計6名様にプレゼント

PICK UP