• TOP
  • Prtimes
  • 【沖縄美ら海水族館】世界初!サメの人工子宮装置生まれ 1歳を迎えたヒレタカフジクジラを展示
Prtimesその他

【沖縄美ら海水族館】世界初!サメの人工子宮装置生まれ 1歳を迎えたヒレタカフジクジラを展示

一般財団法人 沖縄美ら島財団

この度、独自開発したサメの人工子宮装置から生まれ、1歳を迎えた「ヒレタカフジクジラ」の仔ザメを期間限定(~5月6日)で展示・公開いたしました。


※画像は1歳を迎えたヒレタカフジクジラ
≪ヒレタカフジクジラ≫
学名:Etmopterus molleri
太平洋の深海域に広く分布する全長50cmほどの小型のサメ。体表に微小な発光器があり青く発光することから「光るサメ」としても有名。一度に6個体ほどの仔ザメを妊娠する卵黄依存型の胎生種。長期飼育例のないサメの一つ。


人工子宮装置で育成している様子展示個体について沖縄美ら海水族館では、2022年4月28日からサメの人工子宮装置内で約1年間育成し、2023年4月10日に人為出産(通常の海水飼育に移行)に成功、さらに約1年間飼育しました。出産時には15cmだった全長が1年をかけて18cmまで成長したことや、吻部を餌に押し付けて摂餌する行動等、新たな知見が得られました。

展示場所 
深海への旅「海のプラネタリウム」コーナー
展示期間
2024年4月25日(木)~2024年5月6日(月・祝)
展示数
1個体(全長約18cm)
※生物の状況により展示を終了することがあります。

本種の生態を考慮し、期間限定で生きたヒレタカフジクジラの仔ザメを観察できます。
世界初の本種の長期飼育・展示個体を是非ご覧ください。
当館では、飼育展示・調査研究を通して、本種をはじめ多様な海洋生物の生態解明に引き続き取り組んでまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Jun
15
今日の40代おしゃれコーデ

【40代のチュールスカートコーデ】バランスアップも今っぽさも叶う短か丈ベストでマンネリ打破

【40代のチュールスカートコーデ】バランスアップも今っぽさも叶う短か丈ベストでマンネリ打破

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

ムダ買い先生に教わる最高の1着を計6名様にプレゼント

会員プレゼント

STORY experience会員「推し活」アンケート&プレゼント

PICK UP