Beauty特集

大人のスキンケアはくすみを活かしながら「ツヤや血色感」を足すのが正解!

くすみ=悪。そう思って、肌や目元、唇などくすみが気になる部分はとりあえず一度ファンデやコンシーラーで消してから色をのせてる40代。重ねに重ねているから、厚化粧化が加速していて…。 そんな概念を打ち砕く、今の自分を受け入れて自分だけのキレイが見つかる、〝くすみを活かすメーク〟を吉川康雄さんに教えていただきました。今回はSkin編です。

◯ 教えてくれたの…ビューティクリエーター 吉川康雄さん

1983年からメークアップアーティストとして活動開始、1995年に渡米し各国のモード誌や広告などで活躍。2019年まで「CHICCA」のブランドクリエイターを務めた後、自身のブランド「UNMIX」を立ち上げる。その傍ら今なおニューヨークを拠点にメークアップアーティストとして活躍中。


★ 「まずは自分を受け入れることから」

美の巨匠・吉川康雄さんのポジティブ美容

〜 くすみを受け入れることで自分だけのキレイが見つかる! 〜

「40代に入ってくすみ始めた…、なんて声をよく耳にしますが、元来、人の肌は真っ白じゃない。そもそもの肌色自体くすんでいるもの。加齢とともに肌のトーンが落ちてくすんだと感じたとき、消さなきゃ…じゃなくて、その肌色に合わせて、何色を足せばヘルシーになるか、セクシーになるか、そんなふうに考えられたら、くすみが増えてもポジティブになれますよね。

思い出してみて、一度は塗ったことのあるピンクベージュのリップ。鮮やかなピンクだと浮くから…とベージュが混じったピンクを選択したと思うのだけど、そのベージュの正体だって実はピンクの彩度を下げるくすみ。ベージュ=くすみを足すことで肌に馴染ませてきました。そうやって今までも無意識にくすみを取り入れてきてるんです。だから自分自身のくすみも活かして魅力的に見せられたら、くすみを消す必要はなくなり、くすみを消そうと上から重ねていく作業もなくなります。

ただ、くすみは不健康に見えたときだけは悪になるから、上手く活かしながら健康的に導けたら簡単に自分だけのキレイが見つかります。健康的に見せるために必要なことは肌、唇、目すべてにおいて乾燥が絶対NG。くすみ×乾燥だと究極に疲れた印象になるからツヤ感はとっても大切。あとは血色。ほんのり血色感を足すだけで、顔の印象が明るくなったり、くすんで見えていたのに透明感が足せたりします。

くすみを含めた肌色は今まで生きてきた証しで、個性。その個性を消し去るのではなく、大切にしながら上手く利用して、魅力的な女性になりませんか

★ くすみは天然のコスメ!

地肌を活かしたほうが若々しくいられます 肌は生まれた時からくすんでいるもの。そのくすみを一掃して違う肌色にリセットするなんてナンセンス。くすみを活かしながツヤや血色感を足して健康的に見せるのが正解です。

◯ 血色感をプラスするピンク系ハイライト

【HOW TO】肌の状態をファンデで均一に整えた後ハイライトを指でとり、頰に数カ所のせ、4本の指で頰全体に広げる。ツヤ感があり、ほのかな血色感が足せるものを。ハイライトにこだわらなくてもクリームチーク系でも◎。

【item】(上から)ツヤ感はこの中では一番。ボーム エサンシエル〈フェイスカラー〉ロゼ ¥6,050(シャネル)、チーク以外に目元、口元もOK。セルヴォーク インフィニトリー カラー 17 ¥3,520(セルヴォーク)、 華やかさがプラスできるオレンジ系も。キャンメイク クリームチーク 05 ¥638(井田ラボラトリーズ)

◯ 透明系のバームでヘルシーなツヤ感を

【HOW TO】バームを薬指でとり、鼻筋、頰骨、唇の山、おでこ部分など高く見せ たいところにとんとんとのせる。 自然なツヤ感が出せるよう無色か、肌にのせても違和感がないようなほんのり色づくタイプがおすすめ。

【item】(上から)肌に潤いを与える保湿成分入り。エッセンスハーブバームクリーム秋冬限定¥4,180(MIMC)、自然な素肌感を演出。& WOLF シマーヌードイルミネーター SI-001 ¥2,420(シロク)、昨年発売からベストセラー。 アディクション ザ グロウ スティック 011G ¥4,180(アディクション ビューティー)、保湿と肌へのつけ心地を追求したスキンケア発想のマルチバーム。セルヴォーク インフィニトリー バーム 04 ¥3,520(セルヴォーク)

◯ 吉川さんのブランド 「UNMIX」から アイラッシュライナーが新登場!

(右から)唇を刺激から守るワックスタイプ。UNMIX モイスチャーリップベース ¥3,630、素の顔をつくる新発想のアイライナー。すべての女性に試してほしいからとコスパ価格なのも魅力。UNMIX アイラッシュライナー 02バーガンディー、 01ソフトブラック 各¥1,650(すべてUNMIX)

<アネフォーのNGメーク> 肌のくすみやシミを隠すためにコンシーラーを部分ごとに使い分け、カバー力抜群のファンデ、その上にパウダーと肌はいつも不自然で厚塗りな印象に…。

★ 完成!

「コンシーラーはいらない。ツヤとほのかな血色を足すだけでいい」

ニットプルオーバー¥39,600(ソブ/フィルム)イヤーカフ¥15,400(アンセム フォー ザ センセズ/アマン)

撮影/岡本 俊(まきうらオフィス)〈人物〉、清藤直樹〈静物〉 モデル/鈴木サチ メーク/吉川康雄 ヘア/EIJI KADOTA(SIGNO) スタイリスト/出口奈津子 取材/澁谷真紀子 ※情報は2021年11月号掲載時のものです。

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Dec
6
今日の40代おしゃれコーデ

パーカ&ミニスカートを辛口なレザージャケットとロングブーツで品よく仕上げて[12/6 Mon.]

パーカ&ミニスカートを辛口なレザージャケットとロングブーツで品よく仕上げて[12/6 Mon.]

会員限定PRESENT

会員プレゼント

眉アートメイク体験を3名にプレゼント【会員限定プレゼント】

会員プレゼント

「DRUM TAO」のS席チケットをペア2組4名様にプレゼント!【会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

2021STORYオブ・ザ・イヤー心に響いた神ブランドアイテムを計6名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

ラコステのショルダーバッグを計1名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

PICK UP