Beauty

メークを変えればもっと似合う!<キレイ色編>

今まで似合うと思っていた色の服が、急に「あれっ? 似合わない」と違和感を覚えたことはありませんか?
それは私たちの肌が年々変化しているから。今年トレンドのキレイ色もメーク次第でもっと素敵に着こなせます。

ヴィヴィッドピンクに太刀打ちできないメークで顔が沈んで見える

「少しでも明るく見せたいと思ってヴィヴィッドカラーの服を着てみるものの、より顔が沈んで見えます。メークの足し方もわかりません」(千葉陽子さん・フラワーデザイナー)

ヘアメーク夏希さんに教わる40代がキレイ色が似合わない理由3

理由1

パーツがぼやける

若い頃より顔が優しくなったと言われませんか? それは加齢により肌がゆるみ、下がってくることで目や口などのパーツも輪郭がぼやけてくるから。強い色の服とはアンバランスに。

理由2

彩度とバランスが 取れない

顔がくすみ、影が増える40代は肌のトーンが下がってきます。そのため、彩度の高いヴィヴィッドカラーの服を着るとギャップがありすぎて、顔が負けてしまう原因になります。

理由3

メークが古い

20代や30代前半の頃のメークで止まっている人は、ヴィヴィッドカラーの服を着るとただのケバイ人に見え、どこか古い印象になってしまいます。特に細眉さんは注意が必要です。

40代がキレイ色が似合うようになるメークポイント3

ポイント1

自然な太さを眉に出すことでぼやけた顔が引き締まります

顔の印象を左右する今っぽい太眉に更新するには、この4アイテムがあればOK。眉下の足りない部分を埋めるように描いて。(右から)エスプリーク W アイブロウ(ペンシル&パウダー) ¥2,100(編集部調べ)/コーセー、ボリューム アイブロウ マスカラ 02 ¥3,000/SUQQU、アディクション プレスド デュオ アイブロウ マロンデュオ ¥2,500、アディクション アイブロウ ブラシ ¥3,500/ともにアディクション ビューティ

  • ブラシを使って、パウダーで大まかに眉に太さを出していきます。眉頭から眉尻の方向へブラシを動かして。
  • 下の部分など足りないところはペンシルで1本ずつしっかりと埋めます。眉山は黒目の外側にくるように。
  • 大事な眉頭、上のアウトラインをスクリューブラシでしっかりと丁寧にぼかして、なじませます。
  • 眉マスカラは、一度しっかりとティッシュオフしてから、毛流れに沿って梳かすようにのせて優しい印象に。

ポイント2

服の彩度に負けてしまう肌にはハイライターで光をプラス

なめらかにのびるクリームタイプが初心者にも使いやすい。(右から)ベージュの繊細なツヤ。ネオヌード ハイライター 20 ¥5,200/ジョルジオ アルマーニ ビューティ、スティックタイプで携帯にも便利。ルナソルラディアントスティック¥3,000/カネボウ化粧品、オーガニックのカカオバター配合。m.m.m スキングロウ ¥3,200/メイクアップキッチン、透明感のあるツヤ。ディップイン グロウ ¥3,500/コスメデコルテ

  • チークとの境目にまたがるようにハイライターを指のはらでトントンとなじませて。レフ板効果で目元がパッと明るくなり華やかに。
  • 目と目の間・アゴ下にもハイライターを少量のせ、指のはらでトントンとなじませると、くすみも払われて光の効果で立体的な顔に。

ポイント3

ぼやけた目のフレームはまつ毛の間を埋めて目力UP

先が細くてまつ毛の間を埋めやすいアイライナーを選ぶのがポイント。瞳の色が茶色い人はブラウンを。(右)極細でスルスル描ける。ケイト レアフィットジェルペンシル BR-1¥1,100(編集部調べ)/カネボウ化粧品 (中)目のキワも描きやすく滲まない。キャンメイク クリーミータッチライナー 01 ¥650/井田ラボラトリーズ( 左)2種類のペン先で自由自在にラインが描ける。キッカ リキッドアイライナー W 01 ¥4,500/カネボウ化粧品

  • まぶたを少し引き上げ、内側からペン先を差し込むようにしてまつ毛の間を埋めていきます。点を描くように埋めていけばOK。
  • 上まぶたの、目を開けたときに見える目尻寄りの部分だけに細くラインを引きます。目尻2㎜くらい長めにのばすように描いて。

ポイント4

ハッキリ朱赤リップで口元を優しく引き締めて

40代にも抵抗なく使えるのは、オレンジみのある朱赤リップ。口だけ悪目立ちすることなく彩度の高い顔に。(右から)鮮やかに発色するレッド。ルージュ ココ #440 ¥3,900/シャネル、鏡付きの好きなケースにセットして。ルージュ ジェ ケース ザ オリジナル ¥2,100、ルージュ ジェ No.28 ¥3,600/ともにゲラン、染まるように色づく軽い仕上がりのセミマット。ルージュ・ジバンシイNo.306¥4,600/パルファム ジバンシイ

  • 口角や山も意識しながら、唇の輪郭を取るようにリップを直塗りします。口を少し開けぎみにして丁寧に。リップブラシを使ってもOK。
  • 塗り終わったら、必ずティッシュオフ。なじませることで赤色が目立ちすぎることなくカジュアルダウンし、取れにくくなる効果も。

メリハリのある華やかメークにしたら服と好バランスに

ヴィヴィッドピンクの服は顔が負けて似合わないと苦手でした。赤いリップも口が大きく見えそうで避けていましたが、太眉や肌のツヤ感を足してバランスを取ればいいんですね。この夏はキレイ色の服にトライしたいです♪

撮影/当瀬真衣(TRIVAL)〈人物〉、SHINTARO〈静物〉 ヘア・メーク/夏美 スタイリスト/桑代 愛 取材/尾﨑亜佐子
チームSTORY
FROMチームSTORY 雑誌「STORY(ストーリィ)」の製作に携わる編集部員たち。日夜雑誌作りに勤しむなかで得た知見、タメになる情報、愉快な話などなどファッションからライフスタイルまで、STORYらしさ溢れるトピックを、webでも存分に披露していきます。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

RELATED TOPICS

FEATURE

Nov
18
今日の40代おしゃれコーデ

【プリーツスカート】をシャギーニットで盛り上げた大人の休日コーデ [11/18 Sun.]

PICK UP

PRESENT

大人気の「2018年クリスマス限定コフレ」を計12名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。