DigitalistLifestyle

初めてのヘアドネーション

こんにちは。

デジタリスト安井ミカです。

先日、娘が初めてのヘアドネーションをしました。

切りに行く前。)

ヘアドネーションとは、ご存知の方も多いかもしれませんが、髪の毛の寄付のこと。

ヘアドネーションに取り組んでいる団体はいくつかあるのですが、

娘は今回、JHD&CJapan Hair Donation&Charity  ジャーダック)という団体に送りました。

 

ジャーダックでは、31センチ以上の長さから受け付け可能です。

送られてきた髪の毛や募金などによって、フルオーダーのメディカルウィッグが製作され、

病気やなんらかの事情で、頭髪に悩みのある18歳以下の子どもたちに無償で提供されます。

JHD&Cの活動に賛同している理美容室(JHD&C賛同店)や、あるいは、

他の理美容室でヘアドネーションカットをお願いすることもできます。

(必ず事前に、お店にヘアドネーションをしたいことを伝える必要があります。)

送る髪の毛はパーマやカラーをしていても大丈夫ですが、

完全に乾いた状態であることが大事なようです。

娘は、JHD&C賛同店でカットしました。

 

まずは、ドナーシートを書きます。

といっても、個人情報ではなく、年齢や性別、髪の毛の状態を記入するもの。

そしていよいよカット。

娘も髪を結べる長さは残したいとのことで、今回、31センチの長さでカットすることに。

髪をいくつかの束に分けてからカットです。

ゴムで結んだ上をカットします。

 

↓こちらがカットしおわった髪の毛。

カットした髪は持ち帰って、自分で送ることもできますし、

賛同サロンから送ってもらうこともできますよ。

 

髪が軽くなったー、と話しながらの帰り道。

ひとつのウィッグを作るのに、30人〜50人ほどの髪の毛が必要だそうです。

 

髪の毛って、誰にとっても重要なものですよね。

娘も、小さい頃に私が彼女をベリーベリーショートにしたのが、

相当のトラウマになってしまったらしく

ロングヘアで活躍されているモデルさんに憧れを持っていたこともあり、

この二〜三年はかなり長いヘアスタイルでしたが、さすがにこれだけ長いと、

そろそろカットしたい!という気持ちになり。

じゃあ、ヘアドネーションしてみよう、という流れになりました。

 

カットした髪が、必要としている誰かの役に立てれば嬉しいことだね、

と娘と話しています^^

 

安井ミカ
FROM安井ミカ 日々の暮らしのなかで、発見したり、ひょっこり出会えた美しいと感じたもの、大切にしたいと思うものやこと、ご紹介していきたいと思います。娘二人、息子一人の母。関西在住です。
記事一覧を見る >

FEATURE

Oct
31
今日の40代おしゃれコーデ

ライダース×デニムを【ベージュローファー】で品良く仕上げて[10/31 Sat.]

ライダース×デニムを【ベージュローファー】で品良く仕上げて[10/31 Sat.]

会員限定PRESENT

会員プレゼント

オシャレに防寒&ウイルス対策! 「抗ウイルス手袋」を12名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

「クリスマスコフレ」を計14名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

ランコム ジェニフィック アドバンストNを計20名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

会員プレゼント

星野リゾート宿泊ギフト券¥50,000を1名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

PICK UP