DigitalistLifestyle / Travel

「麒麟がくる」の麒麟がココにいた!

こんにちは。

京都の岡本エリです。

 

今回は、大好きな大河ドラマのお話です♪

「麒麟がくる」、放送再開されましたね。

長谷川博己さんと木村文乃さんが

明智光秀とその妻・熙子役を

演じておられます。

 

ずっと訪れたかったところ。

ドラマ再開の日に行ってきました!

滋賀県大津市坂本に建つ

明智光秀ゆかりのお寺『西教寺』。

京都の自宅から、比叡山を超えるルートで、

信号機6つで30分!

 

坂本という地名のとおり、

境内も坂を上る印象です。

 

この日は、特別な方が案内人♪

生まれ育ったのが、この西教寺という友人。

娘たちの幼稚園時代のお友達のママで、

お肉好きという共通点から

たまにご一緒します(^ω^)

初めてご実家へ。

お家が登録有形文化財って

なんかすごい。。

 

おまいりの前に

ちょっと寄り道を。

禅明坊秀光館で開催中の「麒麟がくる展」。

館内では、

長谷川さんと写真を撮ったり、

大河ドラマで使用された

着物の展示を観たりと

大河ファンとしては大忙しでした。笑

 

そして、西教寺本堂へ。

西教寺は、織田信長の比叡山焼き討ちの後、

明智光秀が坂本城の城主となって、

再建にかかわったとされています。

境内には、明智光秀一族と妻の熙子さんの

お墓が建立されていて、

大河ドラマ放映前には、

長谷川さんもおまいりに来られたそうです。

 

建物全体が昔ながらの造りを残し、

アーチが美しい渡り廊下で

つながれています。

廊下からみえる

広々とした美しい日本庭園。

時間帯が良いと、ゆったりしたひと時を

過ごすことができそうですが、

今は大河ドラマの影響で、

なかなか隙間を見つけるのが

難しいかもしれませんね。

 

そして見どころの一つ、

「宗祖大師殿」からみる景色。

眼下に琵琶湖と滋賀の街並みが

一望できるんです!

明智光秀夫妻もここから近江の国を

眺めていたのでしょうか。

 

この景色が見える位置から

後ろへ下がっていくと、

こちらの立派な門。

そして、気がつかれましたか?

写真の上部!

麒麟がいるんです!

ドラマのタイトルにもある麒麟。

動物園にいるあのきりんとは、

まったく似ていません。

「麒麟がくる」でイメージされている麒麟とは、

中国では想像上の動物。

聖人が出現する前兆、

平和な世にあらわれるなどと

いわれたそうです。

あのドラマでは、

いったいだれが麒麟をつれてくるのか、

そして麒麟とは何なのか、

とても興味があるところです。

 

京都駅からJR湖西線で

比叡山坂本駅まで約20分。

比叡山延暦寺の門前町として栄えた坂本には

今も50を超える里坊があって、

独特の風情が漂っています。

 

京都から足を延ばして坂本も

旅のおススメプランです。

 

 

天台真盛宗総本山 西教寺

http://saikyoji.org/

 

 

岡本エリ
FROM岡本エリ 娘2人と夫の4人暮らし。ファッションはほぼ毎日カジュアル派。時間を見つけては、とっておきの京都探しを楽しんでいます。ローカル目線を大切にして、〝暮らす京都〟を発信していきます。
記事一覧を見る >

FEATURE

Nov
26
今日の40代おしゃれコーデ

今年は茶色でショートな【ダウンジャケット】がいいらしい[11/26 Thu.]

今年は茶色でショートな【ダウンジャケット】がいいらしい[11/26 Thu.]

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

ランコム ジェニフィック アドバンストNを計20名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

会員プレゼント

星野リゾート宿泊ギフト券¥50,000を1名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

会員プレゼント

人気インフルエンサー発の韓国コスメ「ユイラ」を3名様にプレゼント!【会員限定プレゼント】

会員プレゼント

動画配信サービスを気軽に!「Netflixプリペイドカード」¥3,500を10名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

PICK UP