DigitalistLifestyle

インドネシア料理教室 (パート2・お料理教室編)

こんにちは。
ジャカルタ在住の沢亜希子です。

先日、パサール(市場)巡りとお料理教室が一緒になったイベントへ行って来たのですが、市場へ行った所までは前回書いたので、その続きから。。。

私はジャカルタに来て初めての料理教室✨

今回のメニューは、オポールアヤム(鶏肉のココナッツスープ煮)とクトゥパットと言うインドネシア料理です🇮🇩

オポールアヤムとは、何種類かのスパイスを石臼ですり潰し、ココナッツミルクを合わせて鶏肉と一緒に煮たもの。

こちらがオポールアヤムの材料です。

奥のお皿に載っているスパイスを石臼でゴリゴリと擦ると、あっと言う間にペーストが出来上がります。

そのペーストをフライパンで炒めてから、ココナッツミルクと合わせます。

 

この石臼、とっても便利!

これ一つで自分好みのスパイスが簡単に作れそう✨

もう少しインドネシア料理のレパートリーが増えたら、私も購入してみたいなぁ〜。

そして、もう一つのクトゥパット。
こちらは、イスラム教の重要なお祭り、レバラン(1ヶ月の断食を終えた後のお祝い)の時によく食べるもので、ヤシの葉で編んだ入れ物にお米を入れて、8時間ほど水で煮込んだご飯のこと。

まずはヤシの葉でクトゥパットの入れ物作りから。

最初に先生が見本を見せてくれて、なんとなく作り方は理解したものの、実際編んでみると、これがなかなか難しい。。

何度もやり直し、最後は先生に手伝ってもらって何とか完成!

編み目の所からお米を入れて8時間(これがビックリ)煮ると、お米はお餅の様な、お団子の様なひとつにまとまった状態になります。

8時間煮ると、ココナッツの若葉も色が抜けて茶色になるんです。

今回は時間がないので、予め作っておいたものを試食。

食感は、ちょっと硬めの里芋って感じ⁈
ご飯を水で煮ているので特に味はないのですが、インドネシアではこれを保存食にしているそうです。

今回はオポールアヤムにこのクトゥパットを添えて一緒に頂きました♫

オポールアヤム、スパイスが効いていて、ココナッツカレーみたいで美味しかった✨

インドネシア料理、奥が深いなぁ〜。
これからもいろいろお料理勉強して、作れるようになれたらいいなぁと思います!

沢 亜希子
FROM沢 亜希子 夫の赴任に伴い2017年2月よりジャカルタ在住。こちらに来る前はSTORYライターとしてヘアやビューティページを担当。現在12&10歳の娘はインターに通い始め、私は週2回インドネシア語の勉強、そして大好きな音楽も続けています。日々のジャカルタ生活や美味しいもの、新しい発見をご紹介します。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Sep
21
今日の40代おしゃれコーデ

9/20 Wed. ユニクロのライダースJKは流行のチェック柄パンツで高見せ

RANKING

PICK UP

PRESENT

フィガロ パリの「デザインシャツ」を計9名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。