FashionfromチームSTORY

STORYライターが、ベストセラーな「Tシャツ」を着倒してみた!

シンプルだからこそ選ぶのが悩ましいTシャツ。とはいえ、これからの季節のマストアイテム。形も色も素材選びにも何をどう着たらいいものやら迷ってしまいます。
今回は多くの女性に支持されているDoCLASSEのベストセラーアイテム、「ドゥクラッセTシャツ」全4タイプの型をライター・嶋田桂以子が独自のコーディネートにて着用。検証してみました。

着倒し劇場 〜ドゥクラッセTシャツ編〜

定番のドゥクラッセ・ボートネック7分袖T

シーン1:そこにクラシカルな建物があったから…。

ボートネック7分袖ホワイト×レーススカート(DoCLASSE)

落ち着きのある黄色をアクセントに、レーススカートを合わせてクラシックな装いに。シンプルな白のTシャツは、カラーカーディガンやレディライクなスカートとも好相性。 Tシャツ=カジュアルなイメージですが、上品さを何よりも重視する、ザ・王道コンサバスタイルにも使えます。

シーン2:束の間の現実逃避。黄昏スタイル。

ボートネック7分袖ホワイト×ロングストール(yoshimasa.scarf)

リゾート感漂うストールで着こなしに変化を。同じ白Tもバリエーション豊かに。風の時代の到来に相応しく、ロングストールを風にはためかせて。

シーン3:コーヒーを片手に待ちぼうけ

ボートネック7分袖ミッドナイトブルー×ホワイトデニム(DoCLASSE)

ビタミンカラーのオレンジを差し色に効かせて定番の装いにスパイスを。今年のトレンドのホワイトデニムに合わせて。たとい待ち人来ずとも装い一つで気分だけでも明るく。

シーン4:街の広場を散策。気分だけ「飛んでイスタンブール。」

ミッドナイトブルー×アクアシフォンスカート(DoCLASSE)

あえて崩してカジュアルに。肌寒い時にはストールを巻くとまた違ったニュアンスに。ローテクスニーカー、「PUMA SUEDE」と合わせて、街でも浮かないお散歩スタイル。


ドゥクラッセTシャツ・抜け感シルエット

シーン5:「Tシャツで朝食を」から始まる「ローカルの休日」

グレーベージュ×リネンのパープルスカート

ガーデンテラスでのブランチやお食事にはパンプスを合わせてキレイめコーデで。リラクシーな雰囲気ながらも素敵なお店にも着て行けます。カラースカートにも馴染む絶妙なオトナの色。

シーン6:和風総本家風、ご近所スタイル。

グレーベージュ×ツヤ素材の縦ストライプドロストパンツ

柄パンツにもフィット。裾をインするだけではなく出して着るのも然り。同じTシャツながらも、先ほどの改まったランチとは打って変わって、ご近所ワンマイル服としても着やすい。ちょっとそこまでお買い物♪

シーン7:サンタフェ風に

ライトグレー×レンガ色のリネンパンツ(DoCLASSE)

めりはりのある色と素材感でオトナの余裕を演出。くすみが気になるアラフォーにとって色選びの難しいニュアンスカラーは合わせ方次第で顔映りもよく。体型カバー効果も期待できます。濃い色で引き締めるのが着痩せの視覚マジック。ケイコミラクル。


ドゥクラッセTシャツ・パフスリーブ7分袖

シーン8:レンギョウを背景に、ちょっぴりシノワズリースタイル

ミッドナイトブルー×光沢プリーツ

裾広がりのデザインをいかしグリーンの光沢マキシ丈を合わせてエキゾチックな雰囲気に。無難なネイビーカラーも、パフスリーブならさりげなくデザインを楽しめます。ブラウス見えの上質な生地なので、ネイビーのボトムスを合わせたら学校やお堅い場にも着て行けそう。

シーン9;美術館へ

ペールブルー×リネンパンツ(DoCLASSE)

今季流行のペールブルー。茶系にも合います。トーンと素材感を統一することで頑張りすぎない大人のゴージャス感を。お肌に心地よく着ていて楽なのに、ブラウスかカットソーのようななめらかなシルエットと質感。オンライン映えもするので、家の中でも外でも大活躍。

ドゥクラッセTシャツ・抜け感Vネック半袖

シーン10:初夏の取材スタイル

ホワイト×センタープレスのデニムパンツ

少しだけバックロングなので、前はインして後ろは裾を出してスッキリと。バンダナ風のスカーフやサングラスで変化をつけて街中を颯爽と闊歩。

シーン11:街角に佇み、我思う、ゆえに我あり。

ホワイト×柄スカーフ(yoshimasa.scarf)

気になる二の腕を隠せて、腕や鎖骨など華奢な部分が際立つデザイン。臆することなく着られます。上の写真と同じTシャツですが、スカーフやアクセなど首回りの小物次第でアレンジの幅も無限大に広がります。

シーン12:お呼ばれはレフ板効果のオールホワイトで

ホワイト×ライトグレーダブルクロスパンツ×シアーシャツ(すべてDoCLASSE)

ロングシャツなど羽織もののインナーとしても最適。ボトムスやアウターを選ばないので着回しの出番も増えます。縦のラインを強調してシュッと見せて。皆で写真を撮る時に、女優ライトを用意しなくても顔が明るく写ります。

シーン13:仕事帰りの寄り道。ウインドウショッピング

ペールブルー×アップルイエローダブルクロスパンツ(DoCLASSE)

パステル調のカラフルな装いで気分を上げて。テーパードシルエットのとろみ素材のパンツとも好相性。通勤や友人とのお茶やショッピングにも気軽に着て行けます。オンにもオフにも両方着回せて便利。

着倒してみた感想 登り坂44(←年齢)メンバーのライター嶋田。ひょっとしたらこの先、ドゥクラッセTシャツさえあれば、すべて事足りてしまうのでは!?と思うほどとにかく着回しがきいて着心地も楽でした。ベーシックなのでアレンジの幅が広く楽しめ、季節をまたいで大活躍。一枚で着ても全く透けないのも高ポイント。
ボディラインをほどよく包み込み、大人の女性をキレイに見せてくれるだけでなく年齢に相応しく上品にまとまるので、(年齢だけでなく)気分までもが昇り調子。Tシャツ迷子のSTORY世代のメンバーには、かなりオススメです!!ご一緒に、ドゥクラッセTシャツ、どぅどすえ?


着用したTシャツはこちらの4種類の形

ドゥクラッセTシャツ・ボートネック7分袖(ホワイト、ミッドナイトブルー)¥3,289(税込)

ドゥクラッセTシャツ・抜け感シルエット(グレーベージュ、ライトグレー)¥4,389(税込)

ドゥクラッセTシャツ・パフスリーブ7分袖(ペールブルー、ミッドナイトブルー)¥4,389(税込)

ドゥクラッセTシャツ・抜け感Vネック(ホワイト、ペールブルー)¥4,389(税込)

お問い合わせ DoCLASSE(ドゥクラッセ)
TEL:0120-178-788(お客様サービスセンター9:00~21:00)
URL https://www.doclasse.com/

株式会社 佳雅(スカーフ・ストール)
URL https://yosimasa.co.jp/ethread/


取材/嶋田桂以子

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Jun
20
今日の40代おしゃれコーデ

甘め40代は【華やかスポサン】でアクティブシーンでもオシャレを諦めない![6/20 Sun]

甘め40代は【華やかスポサン】でアクティブシーンでもオシャレを諦めない![6/20 Sun]

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

crie confortoの「セージグリーンの服」を計9名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

ヘレナ ルビンスタイン リプラスティ R.C. クリームを計20名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

会員プレゼント

星野リゾート宿泊ギフト券¥50,000を1名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

会員プレゼント

あなたの「好き!」を教えてください!【STORY experienceメンバー大調査アンケート】

PICK UP